神経の炎症で起こる症状 

【 歯科医師チーム リーダー 】 

今回は神経が炎症を起こしてしまった場合どんな症状が出てくるのか、                          また治療せずに放置してしまうとどのようなことが起こってくるかをお話ししていきます。

 

 

1)知覚過敏
冷たい飲み物を飲んだ時、うがいをした時に歯が一時的に痛む状態です。
原因としては、噛み合わせ(食いしばり、歯ぎしり)、歯肉の退縮、過剰な歯ブラシ圧など
によって歯の表面のエナメル質が薄くなる事で起こります。
この場合、染み止めのお薬の塗布、詰め物を行って染みるのを止めます。
知覚過敏を放置すると神経が炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

2)歯髄炎

歯髄炎とは神経が炎症を起こしている状態で細菌感染や痛みなどの刺激によって起こります。
初期症状では冷たいものや甘いものを口に含んだ際に痛みが出ます。治療せず症状がさらに
進行すると温かいものでもしみるようになったり、就寝時に痛みが強くなる、持続的な強い
痛みが出てき、噛むと痛みが出ます。
このような症状が出てくると神経を保存することが難しくなってきます。

 

 

 

 

 

 

3)根尖性歯周炎
歯髄炎をが進行すると神経の空洞に細菌が繁殖し、根の先に膿の袋を形成します。
症状としては噛んだ時に痛みが出る、歯が浮いた感じがする、歯茎にできものができ
割れると膿が出てくる、歯によっては上顎にある副鼻腔という空洞と交通して副鼻腔炎を
起こしたり、膿の袋が大きくなると最悪、歯が保存不可能になることもあります。

 

 

 
以上の病気になると神経の処置が必要になることがあります。
神経の処置を行うと、歯がもろくなったり、虫歯になっても痛みを感じないことから歯の寿命を縮めかねません。
だからこそ、痛みがなくても定期的な検診を行い、早期治療をお勧めします。

 

 

 

現在の症状、治療に関して、不安な点や疑問点がある場合はいつでもご相談してください!

 

 

医療法人社団 栗林歯科医院 川野裕貴子