歯科衛生士勉強会【9/18】

歯科衛生士勉強会【9/18】

【課題】

①今後のスケジュール確認

②理事長よりワシントン大学から学ぶプラークコントロールについてプレゼンテーション

 

【内容】

①今後の歯科衛生士に関わるスケジュールを全員で確認

1.EPSDC

スカンジナビアンスタイルの歯科医療をトータルで学べる国内唯一のコース

2.ワシントン大学 講義内容

3.ディスカッション

プラークコントロールシステム化のためにディスカッションを行う予定でしたが、時間の関係上後日に行うことになりました。現在日にちを分けてディスカッションを行っております。

【感想】

今回は理事長がワシントン大学で学んできた「行動変容」について勉強しました。

歯科医療とは少しかけ離れたように思われる心理学について、実は大きく関係しています。歯科衛生士業務を行う上ではより重要になってきます。自分達では学べない知識を提供してもらえて、非常に勉強になりました。

「行動変容」に関しては、今後も知識を深めていかなければならない内容になります。そのためにも歯科衛生士チームでディスカッションを行っていきながら、行動変容によって連動する「プラークコントロール」のシステム化に努めて参りたいと思います。