マウスピース型矯正治療

マウスピース型矯正治療

当院の矯正治療はワイヤー矯正(従来型)のみでしたが、昨年からマウスピース型の矯正治療も行うようになりました。

 

当院で行なっているものは Invisalign(インビザライン)です。

 

Invisalign(インビザライン)はマウスピース型の矯正装置の中でも世界シェアNo.1の製品です。

 

そもそもマウスピース型矯正のメリット・デメリットは何かを今回のブログにあげたいと思います。

 

【メリット】

1、透明で目立ちにくい。

2、クリンチェックという治療計画を作成し、患者様・医院側の双方にゴールを可視化することができる。

  コンピューター上で3Dシュミレーションされた治療計画を見ることができる。

3、取り外しが可能のため、歯磨きが楽。虫歯や歯肉炎になりにくい。

4、プラスチック製なので、金属アレルギーの方も矯正治療ができる。

5、少しずつ歯を移動させていくので、ワイヤー矯正よりも比較的痛みが少ない。(使い始めは痛みが出やすい)

 

【デメリット】

1、装着時間が20〜22時間以上を厳守しなくてはならない。(食事の際以外は装着)

2、患者様の協力が必要。(協力がないと治療が進まない)

3、ワイヤー矯正よりも費用が高くなる。

4、歯並びや噛み合わせによりマウスピース型矯正単独では治療できない場合があり、その場合は、ワイヤー矯正が必要になる。

 

 

以上が挙げられます。

矯正相談は無料で行なっております。

また初診の方は当院のホームページからネット予約も可能です。

歯並びや噛み合わせが気になる方は、是非お問い合わせください。

記事執筆者

堀口 紀

歯科医師の堀口です。 患者様、一人一人が笑顔になって頂けるように治療をさせて頂きます。 よろしくお願い致します。