歯科衛生士勉強会(歯科医師合同)【10月15日】

【メンバー】

《歯科医師》

栗林研治理事長、津島克哉本院院長、和田俊一郎第2診療所院長、堀口紀、川野裕貴子、高山千穂、

金箱志桜都、大原裕太、星優生、窪田悠、神部賢

《歯科衛生士》

小野寺志穂、森明子、森さくら、阿久沢花帆、新岡みなみ

【内容】

咬合性外傷について

関野 諭先生

 

【感想】

今回は咬合性外傷と歯周病の関係について学びました。

・咬合性外傷には病的変化と適応性変化がある。

・慢性的・進行性のある歯周炎に咬合性外傷が加わると一気に歯周炎が進行する傾向がある。

・スケーリング・デブライトメントを行い、初期治療を成功させるためには根面の形態を知ることも必要。

・垂直性骨欠損は縁下プラークのみで起こる。

・歯周病に効く歯磨剤はない。

 

歯科衛生士業務において「噛み合わせ」についての着目点を学ぶことができました。「歯周病」のみでなく噛み合わせの影響も視野に入れて明日からの診療を行っていきたいです。

 

歯科衛生士勉強会担当 森 明子