オーストリア・ウィーン Medical University of Vienna 3月2日(金)

2012-03-02 8.52.37.jpg

このような患者さんの場合に、被せ物はどの位置が正しいのか
1本の被せ物をするにしても顎関節の位置を考える事が大事です。
2012-03-02 8.53.08.jpg
セファロの考え方は、矯正医安香先生と歯科医師チームですり合わせが必要です。
歯科医師チーム全員がセファロを読めるようにしなくてはいけません。
2012-03-02 8.53.21.jpg

右下の5番が先天性の欠如しています。

ここに、最終的な補綴(被せもの)をしなくてはいけません。



2012-03-02 8.53.43.jpg
2012-03-02 8.53.54.jpg
2012-03-02 8.54.05.jpg
昨日の講義は、難しかった、、、。
やはり英語力がないのは、最大の欠点です。
しかし、講義内容をPDFで頂いたので、復習頑張りたいと思います。
さて、今日の内容は、、、
9時00分〜12時30分

Occlusal Concept 

R.Slavicek



13時30分〜15時15分

Literature Research

Gruber



15時30分〜17時15分

Perio-Prosthetics

Gsellmann/Durstberger
張り切って頑張ります!!
]]>

最近の記事

  1. 管理栄養士勉強会【2024.2.26】

  2. 大阪へ!

  3. Q.便秘にも種類があるって本当?

アーカイブ
TOP