インプラント

診療科目:インプラントImplant

顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、それを支えに、上部に人工歯を装着して、失われた歯を再構築する治療法です。歯根から再構築させるため、手術を含め、処置段階が多く、治療期間も長くなりますが、一本一本が自立するほか、健康な他の歯を削ったり負担をかけたりすることはありません。歯茎のラインや歯の色や形も天然歯と同等で審美性が高く、噛む力がしっかりと取り戻せます。

上部構造:人工歯

  • 1.上部構造:人工歯

    最上部に装着する人工の歯です。型取りをして技工士が作製します。

  • 2.アバットメント

    インプラント体(下部構造)と上部構造を連結する部分です。

  • 3.下部構造:インプラント体

    顎の骨に埋め込むチタン製の人工歯根です。チタンは生体との親和性が高く、顎の骨と直接しっかりと結合します。

  • 4.顎の骨(歯槽骨)

    インプラント体を埋め込むための土台となるため、十分な骨の高さと厚みが必要です。
    骨の量が足りない場合には、骨を増やすための治療が必要となります。

材質や安全性、手術前に必要な検査

チタンのアレルギーにおける安全性

インプラント体の材料に採用されているチタンは、極めて生体親和性が高く、骨と結合する特徴があります。人体に異物と認識されにくいため、一旦骨と結合すると、人体の一部として安全に体内に存在できる金属ですので、アレルギーの心配はほとんどありません。

専門医による麻酔管理と安全体制

歯科麻酔医との連携により、通常の局所麻酔の他にも、不安の強い方や痛みに敏感な方、高血圧や糖尿病を始めとする全身疾患の不安をお持ちの方は、静脈内鎮静法を併用して手術を受けていただく事が可能です。脈拍・血圧・心電図・呼吸などの麻酔管理に必要な項目をリアルタイムで把握する「生体情報モニター」以外にも、AED・緊急薬剤・酸素・蘇生キットの全てを完備して、安心・安全な手術をご提供します。

必要な検査・処置:CT、X線、サージカルガイドについて

CT検査によって、通常のX線では正確に確認できない骨質・骨の高さ・骨の形状・神経管の位置や、インプラント埋入部位の骨の状態などを細部まで撮影する事が可能です。このCTデータを基に、より正確な診断と精密なシュミレーションの検討を重ね、インプラント体の埋入位置や角度を正確に反映するのに不可欠な装置「サージカルガイド」を作製することで、より高度かつ安全な手術を実現します。

治療ステップ

STEP1

精密検査

口腔内写真・X線検査・CT検査・噛み合わせの確認などによる綿密な診断を行います。

STEP2

治療計画の説明

検査結果を基に、治療方法・術式・期間・費用をご提案します。

STEP3

1次手術 下部構造埋入

歯茎を切開し、インプラント体を骨の中に埋め込みます。

STEP4

治癒期間

埋め込んだインプラントが骨と結合して安定するまで上顎で4〜6ヶ月、下顎で3〜4ヶ月必要です。

STEP5

2次手術 アバットメント装着

歯茎を再切開し、インプラント体上部に、アバットメント(上部構造との連結部品)を装着します。

STEP6

治癒期間

歯茎が治癒するまで1〜3週間が必要です。

STEP7

型取り

アバットメント上部に装着する人工歯を作製するため、型取りを行います。

STEP8

上部構造の装着

完成した上部の人工歯を装着します。

STEP9

メンテナンス

手術や装着が完了した後も、歯の寿命をできるだけ延ばすためにはご自身の毎日の歯磨きと同時に、定期的な歯のクリーニングとチェックをおすすめします。噛み合わせ、インプラントのネジの緩み等、維持・管理していくことが大切です。

インプラントのメンテナンス

歯科医院での定期メンテナンス

保証の適用を受けるためには、3ヶ月に1度のメンテナンスが必要です。インプラント周辺の歯周組織の検査に加え、ブラッシング指導、歯垢・歯石の除去を行います。

毎日のお手入れ

天然歯と同様に毎日の歯磨きが不可欠です。歯周病予防のためにも、インプラントと歯茎の間を重点的に磨きましょう。

インプラント周囲炎の予防

インプラント体や人工歯自体は虫歯になりませんが、天然歯で発症する歯周病と同等の「インプラント周囲炎」が周辺の歯茎に発症する可能性があります。インプラント周囲炎が進行すると、顎の骨が吸収され、次第にインプラント体がぐらつき、最終的にはインプラント体撤去が必要になる場合もあります。毎日の丁寧な歯磨きと、歯科医院での定期メンテナンスでしっかりと予防する事が大切です。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の仕上がりについて

※表は左右にスクロールして確認することができます。

 インプラントブリッジ入れ歯
特徴

インプラント

画像を拡大する

ブリッジ

画像を拡大する

入れ歯

画像を拡大する

費用【保険適用外】
1本¥400,000
(上部¥200,000/下部¥200,000)
【保険適用】の場合
約¥10,000前後
【保険適用外】の場合
¥300,000~¥420,000
【保険適用】の場合
約¥10,000前後
【保険適用外】の場合
¥180,000~¥400,000
通院回数5~10回2~5回3~5回
治療期間3~6ヶ月2週間~1ヶ月1~2ヶ月
見た目
噛み心地×
密着性×
メリット
  • 違和感がない
  • 健康な歯を削らずに治療ができる
  • 自分の歯に近い自然な見た目が得られる
  • 自分の歯と同じような噛み心地が得られる
  • 噛み心地に違和感がない
  • 入れ歯に比べ、目立たない
  • 治療期間が短い
  • 経済的である
  • 健康な歯を削らずに済む
  • 治療期間が短い
デメリット
  • 手術が必要
  • ブリッジに比べ費用がかかる
  • 通院回数が多く、治療期間が長い
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 多数の歯が欠損している場合には適用外
  • 違和感がある
  • 発音に問題が生じやすい
  • 見た目が良くない
  • バネをひっかける歯に負担がかかる
  • 歯の間に食べ物が挟まりやすい

インプラント手術の種類

インプラント手術の流れ

STEP1

1次手術:下部構造の埋め込み

インプラント体で歯根を再構築します。
歯茎を切開し、埋入部の顎の骨にドリルで穴をあけ、インプラント体を埋め込みます。
※血圧・脈拍・心電図・酸素分圧などの全身状態の管理のもと、局所麻酔を用い手術を行います。

1次手術:下部構造の埋め込み

STEP2

縫合・治癒期間

埋め込まれたインプラント体を覆うように歯茎を縫合します。
インプラント体と骨がしっかりと結合されるまで、上顎で4~6ヶ月、下顎で3~4ヶ月の治癒期間を設けます。
※治癒期間は年齢や骨の質などにより個人差があります。

縫合・治癒期間

STEP3

2次手術:再切開と治癒期間

インプラント体の上部のみを突出させるために、歯茎を再切開します。
インプラント体の上部に、人工歯を連結するためのアバットメントを装着し、歯茎が安定するまでこの状態で治癒期間を設けます。

2次手術:再切開と治癒期間

STEP4

上部構造の作製と装着

お口全体の型取りを行い、人工歯を作製します。
完成した人工歯をアバットメントに装着します。

上部構造の作製と装着

特殊なオプション手術

即時埋込

即時埋込

抜歯後にインプラント治療を行う場合、これまでは抜歯、インプラント体下部構造の埋入、アバットメントの装着という3回の手術が必要で、治療も約1年間と長期にわたるものでした。即時埋込は、抜歯した当日にインプラント体を埋め込み、仮歯まで装着する術式です。通常は、抜歯後に歯槽骨の再生を待ってから、再度歯茎を切開してインプラント体を埋め込みますが、この術式ではそれが不要となり、手術が1回で済み、歯茎を新たに切開しないため、腫れや痛みが軽減されることや、治療期間が最大で半年間削減できること、歯茎が減退することなくラインが保たれるため審美的な仕上がりに優れるなど、さまざまなメリットがあります。特に審美性が求められる前歯では、通常の手法では難しい前歯の歯間乳頭部の再現が可能となり、より自然で美しいお口まわりを実現します。ただし大変デリケートな手術なので、高度なテクニックをもった専門医が施術にあたらなければならないこと、患者様が糖尿病などの全身疾患を患っている場合や、重度の歯周病の症状が見られる場合であったり、歯槽骨の量や厚みが十分でない場合は、この術式を選択する事はできないなど、手術前にいくつかの条件をクリアする必要があります。

骨造成

インプラント体を埋め込むために必要な骨の厚みが十分でない場合は、骨移植や骨補填材の填入などのオプション手術によって骨を造成します。移植する骨があまりに多い場合や、重篤な糖尿病疾患がある場合は処置が行えません。

骨造成

サイナスリフト

適用箇所
上顎の奥歯の骨
適用症例
歯槽骨頂から上顎洞底までの距離が6mm以下の極度な骨量不足
処置時期
〈3mm以下の症例〉インプラント1次手術前 ※下記掲載手順
〈3〜6mm以内の症例〉インプラント1次手術時
STEP1

上顎洞側壁骨の除去と上顎洞粘膜の挙上

上顎洞側壁骨の一部を取り除いて小窓をあけるために、歯茎の外側から切開します。開いた小窓から専用器具を挿入し、上顎洞粘膜を洞底部から剥離し、骨補填材を填入するスペースを確保するために押し上げます。

上顎洞側壁骨の除去と上顎洞粘膜の挙上

STEP2

骨補填材の填入

上顎洞粘膜を押し上げてできたスペースに骨補填材を填入し、歯茎を縫合します。骨補填材が成熟して硬い骨になるまで、この状態で6ヶ月の治癒期間を設けた後、インプラント1次手術を行います。

骨補填材の填入

STEP3

インプラント体の埋入

骨補填材の成熟度を確認し、インプラント1次手術を行います。インプラント体埋入部の歯茎を切開してドリルで骨に穴をあけ、インプラント体を埋め込み、歯茎を縫合します。インプラント2次手術まで、6ヶ月の治癒期間を設けます。

インプラント体の埋入

ソケットリフト

適用箇所
上顎の奥歯の骨
適用症例
歯槽骨頂から上顎洞底までの距離が7mm以下の中等度の骨量不足
処置時期
インプラント1次手術時
STEP1

埋入窩の形成

インプラント1次手術の手順と同様に、インプラント体埋入部の歯茎を切開してドリルで骨に穴をあけます。

埋入窩の形成

STEP2

上顎洞粘膜の挙上と骨補填材の填入

埋入窩から専用器具を挿入し、上顎洞粘膜を洞底部から剥離し、押し上げてできたスペースに骨補填材を填入します。

上顎洞粘膜の挙上と骨補填材の填入

STEP3

インプラント体の埋入

インプラント体を埋め込み、歯茎を縫合します。インプラント2次手術まで、骨補填材が成熟してインプラント体と結合するために4〜6ヶ月の治癒期間を設けます。

インプラント体の埋入

ソケットプリザベーション

適用箇所
全ての歯
適用症例
インプラントやブリッジ治療前に、患部の抜歯が必要とされる場合。
抜歯後の骨吸収や歯茎の後退を最小限に抑えます。
処置時期
抜歯時
STEP1

抜歯

周りの骨を壊さないように注意しながら抜歯します。

抜歯

STEP2

骨補填材の填入と縫合

抜歯窩に骨補填材を填入します。患部をコラーゲン膜で覆い、縫合します。骨補填材が成熟して硬い骨になるまで6ヶ月の治癒期間を設けます。

骨補填材の填入と縫合

STEP3

骨補填材の成熟

治癒期間後に骨補填材の成熟度と患部の骨の量を確認し、インプラントやブリッジ治療に必要な精密検査や前処置を行います。

骨補填材の成熟

GBR -Guided Bone Regeneration-

適用箇所
全ての部位
適用症例
インプラント体埋入部に、インプラント体を支えるために必要となる十分な骨の量がない場合。
処置時期
〈重度の骨欠損〉インプラント1次手術前
〈軽度の骨欠損〉インプラント1次手術時 ※下記掲載手順
STEP1

骨欠損部の確認

CT検査で患部の状態を撮影します。そのデータを基に手術シュミレーションを行い、補充する骨の量や位置を確認します。

骨欠損部の確認

STEP2

骨補填材の填入と縫合

骨欠損部に、骨補填材を填入します。患部を覆う吸収性コラーゲン膜をチタンピンで固定し、その上から歯茎を被せるように縫合します。骨補填材が成熟して硬い骨になるまで6〜9ヶ月の治癒期間を設けます。

骨補填材の填入と縫合

STEP2

骨補填材の成熟

治癒期間後にチタンピンを取り除き、骨補填材の成熟度と患部の骨の量を確認し、インプラント治療に必要な精密検査を行います。

骨補填材の成熟