歯科医師勉強会(歯科衛生士合同)【7月16日】

歯科医師勉強会(歯科衛生士合同)【7月16日】

【メンバー】

《歯科医師》

栗林研治理事長、津島克哉本院院長、窪田悠第2診療所院長、堀口紀、和田俊一郎、川野裕貴子、高山千穂、

金箱志桜都、大原裕太、星優生、神部賢

《歯科衛生士》

小野寺志穂、森明子、森さくら、阿久沢花帆、新岡みなみ

 

【内容】

プラークコントロール

宮下裕志先生

 

【感想】

今回の勉強会では宮下裕志先生を医院にお迎えして、

プラークコントロールについてご講演して頂きました。

 

プラークコントロールとは、

プラーク=歯垢

それを正しい歯磨きや食生活の改善で、虫歯と歯周病を予防することです。

 

ワインシュタイン先生の著書である『100%プラークコントロール実現のために』を勉強会に参加したスタッフ全員、こちらの書籍を読み、事前に質問をさせていただきました。

 

今回の勉強会は宮下先生の講義と当院の歯科衛生士によるのケースディスカッションを行いました。

 

中々、プラークコントロールが改善されないケースを出し、

「まずは患者様に質問をすることが大切で、虫歯・歯周病にならないために本当にプラークコントロールを必要と感じているか。

患者様の本心を知って、聴くことが大事である。」

 

歯磨きの仕方(テクニック)を一方的に教えるのではなく、

まずは『習慣』、その次に『歯磨きの仕方(テクニック)』、最後に『患者様のやる気』

この3つが揃ってはじめて、プラークコントロールを指導する準備が整ったことになる。

 

また『目標設定』を患者様に決めていただき、その目標に向かって患者様と一緒に

お口のケアをしていく。

 

参加したスタッフ全員が、上記のこと以上に多くの気づきを得ることができました。

 

日々の診療に生かしていきたいです。

 

 

 

歯科医師勉強会担当:堀口 紀

 

S__48357380

IMG_8296 IMG_8297 IMG_8294

 

 

 

 

S__48357383 S__48357386