ヨーロッパの根管治療の現状

今年の6月にスウェーデンのイエテボリに研修に1週間行ってきました。

 

スクリーンショット 2018-07-30 10.23.26

 

 

スウェーデンに日本からの直行便がないので乗り継ぎを含めて15時間くらいです。

 

スクリーンショット 2018-07-30 10.26.54

 

イエテボリという街の主な交通機関はトラムという路面電車です。

大学までこのトラムに毎日乗っていました。

 

スクリーンショット 2018-07-30 10.27.04

 

ここはイエテボリの中で「Haga地区」と言われる場所で、石畳みになっていて昔のヨーロッパの雰囲気を感じられるところでした。

 

スクリーンショット 2018-07-30 10.27.14

 

スウェーデンでは6〜9月まで白夜となっていて、

上の写真は夜23時に撮ったものです。とても明るかったです!

 

スクリーンショット 2018-07-30 10.27.28

 

こちらがイエテボリ大学です。スウェーデンでは4つの大学しか無く、全て国立です。

ここで5日間、根管治療について勉強しました。

では、根管治療についてお話しします。

根管治療とは何かは、以前、みんなが知りたい“歯”の話のブログのなかにもありますので

詳しく知りたい方は以下のタイトルをクリックしてください。

 

根管治療について

 

根管治療の流れ ~なぜ治療に時間がかかるの?

 

スウェーデンでは20歳までは国の社会保障で医療費は無料です。

その代わり税金が高く、国民健康保険が無いため、すべて自費(私費)になっています。

20歳までに虫歯になることはほとんどないそうです。

なので、大学病院に根管治療で来院される患者様は40、50代が多く、再治療が多いそうです。

また根管治療で歯を保存する場合でも高額な治療費になります。

 

このようなことを踏まえて

まずは虫歯にならないようにすることが大事です。

予防に関しては、みんなが知りたい“歯”の話のブログの

 

歯科検診を通じての虫歯・歯周病予防

 

をクリックしてください。

 

予防していて、虫歯になってしまったら今度は「歯の神経を残す」ということが大事になってきます。

 

スクリーンショット 2018-07-30 12.07.27

 

一時的な痛みは生活に支障がなければ、そのまま様子を見ることをお勧めします。

 

それでも痛みがある場合は

神経を取る、根管治療が必要になってきます。

根管治療をする場合は、細菌の感染を抑えることが大事になってきます。

細菌の侵入を防ぐために、滅菌した器具やラバーダム防湿をする必要があります。

スクリーンショット 2018-07-30 12.52.17

当院の滅菌レベルも高いものを使っています。

 

 

スクリーンショット 2018-07-30 12.38.44

当院では根管治療の際は必ずラバーダム防湿をしています。

唾液の中には無数の細菌があるので唾液(細菌)の侵入を防ぎます。

 

根管治療の目標(ゴール)は

歯の中の神経が入っている管(根管)の中のバイオフィルム(細菌)を無くすことが目標になります。

 

そのためにはしっかり洗浄・消毒が必要になります。

 

何回か繰り返し、バイオフィルム(細菌)が無くなれば、

 

根管の空洞(隙間)を埋めるために、最終的なお薬を入れて終わりになります。

 

 

 

 

 

スウェーデンに行っていみた感想は

1、長年の研究データに基づいて根管治療を行っている。またバイオロジー(細菌学)の考え方がベースになっている。

2、滅菌レベルが高い。

3、スウェーデンの歯科治療と日本の歯科治療は同じこともあったが、経済的な問題も関わっている。

 

当院でもスウェーデンと同じような治療レベルを提供できている部分もありますが、

より質の高い治療を提供できるよう、

今回学んできたことを、スタッフ全員で共有していきたいと思います。

 

スクリーンショット 2018-07-30 10.27.43