オフィスホワイトニング、はじめました♩施術中はどんな感じ?しみる?痛みは?食事は?

【 歯科衛生士チーム リーダー 】 

皆様こんにちは。

 

 

桜もあっという間に散り、緑が増えてきて、暖かく過ごしやすい季節になりましたね。

 

 

 

 

新しい環境、新しい生活が始まり、徐々に慣れてきた頃でしょうか?

 

まだまだでしょうか?

 

新たなスタートを切った皆さん、一緒に頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

そんな新生活にもピッタリ?なオフィスホワイトニングについて本日もお話します。

 

 

4月から当院でもオフィスホワイトニングを導入致しました。

 

 

 

 

今回は施術中について、その後のケアや痛み・食事についてなど詳しくお話していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

施術時間は60分〜75分ほどです。

 

 

 

ホワイトニングジェルの塗布と光照射(7~15分)を1セットとし、これを3回繰り返します。

 

 

 

 

まずはじめに現在の歯の色はどれくらいなのかシェード(歯の色の段階を表すもの)をチェックし、写真を撮影します。

 

i005

 

 

 

 

終わったら、口を開けていられるように器具をセットします。

 

目を光から守るために保護ゴーグルを装着します。

 

 

ラクに開けられるような補助をしてくれるものなので口を開けっ放しにしている辛さはほとんどありませんが、長時間引っ張られた状態なので唇やほっぺたに痛みを感じることがあります。

 

綿やガーゼを入れるので圧迫感があります。

 

image-3

 

 

施術後引っ張られた影響で口の周りが赤くなる方もいます。(一時的です)

唇の乾燥を防ぐ為、器具を装着する前にワセリンやココアバターを塗布します。

 

 

 

 

 

いよいよ施術に入ります。

 

まずは歯ぐきを保護する為の材料を塗布します。

(上記の画像の青い材料です)

 

 

しっかりと覆うことで歯ぐきにジェルが漏れるのを防止します。

 

 

これを3分光照射をし、固めます。

 

 

 

 

 

 

 

固まったらホワイトニングのジェルを塗布していきます。

 

 

image-4

 

 

透明のジェルをパールほどの大きさで乗せていきます。

 

 

この状態で7分〜15分光照射をします。(これを3セット行います)

 

 

image-2

 

 

 

 

 

 

◎施術中に起こりうること◎

 

  • 歯や歯ぐきがしみたり、ビリビリ、ズキズキ、ドクドクといった痛みを感じる
  • 人によっては唾液がうまく飲み込めない
  • 強い光照射のよって熱さを感じる

 

 

 

 

また、施術後に歯ぐきが白くなることがあります。

 

これは施術中に薬液が漏れてしまったり、保護剤がはみ出してしまったりした時に起こります。

 

一過性のもので、10分~1時間で自然の状態に戻りますのでご安心ください。

 

 

 

 

人によっては施術後24時間の間にドクンッという拍動痛を感じる方もいらっしゃいます。

 

しみるような症状も起こります。

 

ずっとではなく、ふとしたタイミングで起こります。

 

 

 

ちなみに私は施術中歯ぐきがしみたり、歯や歯ぐきがビリビリするのを感じました…

(私は痛みに敏感な方ではないので我慢できる程度でしたが、痛みに敏感な方は辛いかも…)

 

ですが施術後はまったく痛みが出ませんでした!

 

痛みやしみることに関してはやはり個人差がございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施術後の歯は白さがすぐ出るので歯を見せたくなります♩(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎施術後の注意点◎

 

  • 施術後24時間は着色するもの(色の濃いもの)の飲食は控える

 

  • 豆腐や納豆などの大豆製品は控える

 

  • 炭酸やアルコール類、酸性のもの(お酢・ドレッシング)は控える

 

タンニン(赤ワイン・紅茶・お茶・バナナ・りんごなど)、ターメリック(カレー)、

クロロゲン酸(コーヒー・さつまいも・じゃがいも・ごぼうなど)、アントシアニン(ブルーベリー・ぶどうなど)、

イソフラボン(豆腐・納豆・豆乳・醤油・味噌など)

 

 

 

上記のものは特に着色しやすいので控えた方が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ24時間控えた方が良いのかといいますと、

 

ホワイトニング剤によって歯の表面を覆う薄い膜(ペリクルと呼ばれるもの)が一時的になくなり、エナメル質がむき出しの状態になります。

 

そうすると、着色物をダイレクトに吸収するので歯が着色してしまいます。

 

 

ですのでペリクルが形成されるまでは特に気をつけましょう。

 

 

 

もしも着色物を食べてしまった場合は時間を空けずに歯磨きをしましょう。

 

 

 

24時間以降は基本的に何を召し上がっても構いませんが、

着色するようなものを過度に摂取すると、やはり白さを持続させるのは難しいと思います。

 

 

 

茶渋や、ばい菌の除去を定期的に行うことは歯を綺麗に保つことにも繋がりますので、定期健診も行いましょう。

 

一回の施術で綺麗になりますが、もっと白くしたい!という方は何度でも出来ます。

 

 

また、ホームホワイトニングと併用するとさらに白さをキープできますし、持続力もあります。

 

 

オフィスホワイトニングを定期的に行うことももちろん効果的です。

 

 

 

 

 

短期間で白くなりますので、結婚式やイベントを控えている方には特におすすめです♩

 

 

 

 

ただし以前のブログでも触れましたが、

虫歯や歯周病があると行うことは出来ませんので検査が必要です。

 

 

 

 

 

 

洋服やメイクで綺麗になると気持ちも高まり、良い気分になりますよね??

 

歯も綺麗にすると自然と笑顔になれると思います♩

 

 

ピカピカにしてもっともっと輝きましょう!

 

 

 

 

医療法人社団 栗林歯科医院 歯科衛生士 小野寺 志穂