歯を残す為の歯周外科

歯を残す為の歯周外科

こんにちは!栗林歯科医院歯科医師の川野です。

今回は、歯周外科のお話をさせていただきます。

 

1)歯周外科治療とは

2)フラップ手術

3)歯肉根尖側移動術

4)歯周切除術・整形術

5)歯冠長延長術

6)歯周組織再生療法

7)歯肉歯槽粘膜治療

8)分割抜歯

 

 

 

1)歯周外科治療とは

歯周外科治療…聞いたことはあるけど、どういった場合に行う必要があるかいまいち分からないですよね。

歯周治療と言うだけあって歯周病の方に行います。

歯周病とは歯肉の病気と思いがちですが、実は歯肉の下の骨の病気を歯周病と言います。

原因としてはお口の中の細菌から起こる炎症性の疾患です。歯周病菌の除去が不十分だと歯周病は進行し、骨が溶けていき、重度の歯周病になると歯が抜けてしまったり、口臭、歯並びの変化などが起こります。

軽度の歯肉炎(歯肉に限局した炎症)であれば歯磨きの改善や定期的な検診で改善可能です。しかし、歯周病が進行していくと、普段のお掃除での細菌の除去が難しくなりさらに歯周病が悪化することがあります。歯周外科とは、このようなお掃除が困難になった歯周組織の細菌除去と清掃性の向上を目的として行う外科治療のことを言います。

歯周病治療の流れとして、初診時に歯と歯肉の間にある歯周ポケット値、レントゲンなどを参考に歯の周りの骨の吸収度を調べます。その後、歯磨き指導や病院でのお掃除などでお口の環境を整えていきます。お口の環境が改善された状態で再検査を行ないます。歯肉炎や軽度の歯周病であればこの時点で改善、もしくは安定した状態になります。しかし、骨の吸収が大きい箇所や、清掃性が悪い箇所は症状が改善があまり認められず、今後も歯周病が進行してしまいます。改善の認められなかった箇所の歯周組織には歯周外科処置を行なっていきます。

 

 

2)フラップ手術

歯肉を切開し、歯肉の上からの歯周病治療では除去できない細菌や歯石を除去し、 炎症した

歯周組織の除去と細菌がつきにくい状態を作ります。

利点 傷口が塞がれた状態でオペが終了する。

見た目の変化が少ない

欠点 場合によっては細菌の完全除去が難しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3)歯肉根尖側移動術

被せ物を行う予定の歯に行います。深い歯周ポケットの改善、清掃性の悪い歯肉の改善を行

います。

利点 お掃除のしやすい状態の歯肉になる。

歯周ポケットの再発が少ない

欠点 見た目の変化が大きい

しみやすくなる場合がある

 

 

 

 

4)歯周切除術・整形術

お薬などで歯肉が増殖してしまった場合などに行います。歯肉が肥厚した骨の吸収のない仮

性ポケットを改善するため、歯肉の切除、形成を行います。

利点 お掃除のしやすい歯肉の状態になる

欠点 再発の可能性がある

 

 

 

5)歯冠長延長術(クラウンレングスニング)

被せ物を行う予定の歯に行います。被せ物があっていなかったり、歯肉の下に虫歯があると

が歯周病が悪化する場合があります。そのために歯肉と骨を整えて歯肉の下の虫歯の除去、

適合の良い被せ物を被せられる環境にする。

利点 歯肉下の虫歯の除去ができる

歯の保存が見込める

審美性の改善(場合による)

欠点   歯がしみやすくなる可能性がある

審美性の悪化(場合による)

スクリーンショット 2019-07-26 0.51.11

スクリーンショット 2019-07-26 0.51.21

 

 

 

 

6)歯周組織再生療法

垂直的な骨の吸収がある場合骨の再生を目的として行う手術です。

歯肉を開き、炎症のある組織を除去し、その中に骨の再生を誘導する製剤を入れ骨を再生し

たい部位に歯肉が入り込まないように膜を敷きます。

骨の再生には骨移植とエムドゲインというタンパク質製剤を使用します。

骨移植に使用する骨製剤は状態によって使い分けをします。

自家骨→口腔内の多部位から採取したもの

他家骨→人由来のもの

異種骨→動物由来のもの

人工骨→人工的に作られたもの

エムドゲインはジェル状の液体のため、骨の欠損状態によっては骨製剤を併用する場合があ

ります。

 

利点 骨の再生が見込める

歯肉の理想的な付着が見込める

欠点 侵襲が大きい

 

スクリーンショット 2019-07-26 1.06.23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7)歯肉歯槽粘膜治療

歯肉の退縮や清掃性の悪い歯肉形態の改善を目的として行う手術です。

歯肉歯槽粘膜治療には遊離歯肉移植術と結合組織移植術があります。

遊離歯肉移植術は、硬い歯肉が少ない清掃性の悪い歯肉形態の改善を目的として行われま

す。

特に奥歯に行くにつれて硬い歯肉の少ない清掃性の悪い歯肉で行われることが多い。

手術部位を開き、上顎の歯肉から上皮のついた歯肉を採取し、手術部位に移植する。

 

利点 一度のオペで範囲の処置が可能

清掃性の良い歯肉の獲得

欠点 手術部位が2箇所になる(移植部位、供給部位)

歯肉の色などによる審美性の問題がある

 

スクリーンショット 2019-07-22 18.57.14スクリーンショット 2019-07-22 18.57.23

 

 

 

 

結合組織移植術は、歯肉の退縮により歯根が露出してしまった歯の歯肉を再生する目的で行

われます。前歯部などの歯肉や骨の薄い箇所で行われることが多い。

手術部位を開き、上顎の歯肉から上皮したの結合組織を採得し、手術部位に移植する。

 

利点 採得した歯肉に血液の供給が十分であれば成功率が高い

歯肉の色による審美性の問題が遊離歯肉移植術よりも良い

欠点   手術部位が2箇所になる(移植部位、供給部位)

上顎の歯肉が薄いとできない場合がある

 

 

スクリーンショット 2019-07-22 18.57.32

スクリーンショット 2019-07-22 18.57.39

 

 

 

 

 

8)分割抜歯

また、奥歯の歯は根が分かれておりその股の部分に細菌の感染が起こることがあります。

その場合は歯周組織再生療法や歯の分割、抜歯などを行なって股の部分の清掃性を改善する方

法が適用となる場合があります。

 

以上のように、歯周外科治療には多くのものがありますが、どの治療方法が適用か、どのようなリスクがあるのかは患者さんそれぞれによって変わってきます。

また、歯周病の改善、予防には普段からお口の中の状態を良くしておくことが大切です。そのためには初期治療(虫歯治療、歯磨きのチェック、歯科医院でのお掃除)を行ったのち必要であった場合歯周外科を行い、治療が終わった後も定期的な検診を継続することで健康なお口の中を保つ事ができます。

歯周病が気になっている方は一度ご相談ください。

 

医療法人社団 栗林歯科医院

 

歯科医師  川野裕貴子

 

 

 

 

記事執筆者

川野 裕貴子

歯科医師の川野です。 患者様が安心して治療を受けられるよう全力を尽くしていきます。 気軽にお声がけください。よろしくお願い致します。