歯科技工士になった理由

【 歯科技工士チーム リーダー 】 

こんにちは
歯科技工士の高屋です。

 

今回は難しい専門的な話ではなく、

なぜ私が歯科技工士(歯を作る人)になったのかをお話ししていきたいと思います。

 

 

まず、皆さんは好きなこと、趣味はありますか?

 

 

私はあります。

それは、絵を描くこと、物を作ることです。

 

 

私は小学生の頃から勉強が大嫌いでした。
学校でのテストの点数は正直良くありませんでした。
中学校ではテストの点数がクラスメイト14人中14番目、

つまり、中学3年間ほとんどテストはビリでした。

 

そんな私でも好きな授業がありました。
美術、図工です。

何かを描く、何かを作ることが大好きでした。

今も好きです!

 

父親が大工、母親は縫製業ということもあり、

小さい頃からトンカチと釘を持って遊んだり、

母親と一緒に塗り絵をしていたことが大きな要因だと思います。

 

中学校の頃は毎日のように

”毎日図工ができる仕事につきたい。”と思うようになりました。

 

そして高校での進路はとても迷いました。

美術大学にいきたい!

しかし、親からは資格が取れない大学は意味がないと反対され、説得できませんでした…

そんなとき、あるきっかけで

歯科技工士という職業を知ります。

 

それは、高校2年生の時クラスメイトの一言に傷つき矯正を始めたことです。

矯正をしたから歯科技工士を知ったのではなく、

担任の先生が私の趣味(その当時はガンプラを作るのが趣味でした。)を知って

”あなたは物を作るのが好きなんだし、それに矯正も始めたなら技工士っていう職業を調べてみたら?”

と言われたことがきっかけで歯科技工士を知ることになりました。

今思えば、先生ありがとうございます。と言いたいです。

 

それから、歯科技工士になる!と決めてからはとても早かったです。
青森歯科医療専門学校 歯科技工士科に入って

毎日の授業が図工をしているようで、失敗することもありましたが

授業が楽しくて時間が過ぎるのが早かったのを覚えています。

 

そして、国家試験に合格し、

小さい頃から夢だった物を作る職業に就き、今は人の役に立てているのだと実感しています。

 

人として生きていくには勉強はとても大事です。

ですが、頭が良い、勉強がすごいできることが全てではないと私は思います。

自分が本当にやりたいことをやる!

どんなに成績が悪くても、結果的にやりたいことで幸せならそれで良いと

24歳になった今の私は思います。

 

なので、自分がやりたいこと、好きなことを沢山見つけてみてください!

 

 

 

◆栗林歯科医院 公式LINE始めました!

治療に関するご相談、ご予約はLINE

メッセージからも承ります。

お気軽にお問い合わせください。
公式LINEの友達追加はこちら↓

https://lin.ee/8eeSWd

◆公式Instagram始めました!

お口に関する情報を配信しています。 是非、覗きにきてください!

栗林歯科医院公式アカウントのフォローはこちらからお待ちしております↓

https://www.instagram.com/kuribayashishikaiin_official/channel/?hl=ja