歯を残せる3つのこと!! 3つさえ予防すれば歯は一生残る!!

【 理事長 】 

理事長の予防に対する考え方

1、虫歯
2、歯周病
3、噛み合わせ

この3つを予防すれば、歯は一生残ります。

1、2、はばい菌が原因です。
歯茎から上についたばい菌が原因で起こる『病気』が虫歯。
歯自体がなくなる病気です。

歯茎から下(歯茎の中)についたばい菌が原因で起こる『病気』が歯周病。
周りの骨がなくなる病気です。
周りの骨がなくなり、結果、歯を維持できなくなり歯が抜け落ちます。


3、が悪い場合は、『歯』が壊れるか、『顎』が壊れるか、します。

歯が壊れる ことには、、、
ヒビが入る
歯が割れる
根っこが割れる

顎が壊れる ことには、、、
顎がすり減る
顎がガクガクする
顎が外れる
顎が音する

もし、小さい頃から歯並びを良くすると歯にヒビが入るリスクがなくなり、結果、歯が保たれます。


1、3、はヒビの部分に、ばい菌が入り込むと歯ブラシではとれなくなり結果、虫歯が進みます。

2、3、は歯周病が進んでいる部分に、噛み合わせが悪く過度な力が加わると一気に歯周病が進みます。


1、虫歯
2、歯周病
3、噛み合わせ

この3つを予防すれば、歯は一生残ります。


以上、栗林歯科医院での予防の本質は、このように考えています。


そのために、

適切な診査診断(病気と噛み合わせの見極め)

が必要になります。

 

 

栗林歯科医院 理事長 栗林研治

理事長 栗林研治