ホワイトニングのメカニズム〜何故白くなるの?〜

 

今回は、

ホワイトニングのメカニズムについて

お話したいと思います。

ホワイトニングには2種類あります。

歯科医院で行う【オフィスホワイトニング】と、

自宅で行える【ホームホワイトニング】です。

 

Q.ホワイトニングをすると何故、

 歯が白くなるのか?

 

これを解く鍵は成分のお話から始まります。

ホワイトニングの成分は

「過酸化水素(H2O2)」です。

 

厳密に言うと、

オフィスホワイトニングの場合は

35%以下の過酸化水素ですが

ホームホワイトニングは

10〜21%の過酸化尿素を使用します。

 

 

 

この過酸化尿素は酸化反応の過程で

過酸化水素に分解されるため

結果的にどちらも成分は同じと

いうことになります。

 

この過酸化水素はオキシドール

(消毒や漂白に用いるもの)と同じ成分で、

低濃度であれば安全です。

ただし、高濃度のものですと危険性があります。

消毒液として一般的に普及している

オキシドールの濃度は約3%です。

 

オフィスホワイトニングで用いる

過酸化水素は濃度35%以下ですが

それでも取り扱いには注意が必要ですので、

歯科医院でのみ行うことが出来ます。

 

 

日本人のエナメル質は薄いので、

35%を超えると歯へダメージを与えてしまいます。

ですので1回の処置は約10分×3回が目安です。

1日1時間は超えないように行います。

 

オフィスホワイトニングは

その日のうちに歯を白くできますので

すぐに効果を出したい方

おすすめです。

 

 

一方ホームホワイトニングは

同じ成分ではありますが濃度が緩やかに変化しますので

徐々に濃度が低くなります。(約8時間ほど)

 

オフィスホワイトニングと違い、

光照射の必要がなく自分のペースで歯を白くすることが

出来ますし、歯への負担も少ないです。

 

 

 

本題に戻りましょう。

Q. ホワイトニングで何故、

歯が白くなるのか?

 

 

薬剤の成分である過酸化水素と過酸化尿素は

化学反応の過程で酸素と水に分かれます。

 

この時に発生した “酸素” が歯の着色原因である

“色素” と結合することで “無色化” します。

 

04d8dceb

 

 

歯を構成する要素ではなく、

“歯の色”を変化させている有機成分なので

歯が溶けたりすることも歯の構造が

変わることもありません。

 

 

歯の表面を覆う人体の中で

最も硬い組織のエナメル質は90%以上が無機質で、

わずかな水と有機質でできています。

 

A.この有機質が着色し、歯の色を変色させるのです。

 過酸化水素はこの有機質を無色化することで

 歯が白くなるのです。

 

 

ホワイトニングはエナメル質を白くします。

実はこのエナメル質の下には象牙質というものがあり、

この象牙質は黄褐色です。

 

Unknown

 

 

歯が少し黄ばんで見えるのは、

この象牙質があるからなのです。

 

象牙質の下には歯の神経があります。

この象牙質は神経を守るために加齢と共に

厚くなっていきます。

そうすると象牙質の色が目立つようになるので

歯がさらに黄ばんで見えるのです。

 

ホワイトニングでは象牙質を漂白されません。

しかし、

ホワイトニングは着色有機物だけでなく

エナメル質表面の構造を角上から球状に変化させるので

光の乱反射が起こり象牙質の色が透けて見えなくなります。

 

これを “マスキング効果” と呼びます。

 

i005

 

個人差はありますが、

ホワイトニングでは自分の今の歯の2〜4段階

白くできるといわれています。

 

 

 

 

最後に。

【ホワイトニングの注意点】です。

 

*知覚過敏の症状がある

*虫歯がある

*歯周病である

*歯にひびが入っている

 

上記の場合は、しっかり治療を行い完治してから

ホワイトニングをしてください。

 

ひびが入っていたり知覚過敏の症状があると

しみる可能性があります。

 

 

*14歳以下(成長段階であるため)

*妊娠中、授乳中

*無カタラーゼ症

*光線過敏症(オフィスの場合のみ)

 

このような方々もホワイトニングをすることは

できませんので注意してください。

 

 

ホワイトニングの目的は人それぞれ違うと思いますが、

歯が綺麗だと気分も上がりますし印象も変わりますよね♩

是非ホワイトニングをやってみてください。

 

医療法人社団 栗林歯科医院

歯科衛生士 小野寺志穂