TSUSHIMA通信 vol.1

TSUSHIMA通信 vol.1

歯科医師の津島克哉です。

今年、1月に栗林歯科医院に入社してもう半年が経ちました。

まずは、簡単に自己紹介を。 生まれは、広島県で高校生の頃は硬式テニス部に所属し全国大会に出場するくらい部活に励んでおりました。

 

 

高校卒業後、東京の広告代理店にてサラリーマンを経て、一念発起し歯学部受験をし、ライセンスを取得しました。

歯科医師として、これまで静岡県は沼津市立病院の口腔外科、千葉の大学病院を経て今に至ります。

まだまだ、至らぬ点があるとは思いますが、サラリーマン時代の経験も生かし、患者様に寄り添い且つ判りやすく的を得た説明が出来るよう頑張ります。

さて、こんな堅苦しい自己紹介はここまでにして、私の趣味についてご紹介させていただきます。

 

 

趣味は、格好良く言えばスポーツ観戦。

悪く言えばカープバカです。

近年、流行語大賞でも取り上げられていますが、カープ女子で話題のあの広島東洋カープです。

地元が広島と言うことで生まれた時からカープの帽子を被って育ったようなものです。

広告代理店勤務時代、政治・宗教・野球の話はお客さんとするなと言われていましたが、僕は堂々とカープファンを語ってきました。

なぜなら、我が広島東洋カープは24年間優勝がなく12球団で最も優勝から離れているんです。

簡単に言えば、弱い球団なので他のチームのファンの方々も、同情してくれるわけです。

 

先日お休みを頂き、神宮球場と横浜スタジアムに行って参りました。

 

こちらの写真は選手揃い国家斉唱。

 

関東とはいえブーム!?なのか最近カープ応援席(ビジター)はここ数年チケットが中々取れないです。

 

 

真っ赤です!!

 

しつこいですけど、もう1枚!

得点し、万歳している瞬間です!

 

しつこいですけど、本当に真っ赤です。

完全にホーム球場の勢いでした。

カープの成績次第で私の心は乱れそうですが、平常心で治療には挑みたいと思います。

 

 

 

では、最後に、歯科に対するQ&Aです。

 

Q,口内炎は治りますか?

口内炎自体は市販あるいは処方のお薬で治ります。

後、しっかりビタミンを摂取すれば治ると言われています。

レーザーで治癒するとも言われています。

ただ、ここで一番大切なのが、口内炎という診断に至るまでです。

口内炎に類似した疾患は沢山あります。

口内炎だと思い、口腔がんだった患者様も以前いました。

口腔がん等の悪性腫瘍は早期発見、早期治療が非常に重要です。

つまり、特に異常がなくとも定期検診は忘れずに宜しくお願いします。

 

初ブログ長くなりましたが、今後も宜しくお願い致します。

歯科医師 津島克哉

 

 

 

 

記事執筆者

津島 克哉

栗林歯科医院 院長の津島 克哉と申します。 医療技術の進歩に伴い、人生100年時代と言われています。 そこで、10年、20年先を見据えた長期予後に重きを置き、一本でも多く歯が残り食事に困らない人生をサポートしていきます。 また、局所的な『歯』を治すだけではなく、『人』『全身』を考えた治療を行うよう、日々研鑽を積んでおります。 大学病院で学んだ、全身管理の知識も生かし、最適な治療を提案いたします。 最後になりますが、私は患者さんとの『対話』も非常に重要であると考えております。 そこで、『心の声』にも耳を傾け、治療を進める上で患者様に納得して頂ける様、丁寧な説明も心掛けております。 どんな些細なことでも結構です。 いつでもご相談下さい。 宜しくお願い致します。