栗林理事長が明治安田生命様の社員教育で講演しました

栗林理事長が明治安田生命様の社員教育で講演しました

当院の栗林研治理事長が
7月6日〜8日の3日間、明治安田生命様の社員教育の一環で
講演をさせていただきました。

歯科部門の担当として、毎年講演をさせていただいております。

今回の講演テーマは「健康と美容」

「真の美容は”真の健康”から!」ということで
真の美しさを手に入れるためには
まず「虫歯・歯周病・かみ合わせ」の治療や予防が大切
ということをお話しさせていただきました。

過去の明治安田生命様の講演や他の講演でも、よく聞かれることは
「ホワイトニング」「矯正治療」「口臭」についてです。

実は、これらを治療&施術するためには
虫歯や歯周病などの”病気”を治療&予防し、
「お口の中が健康状態であること」が前提になります。

1例として、矯正治療は
虫歯や歯周病などの病気がある状態で治療を始めてしまうと、
矯正装置によって歯磨きがさらに難しくなり、バイ菌を取り除けず
どんどん病気が進行する原因になります。

《栗林理事長が伝えたいこと3つ》
若い方々に歯の大事さを気づいて欲しいので
この3つを覚えていていただきたいです。

①3ヶ月に1度歯医者さんで検診(相談)を受ける
②歯の健康の相談相手を作る
③健康の始めは目で見て知ること

歯の予防は早く始めるほど
将来の「歯の本数」や「お口&全身の健康」に繋がります。

最近、歯医者に行けていないという方は
ぜひ検診へお越しくださいね。