誰も知らない!知らないと損する顎関節と噛み合わせの話(顎関節症と歯の破折など)

【 理事長 】 

顎関節と噛み合わせ(顎関節症と歯の破折など)についてアップします。

 

歯科医院の最終目的は、『噛み合わせ』になります。

 

まずは、鏡でご自身の歯を見てみてください。

また、顎の部分に手を あててみてください。

 

 

噛み合わせが悪いと、、、

 

歯が壊れるか

顎が壊れるか

 

のどちらかになる可能性があります。

 

 

歯が壊れる場合は、、

 

歯根破折(歯の根っこが割れる)

歯冠破折(歯そのものが割れる)

マイクロクラック(歯にヒビが入る)

チッピング(歯が欠ける)

 

という症状が出ます。

 

スクリーンショット 2017-06-03 10.58.01

 

スクリーンショット 2017-06-03 10.58.11

 

また、顎が壊れる場合は、、

 

顎関節症(顎が痛くなり開かなくなったり、開くときにパキパキやカクカク音がする)

 

というものになります。

 

 

顎関節症を治療する場合は、歯の矯正、補綴、スプリント療法(マウスピース)、顎関節ストレッチングなどがあります。

 

矯正とは、歯を動かして、安心安全な位置へ移動して、正しい噛み合わせを作ることです。

補綴とは、虫歯や噛み合わせなどで無くなった歯を補うために被せる治療です。

スプリント療法とは、噛むと顎がずれる方が多いので、噛まない状態で顎の正しい位置に、マウスピースをもってくるという治療です。

顎関節ストレッチングとは、当院の安香先生が長年培われた経験もと作られた手法です。簡易的に改善傾向になります。

 

 

顎関節症の治療は、栗林歯科医院では、専門的に行っています。

キャディアックス、Cadiax(顎運動検査)を行い、顎の正しい位置を計測したり、顎関節症の原因を診査診断します。

 

この治療法は、ウィーン大学のシュラビチャック教授により開発され、世界中で広がっています。

顎関節症の治療法は、さまざまありますが、栗林歯科医院でも最も信頼出来る安心安全な治療法として取り入れています。

私自身、2011年よりウィーン大学補綴科に留学して、直接、シュラビチャック教授から指導を受けました。

DSC_6924

 

DSC_8360

 

2016年には、栗林歯科医院の取り組みが認められ、ヨーロッパの国際学会で発表させて頂きました。

今後も世界に向けて発信して、栗林歯科医院の患者さんが常に安心安全な治療や予防を受けられるようにしていきます。

スクリーンショット 2016-09-09 14.05.16 スクリーンショット 2016-09-09 8.58.45

 

 

 

 

栗林歯科医院のキャディアックス、Cadiax(顎運動検査)のシステム

 

◎1日目

1、問診(過去、現在、未来、患者さんがどうであったか?どうなりたいか?をお聞きします)

医療法人社団 栗林歯科医院様 (38)

 

 

2、口腔内写真(歯と歯茎、骨の状態を写真で記録します)

医療法人社団 栗林歯科医院様 (1)

 

 

3、顔貌写真(審美、目の平行性、耳の平行性、骨の状態、筋肉の状態、顔全体を様々な角度から写真で記録します)

 

4、噛み合わせ記録(ウィーン大学の特殊な材料で記録します)

医療法人社団 栗林歯科医院様 (69)

 

 

5、顎の正しい位置を記録

 

6、模型の型取り

医療法人社団 栗林歯科医院様 (61)

 

 

7、顎関節のレントゲン撮影(顎関節の形を記録します)

 

1日目と2日目の間に、ブラックスチェッカー(寝ているときの噛みわせを記録します)を患者さんに行っていただきます。

※栗林歯科医院では、マウスピース類は全て、バイオスター®という世界最高峰の機械で精密に歯科技工士により作られています。

医療法人社団 栗林歯科医院様 (58)

噛み合わせは、昼(意識)と夜(無意識)で診査しなくてはいけません。

ブラックスチェッカーは、寝ている時の噛み合わせ診断に適した装置で世界中で使用されています。

 

 

2日目

キャディアックス、Cadiax(顎運動検査)

医療法人社団 栗林歯科医院様 (14)

医療法人社団 栗林歯科医院様 (34)

 

3日目

担当医より顎関節と噛み合わせに対しての報告を行います。

過去、現在、未来における報告。

過去の歴史を経て、なぜ、今、このような状態になったのか?

また、未来、どのような事態が予測されるか?

 

治療する場合の内容、期間、費用などを詳しく説明します。

 

医療法人社団 栗林歯科医院様 (47)

 

医療法人社団 栗林歯科医院様 (54)

 

最近では、紹介患者さんが増えていて、顎関節症で苦しんでいる患者さんは多いと感じています。

 

 

 

医療法人社団 栗林歯科医院

栗林研治