歯科医師勉強会【9月16日】

【メンバー】

《歯科医師》

栗林研治理事長、津島克哉本院院長、窪田悠第2診療所院長、堀口紀、和田俊一郎、川野裕貴子、高山千穂、

金箱志桜都、大原裕太、星優生、神部賢

《歯科衛生士》

小野寺志穂、森明子、森さくら、阿久沢花帆、新岡みなみ

 

【内容】

エンドーペリオ病変について

宮下裕志先生

 

【感想】

今回の勉強会では7月に続き、宮下裕志先生を医院にお迎えして、

エンドーペリオ病変についてご講演して頂きました。

 

宮下先生の著書である『世界で最も成功率が高いスカンジナビアエンド 』を勉強会に参加したスタッフ全員読み、

事前に質問をさせていただきました。

 

・エンドーペリオ病変を診査診断する前に、必ず患者様に問診し、その病変がエンドなのかペリオなのかの情報を聞き出すこと。

・エンド由来なら歯周ポケットはおおよそ1ヶ所のみのポケット値が深く出てしまいますが、

ペリオ由来なら歯周ポケットは全周にポケット値が深く出ます。

・エンド由来であれば、まず感染根管処置を行い、エンド治療による成果を評価するため、

縁上のバイオフィルムマネジメントに留めることが必要であること。

・エンドとペリオの同時治療は、悪化する傾向があるため避けるべきであるということを学ばせていただきました。

 

レントゲンのみの診査診断ではなく、まずは患者様に問診する大切さを教わりました。

 

 

歯科医師勉強会担当:堀口 紀

 

IMG_8622

IMG_8623