北海道医療大学歯学部附属 歯科衛生士専門学校 講演!!

北海道医療大学歯学部附属 歯科衛生士専門学校 講演!!

2015年9月6日、日

 

北海道医療大学歯学部附属 歯科衛生士専門学校で、講演を行いました!!!!

全校生徒200人近い人数の前での講演だったんですが、とても楽しかったです。

 

201511301609

 

スウェーデンやスイスを中心としたヨーロッパの情報を中心に情報提供させて頂きました。

北海道医療の学生の皆様は、大変勉強熱心の方が多く講演しながらその姿勢に感動しました。

全校生徒の講演後レポートでは、皆さんびっしりと書いていました。

その中からお一人の方をアップさせて頂きます。

 

201511301630

 

北海道医療大学歯学部歯科衛生士専門学校 3年生 レポート

 

201511301621

 

また、北海道医療大学の先生方もとても素晴らしい方が多かったです。

『教育』において、ディスカッションさせて頂きました。

 

 

201511301622

 

201511301623

 

最近、歯科衛生士学校さんでの講演が増えてきましたが、学生さん夢や目標を与えられるように、頑張りたく思いました!!!

 

Q、

歯科医療に関して、海外情報は、必要ですか?

 

A、

必要です!!

日本で当たり前に行われている治療が、実は、海外では全く行われていない場合があります。

具体的に言うと、銀歯の治療などです。

また、海外では、もっと安心安全な治療法や材料があります。

もちろん、日本が良くないというよりは、海外を含めた情報の方がより良い!!ということです。

中でもスウェーデンは、虫歯と歯周病が世界のどこの国よりも少ないです。

 

僕も5回ぐらい行かせていただきましたが、『教育』の差がかなりありました。

 

教育する立場で、歯科衛生士学校で海外情報を提供できるのは、本当に有意義な時間だと思っています。

やはり、人材育成や教育というのは、本当に大事だと感じています!!!!

 

理事長 栗林研治

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事執筆者

栗林 研治

皆様はじめまして。 栗林歯科医院 理事長の栗林研治と申します。 祖父・栗林研、父・栗林稔の下、幼い頃から医学の環境で育てられ、栗林歯科医院3代目 として、歯科医師目指して勉学に励んだ日々を今でも覚えています。 大学卒業後は、東京医科歯科大学口腔外科で臨床を重ねた開業医の下で6年間勉強し、 これからの歯科医療は歯や歯茎だけを診るのではなく、顎や全身管理を診ることが 非常に大事だと感じました。 患者様により快適な空間と最善の治療を提供するために、経営理念をしっかりと持ち、 スタッフとともにさらなる知識と技術の向上に励んで参りたいと思います。 どんな些細な事でも、ぜひお気軽にご相談ください。