絶対に虫歯になりたくない貴方へ送る6つの知識

「絶対に虫歯になりたくない貴方へ送る6つの知識」

こんにちは。栗林歯科医院 歯科医師 大原です。

今回は虫歯の原因・治療法・対策について少し詳しくお話ししたいと思います。


スクリーンショット 2020-01-06 10.48.10

目次 

1. なぜ虫歯になる? 

2. 虫歯ができやすい・できにくい人の違いは? 

3. 虫歯のレベル(CO~)

4. 虫歯レベルによる治療法 

5. なぜ虫歯の手前で歯が白くなるの?

6. 歯石除去の必要性  

 


 

1、なぜ虫歯になる?

虫歯の原因は細菌です。

唾液中にはたくさんの細菌が潜んでいます。 唾液中の虫歯菌は歯の表面に付着し、糖分を餌にグルカンと呼ばれるネバネバ成分を作ることで歯に強く付着します。

さらに、糖分を餌に酸を産生することで歯が溶かします。 初期の段階ではエナメル質の表面下が溶けるため、穴はあいていません。

しかし溶けるのが進行すると表面のエナメル質が噛む力などの外力に抵抗できなくなり、穴があきます。

スクリーンショット 2020-01-06 10.48.26

 

一度穴があくとそこは歯ブラシが届かない凹みとなり、細菌を除去することが出来なくなり、歯磨きをしても細菌は残り、どんどん穴が深くなっていくため削って穴を埋める必要があります。

スウェーデンのアクセルソン博士による6年間の虫歯の発生を調べた研究では

虫歯治療を全て終えて1年に1回検診を受けた群は

虫歯治療とセルフケア指導を受けて3ヶ月に1回メインテナンスをした群

70倍虫歯が発生したという結果になりました。

スクリーンショット 2020-01-06 10.48.35

 

きちんと1年に1回検診を受けても虫歯の発生は防げないこと、全ての虫歯を治療し終わっても数年で虫歯になる、治療は虫歯の発生を防がないという研究結果は衝撃的なデータとして世界中に知れ渡りました。

自己流のブラッシングでは必ずどこかに磨き残しが出来てしまい、そこが虫歯になってしまうことから定期的に歯科医院で磨き残しの確認と除去をすることが勧められます。

 

現在できる虫歯の一番の対策は歯科医院に行って歯磨き指導を受け、毎日歯磨きをして3ヶ月ごとに定期検診を受けることでしょう。

 


 

  2、虫歯ができやすい・できにくい人の違いは?

虫歯になりやすいかどうかのリスク評価に ①唾液中の細菌の量  ②唾液の質(歯を守る力)  ③食習慣 があります。 

スクリーンショット 2020-01-06 10.48.46

①虫歯の菌は酸を出すことで歯を溶かします。唾液中の細菌の量が多い人は菌が歯に付着しやすかったり、酸を出す菌の数が多いため、虫歯になりやすいと考えられます。

②唾液には細菌が出す酸を中和する能力や、食渣を洗い流す作用、抗菌作用、再石灰化作用などがあります。中でも酸を中和する能力が低い人は長時間歯が溶けることになり、虫歯になりやすいと考えられます。

③食事中とその直後は歯が溶けている時間が必ずあります。食事の回数が多い方、食事時間が長い方、糖分を多く摂取する方は歯が溶けている時間が長くなるため、虫歯になりやすいです。

これらのリスクは唾液検査を行うことで、評価することができます。 栗林歯科医院では唾液検査を行い、患者さんそれぞれにあった虫歯対策を指導させていただいています。

 


 

3、虫歯のレベル(CO~) 

  虫歯のレベルは歯の構造のどの部分まで進行しているかによって分類されます。 進行状況は目でみるだけでは確実な判断ができないことが多いため、触診やX線検査や症状などから判断します。

 スクリーンショット 2020-01-06 10.49.05スクリーンショット 2020-01-06 10.49.16

 

CO:初期虫歯。表面下が溶け、色が健康な歯質とは異なるが穴は空いていない状態。

C1:エナメル質に限局する虫歯。初期虫歯が進行し、エナメル質表面に穴が空いた状態。

C2:象牙質にまで達する虫歯。水がしみたり、甘いものがしみたりなどの症状が出ることがある。

C3:歯髄にまで達する虫歯。何もしなくても痛みが出ることがある。

C4:根っこのみ残っている虫歯。神経は死んでおり、噛まないため、痛くないことが多い。

 

初期のC1から初期のC2に進行するまでに8年(中央値)、初期のC2から象牙質の真ん中まで進行するのに3年かかる(中央値)という研究があります。初期の進行自体は遅いですが、進行するにつれて進行がはやくなることからも、早期発見は重要です。

 


 

4、虫歯レベルによる治療方法

どのレベルの虫歯でも必ず何故虫歯になったのか原因を検討し、原因除去である歯磨き指導・生活指導を行い、その後治療を行います。

CO:フッ化物塗布を行い、再石灰化を期待します。

C1:虫歯の部分を全て削り、CR充填(プラスチックの詰め物)やメタルインレーの作製を行います。

C2:虫歯の部分を全て削り、CR充填やメタルインレーの作製を行います

C3:症状がある場合、神経を取る処置(抜髄)をまず行い、痛みをとります。ない場合は生活指導後に神経をとる処置を行います。神経を取る処置を行った後は数回根の管の清掃・拡大を行い、土台を立てて被せ物を製作します。

C4:基本的には抜歯となってしまうことが多いです。残す場合もクラウンレングスニングなどの外科的な処置が必要となることが多いです。

 

このように虫歯のステージによって治療の内容、回数は変わってきます。 目で見ただけでは進行度合いは分からないことが多いです。探針で触ったり、レントゲンを撮影したり複数の検査を行って診断します。

スクリーンショット 2020-01-06 17.16.25スクリーンショット 2020-01-06 10.49.27

 


 

5、なぜ虫歯の手前で歯が白くなるの?

歯の表面はエナメル小柱と呼ばれる柱状の構造が密集・整列しています。それが酸によって溶かされることで小さな穴が空いたように変化します。

光の屈折率が健全な歯質と変わり、光の乱反射が起こり透明感が消え、白っぽくみえます。 これは気泡がたくさん含まれた氷が白く見えるのと同じ原理(ミー散乱)です。

スクリーンショット 2020-01-06 10.49.40

フッ化物塗布やフッ素入り歯磨剤を使用することによってこれらは再石灰化し、白濁を元に戻すことが出来ます。

フッ化物を取り込んだ歯は以前の歯よりも溶けにくいことがわかっているため積極的に使っていきたいところです。

虫歯は出来るだけ早期発見することが今ある歯を残すことにつながるため、定期的に歯医者さんでチェックしてもらうと良いでしょう。

 


 

6、歯石除去の必要性

細菌がつくり出したグルカンが長時間堆積し、唾液や歯肉溝液中のカルシウムが結合することで固まったものを歯石といいます。

歯石自体に病原性はありません。しかし表面がとても粗造なため、新たな細菌付着の足場となり、歯周病の進行に強く関与します。

歯周病は一般の方には勘違いされがちですが、「歯茎が腫れて出血する」だけのことではありません。

歯周病は、歯の周りに細菌が繁殖することによって歯茎の下にある歯を支える骨が溶ける病気です。

スクリーンショット 2020-01-06 10.50.13

そして、一度進行すると現在の医療では骨を元の位置に戻すことは不可能です。そのため歯を抜くしかなくなるのです。

プラークが一度歯石になると歯ブラシでの除去は困難となるため、歯科医院にてスケーリングなどの物理的な除去が必要になります。

歯石がついている間は痛みなどの症状が出にくく、歯周病自体も症状が出てきにくいため、かなり進行してから歯が揺れるようになったり、歯根が露出し、知覚過敏の症状が出ます。

 


 

これらの要因から栗林歯科医院ではメディカルトリートメントモデルに基づいて検査・治療を行い、終了後は3ヶ月に1度、定期検診を受けることを推奨しています。

医療法人社団 栗林歯科医院

歯科医師 大原裕太

oc983b309dd4f018db079b467dfc47596_4620693218541404203_191203_0017

 

 

 

 

栗林歯科医院 公式LINE始めました!
治療に関するご相談、ご予約はLINEメッセージからも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

公式LINEの友達追加はこちら↓

https://lin.ee/8eeSWd