栗林歯科医院の根管治療 〜歯科用顕微鏡の世界〜

【 本院 院長 】 

皆様、こんにちは。台風が去り暑い日が続きますがいかがお過ごしですか!?

 

実は、私は広島出身です。

先日、西日本豪雨によって多大なる被害を受けたようです。

山に囲まれている地理上、広島中心部から車で20分も経てば山々に囲まれた団地が点在するので、豪雨に伴って土砂崩れが多発したようです。

また、河川に囲まれているので河川の氾濫も招き、幹線道路の通行止めに伴い物資の不足も顕著だったようです。

 

ただ、そんな時に

全国からボランティアの方々が集まり、

全国各地から義援金の呼びかけがあり、

海外も良いですが、、

世界から賞賛された、サッカーW杯試合後のサポーターのゴミ拾いを見た時と同じく、『日本人っていいな!』と思いました。

 

さて、話は戻りまして、今回は当院で使用している歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)についてご説明します。

 

 

多くの患者さんは神経の治療をされたことがあるかと思いますが、当院では殆ど全ての患者様にこのマイクロスコープを使用しています。

 

マイクロスコープの写真です。

 

yjimage

GetImage.ashx

 

 

 

それでは、このマイクロスコープの世界へ皆様お連れしましょう。

 

ここからは、言語より視覚ということで写真が多めになります。

 

まずは、

 

1

 

普通の1000円札です。

 

これを少し拡大してみますと、

 

2

 

もう少し拡大してみますと、

3

 

ここまでは、肉眼の世界です。

 

それでは、マイクロスコープの世界へ行ってみましょう。

 

 

DSC01199

 

 

 

何か隠された文字が見えるでしょうか!?

 

実は、この花びらの中に

 

 

 

5

 

ニ ホ ン

と書いてあるのです。

 

マイクロスコープでさらに拡大(約20倍)をしますと

6

 

7

 

8

 

 

造幣局の努力がわかりますよね!

 

ではなく、絶対に肉眼で見れない細かいところを見る事が可能なのです。

 

根管治療とは、歯の中の細菌をどれだけ減らせるかというのが重要です。

つまり、このように拡大してみていく、ミクロ単位の細菌を死滅させるとより予後がよくなります。

 

で、実際の治療途中の歯の写真です。

まずは原寸大です。

 

9507 小林 美栄 2018.07.17 4

 

 

拡大すると。

 

9507 小林 美栄 2018.07.17 3

 

さらに拡大すると、

 

9507 小林 美栄 2018.07.17 1

 

 

となります。

 

しつこいですが、このように顕微鏡を用いて治療することにより再感染を防ぐ事が可能となります。

 

是非、治療前にお口の中以外も見せてもらうと実感が湧くかもしれません。

 

 

最後に、海の日に金沢、大阪と日進月歩進化する新しい歯科知識と技術の研鑽のため行って参りました。

 

e502dccd14d41898534382b1ffb465f4

 

 

IMG_7610

 

 

我々歯科医師は、患者さんにより良い医療を提供すべく常に知識と技術のアップデートが必要と改めて実感しました。

 

尚、栗林歯科医院ではお盆も休まず診療していますでので、お困りなことがありましたら気軽に連絡下さい。

 

医療法人社団 栗林歯科医院

歯科医師 津島  克哉