親知らずでお悩みの方へ

 

こんにちは!歯科衛生士の森です。

 

検診時に親知らずの抜歯をすすめられてどうしようかと悩んでらっしゃる方、定期的に違和感があったり痛みを感じることはあるけどまだ抜歯に踏み切れてない方もいるのではないでしょうか?

今日は親知らずの抜歯について、3つのことを書きたいと思います。

①親知らずを抜いた方がいいケース

②抜かない方がいいケース

③痛みが出ないように普段からできる対策

 

①親知らずを抜いた方がいいケース

1)親知らずが横に傾いて隣の歯に被るように生えていた場合

親知らずが傾いて手前の歯にぶつかるように生えている場合、ぶつかっているところに汚れが溜まりやすくなり、手前の歯が虫歯になってしまうことがあります。

その場合、親知らずを抜いてから処置をしなければならず、手前の歯にも影響が出てしまいます。

oyashirazu002

 

2)親知らずが半分しか生えていない場合

歯茎が被ったような生え方、完全に生えていなく隣の歯に比べて高さがない場合、歯磨きが難しく虫歯になるリスクが上がります。

また、歯茎が上に覆いかぶさったような状態だと歯茎と親知らずの間に汚れが溜まり、腫れと痛みを繰り返す場合があります。

歯茎の一部を切除して済む場合もありますが多くの場合、症状を繰り返すため、抜歯をすすめることが多いです。

oyashirazu001

 

3)親知らずの手前の歯を押している場合

生えてくる時に力が手前の歯にかかり続けることで、前歯の歯並びを乱すことがあります。噛み合わせに影響することもあります。

oyashirazu003

 

②親知らずを抜かない方がいいケース

1)上下の親知らずがまっすぐ生えていて、しっかり噛み合っている

虫歯と歯周病がない場合でかつ、噛み合っている歯は無理に抜く必要はありません。

 

2)親知らずの手前の歯がない

何かしらの理由で欠損歯がある場合、親知らずを移植できるケース、矯正で移動させることによって親知らずを活用できる場合があります。

 

③痛みが出ないように普段からできる対策

親知らずは歯の一番奥に生えてくること、歯茎が被っていたり半分しか生えていないことでばい菌が溜まりやすく、炎症を起こして痛み、腫れが出るケースがほとんどです。

普段からばい菌を溜めないようにまめに歯ブラシすること、定期的な歯科医院のクリーニングでお口の中を清潔に保つことが大切です。

歯科医師から抜歯をすすめられた場合、なるべく早く抜歯に踏み切る方がいいですが、抜歯後の痛みや腫れのリスクは避けられないため時期はよく相談した方がいいです。

 

検診時には状態の確認を必ずしています。もし普段気になられていることがあればいつでもおっしゃってください。

 

医療法人社団栗林歯科医院 歯科衛生士 森 明子

 

z