入れ歯って入れなきゃいけないの??

入れ歯って入れなきゃいけないの??

お久しぶりです。

歯科衛生士の森さくらです。

今回は抜歯後の歯の治療について説明していこうと思います。

通常親知らず以外の歯を虫歯や歯周病、その他の要因で抜歯した場合

その部分を補う治療が必要となります。

誰でも知っている「入れ歯」は、まさに抜いた部分を補う治療のひとつです。

では、なぜ歯を抜いた部分をそのままにしておいてはいけないのでしょうか?

 

今回は奥歯を抜いた患者さんの例を出して説明していこうと思います。

 

 

この患者さんは親知らずの手前の歯を抜歯しました。(赤い歯のイラスト部分です)

ここを抜いたまま放置してしまうと噛み合う上の歯がどんどん下に降りてきてしまいます。

 

噛み合う歯がないと歯は動いてしまいます。

歯が降りてきてしまうと、全体の噛み合わせがズレたり

左右反対側の奥歯に負担が増えてしまうこともあります。

負担が増えてしまえばそれだけ虫歯、歯周病のリスクは高くなってしまうのです。

抜いたまま放置するのは他の歯の寿命を縮めてしまいます。

 

抜いた歯を補う治療の種類は様々ありますが

入れ歯(絵が下手ですみません。。。)

 

またはインプラント(こちらも非常に下手な絵ですみません。。。)

 

などの治療をすることによってほかの歯を守ることにもつながります。

入れ歯を作ったけどあまり入れてなくて入らなくなってしまった方

歯を抜く治療で終わってしまった方

いませんか?

 

まずはぜひご相談をお待ちしております。

どんなことでも遠慮せず質問してください。

わかりやすく丁寧にご説明いたします。

記事執筆者

森 さくら

こんにちは。 歯科衛生士の森さくらです。 患者様1人1人に合わせた診療を心掛け、みなさんの健康をお口の中からサポート していきたいと思います。 どうぞよろしくお願い致します。