成人矯正

診療科目:成人矯正

歯を失う原因の75%は虫歯と歯周病と言われています。その大きな要因となるのが歯並びです。成人矯正は噛み合わせの改善と美しい歯並びを整えるだけではなく、虫歯と歯周病予防にも効果を発揮します。
栗林歯科医院では、歯と上顎の成長がほぼ止まる11歳以上の方の矯正治療を成人矯正と位置づけています。一般的に用いられる固定式矯正装置の「マルチブラケット」などで、およそ2〜3年にわたり治療を行います。

動的治療

動的治療

治療ステップ
STEP1

無料矯正相談

無料矯正相談

治療の流れをご説明します。お気軽にご相談ください。

STEP2

精密検査

精密検査

歯の型取り・X線検査にて、患者様の状態を検査します。
ここで得られたデータをもとに、治療計画を作成します。

STEP3

キャディアックス検査

キャディアックス検査

顎の動きをグラフや動画で分析し、正しい顎の位置を導き出します。正しい噛み合わせをつくるために、画像での平面的な検査に加え、キャディアックスを使用した動的な検査も欠かせません。

STEP4

治療計画のご提案・ワイヤー矯正のご契約

治療計画のご提案・ワイヤー矯正のご契約

必要な治療、期間、手順、費用などの治療計画をご提案します。
初めの1~2年は、ワイヤーと矯正用のインプラントTADsを使用し、歯を理想の位置へ動かします。

STEP5

前処置

前処置

虫歯の治療や抜歯などの処置に加え、クラデン社の機能性歯ブラシ「クラプロックス(CURAPROX)」、口腔洗浄器「ウォーターピック」の2製品を用いた歯磨き指導を行います。
※現在契約をされた方には、クラプロックスをプレゼントさせていただいております。ウォータピックは購入していただいております。

STEP6

ワイヤー矯正期間

ワイヤー矯正期間

調整のために月1~2回ご来院していただきます。

STEP7

ワイヤー矯正装置の取り外し・検査

ワイヤー矯正装置の取り外し・検査

固定されていたワイヤー装置を取り外し、再度X線検査と口腔内写真の撮影を行います。後戻りを防ぐためのバイオスター(後戻り防止用マウスピース)の型採りも同時に行います。

STEP8

バイオスターのお渡し

後戻り防止のためのマウスピースをお渡しします。透明なため見た目を気をする必要もなく、簡単に着脱することができます。

STEP9

マウスピース型矯正(インビザライン)のご契約

マウスピース型矯正(インビザライン)のご契約

マウスピース型矯正の進め方や注意点などをご説明します。

STEP10

スキャニング(型採り)

3Dスキャナーで歯や歯列をスキャニングし、データからアライナーを製作します。

STEP11

マウスピース型矯正装置(アライナー)のお渡し

マウスピース型矯正装置(アライナー)のお渡し

マウスピース型矯正装置を使用し、歯列を整えます。10日~2週間に1度アライナーを交換していただきます。

STEP12

マウスピース型矯正終了・最終資料の撮影

装置を取り外し、最終的な精密検査を行います。矯正治療前後のデータの比較を行います。

メリットと注意点

成人矯正の場合、本人の治療に対するモチベーションが高く、2〜3年かかる治療を積極的に行う人が多いという特長があります。また治療段階が一つなので、小児矯正より短期間で治療を終えられる場合もあります。しかし顎の成長が止まってからの治療になるので、抜歯や症状によっては外科的手術を含んだ処置が必要になる可能性もあります。また成人の場合は、日々の生活が不規則になりがちで歯磨きや通院がおろそかになってしまったり、熱心なあまりインターネットなどからの情報によって自己判断してしまうケースもありますが、きちんと自己管理をしながら不明点は必ず医師に相談するようにしましょう。