ホワイトニングって虫歯でもできるの?

ホワイトニングって虫歯でもできるの?

こんにちは!歯科医師の和田です。

さて、皆様は年末年始をいかがお過ごしでしょうか?ちなみに私は今、福岡におります。

福岡に帰ってきてまだ2日目ですが、すでに久々の福岡グルメを満喫しております!

美味しい魚、豚骨ラーメン、うどん、明太子、高菜などなど

今日は水炊きからの雑炊、そして年越しそばと食べることばかりなのですが、普段はコンビニ食ばかりなので年末年始くらいは栄養のあるものをしっかりと食べようと思います。

さて、今回はホワイトニングについて書かせていただきます。ホワイトニングについて質問があったので6つに分けて書かせていただきます。

・どの歯でもホワイトニングはできるのか

・神経がない歯を白くする方法

・ウォーキングブリーチについて

・自然な歯の白さとは

・ホワイトニングで、しみる人・しみない人の違い

・虫歯があってもホワイトニングはできるのか

どの歯でもホワイトニングはできるのか

神経がある歯を有髄歯と呼び、神経がない歯を無髄歯と呼ぶのですが、実は有髄歯と無髄歯とではホワイトニングの方法は違います。

有髄歯では医院で行う「オフィスホワイトニングと自宅で行う「ホームホワイトニングがあります。そして無髄歯は「ウォーキングブリーチ」と呼ばれるホワイトニングの方法を用います。

基本的にはどの歯であってもホワイトニングをすることは可能です。しかし、有髄歯であっても大きな虫歯があったり大きな亀裂があったりするとできない場合があります。また、テトラサイクリン歯と呼ばれる変色歯に関しては変色の程度によってはホワイトニングの適応外となります。

柴田佳子_2019.01.28_A005

このテトラサイクリン歯の変色の度合いとしては以下の4つに別れていて、F1とF2がホワイトニングの適応となります。

F1:淡い黄色、褐色、灰色で歯冠全体が一様に着色されていて、縞模様は見られない

F2:第1度よりは濃く歯冠全体が一様に着色されていて、縞模様は見られない

F3:濃い灰色、青みがかった灰色で縞模様を伴うもの

F4:着色が強く、縞模様も著名なもの

さらには虫歯の治療したことで残存している歯質が少なくなった歯や補綴物がかぶさっている歯も適応外となります。

神経がない歯を白くする方法

上記の通り、神経がない歯をホワイトニングする方法としてウォーキングブリーチと呼ばれる方法があります。

そもそもの話ですが、神経がない歯がなぜ変色してしまうのかの理由として、歯の内部には歯髄腔と呼ばれる神経がある領域があり、そこには神経と共に血管も存在します。

神経を取る処置を行うと神経と共に血管も取ることになるため、歯は血液から栄養を得ることができなくなります。その結果、栄養が行き届かなくなった歯は次第に黒く変色していきます。

ウォーキングブリーチとは神経の治療後に黒く変色した歯の歯髄腔に白くする薬剤を入れ、漂白して白くするホワイトニング方法です。

しかし、そもそも神経の処置を行う歯というのは虫歯が原因で神経をとる処置を行うことが多いため、虫歯を全て取り切った時にはほとんどの歯質が残っていないことが多く、被せ物などの補綴物による治療が必要なケースの場合が多いです。

ですのでウォーキングブリーチを行う場合、必ずしもできるとは限らないので注意が必要です。

ウォーキングブリーチについて

上記の通りウォーキングブリーチは神経をとる処置を行なった歯が適応です。

歯髄腔内に緊密に根管充填がされているのを確認したのちに、薬剤(30〜35%の過酸化水素水と過ホウ酸ナトリウムの混合されたペースト)を歯髄腔に封入します。

imagesウォーキングブリーチは歯髄腔から直接作用するので確実で効果が高いとされています。しかし、不用意にこの歯髄腔を広げると歯が菲薄になり、術中に歯が脆弱化して割れることがあります。また、歯髄腔内で薬剤が漏出して歯根部に悪影響を及ぼす可能性もあるため、レントゲン写真等で治療後も定期的に経過を診る必要があります。

当然、治療後も薬剤の効果がなくなれば歯は再び黒く変色することもあります。ウォーキングブリーチは1度治療したら終わりの治療ではないことを理解し、定期的なチェックを行いながら診ていく必要がある処置です。

自然な歯の白さとは

cerec129

さて、皆さんは真っ白い歯の芸能人に憧れてたりしますか?白ければ白い方が良いと思う方も多いと思います。しかし、度が過ぎたホワイトニングは逆に白さが際立ちすぎて不自然な結果になる恐れもあります。では、自然な白さ、不自然な白さとはどんなものなんでしょう?

ここで重要になってくるのは基準となる歯の白さです。上の写真はシェードガイドと呼ばれ、歯の白さの指標となる色味を、16段階の明るさで並べたものです。左に向かうに従って明るくなっていきます。

ちなみにアルファベットは歯の色みを表していて、数字の若い方が明るくなります。赤系をA、黄色系をB、灰色系をC、濃茶系をDで示しています。つまり同系色で明るい順に並べるとA1、A2、A3、A3.5、A4の順に並びます

 あ

 あ

さらに、AからDまでのすべての色を明るい順に並べ直すと、B1、A1、B2、D2、A2、C1、C2、D4、A3、D3、B3、A3.5、B4、C3、A4、C4の順になります。

では自然な白さとはどのくらいでしょうか?一般的に日本人の標準的な歯の白さはA3、A3.5あたりと言われています。ホワイトニングを行なう際に目標とする白さはA1、A2あたりです。ここら辺が自然な白さとされています。

実はこのA1やB1よりもさらに白いW1、W2、W3というのもあります。芸能人の真っ白な歯はおそらくここら辺だと思われます。1324430204

別にA1よりも白い歯がダメというわけでは当然ありません。あくまで指標として自然なレベルでの白い歯を求めるのであればA1A2あたりがよろしいのではないでしょうか。

あ 

 あ

ホワイトニングで、しみる人・しみない人の違い

基本的にホワイトニング後にしみやすい人、しみにくい人と人によって違うというわけではありません。誰でもしみる可能性はあるし、しみない可能性もあります。

あ 

 あ

これは薬剤が歯の神経を刺激することでしみる症状が出ると考えられています。要は知覚過敏症のことです。

あ 

 あ

知覚過敏症が生じた場合はただちにホワイトニングを中止し、知覚過敏症の処置を行ったのちに症状の改善がみられたらホワイトニングの時間を短くして再開し、徐々にその時間を長くしていきます。

あ 

 あ

オフィスホワイトニングの場合、歯科医院で処置を行うので、もし知覚過敏の症状が出ても迅速な対応ができるのに対してホームホワイトニングはご自宅で行うので、知覚過敏の症状が出てもすぐに処置を行えるわけではありません。知覚過敏の症状が出たらただちに歯科医院に連絡を行うようにしましょう。

あ 

 あ

虫歯があってもホワイトニングはできるのか

基本的に虫歯がある場合はまず虫歯の治療を優先する必要があります。また、歯に大きな亀裂がある場合も避けた方がいいでしょう。スクリーンショット 2020-01-01 21.22.05

理由はホワイトニングの際に使用される薬剤は歯の表面のエナメル質と呼ばれる層を透過してさらに内部の象牙質と呼ばれる層まで漂白します。虫歯や大きな亀裂があると象牙質のさらに内部にある歯の神経のある領域にまで影響が出て痛みが出たりしみたりする症状が出る恐れがあります。

あ 

 あ

また、ホワイトニングは天然歯にしか効果がありません。つまり、治療した際に補われた補綴物(レジンや詰め物)はホワイトニングされないため、予めどこまで白くするか、もしくは応急的に虫歯の治療だけしておいて最終的に歯の白さに合わせて補綴物の色合いを決める必要があります。

あ 

 あ

ですのでホワイトニングを行なう前に歯科医師の診査診断を行った上でどのタイミングでホワイトニングを行なうかを話し合う必要があります。

あ 

 あ

さて、ホワイトニングの疑問について多かった内容を中心にお話ししましたが、疑問は解決されたでしょうか?ホワイトニングが気になる方はお気軽にご相談ください。

あ 

 

 

栗林歯科医院

第二診療所院長 和田俊一郎

 

 

 

栗林歯科医院 公式LINE始めました!

治療に関するご相談、ご予約はLINEメッセージからも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

公式LINEの友達追加はこちら↓

https://lin.ee/8eeSWd

 

記事執筆者

和田 俊一郎

歯科医師の和田俊一郎です。 わかりやすく、かつ丁寧な説明を心がけております。 また、自分や身内に受けさせたいと思えるような医療を提供できるよう全力で 診療させていただきます。 よろしくお願い致します。