虫歯について〜子供の虫歯治療について〜

虫歯について〜子供の虫歯治療について〜

前回前々回と虫歯の原因や治療法についてのお話をさせていただきました。

今回は小児の虫歯予防に重点をおいたお話をさせていただきます。

そもそもの話をさせていただくと、子供は大人に比べて虫歯になりやすく、進行も早いのが特徴です。

さらに、気がついたらかなり虫歯が悪化しているのも非常に多いのが特徴です。

理由として乳歯と永久歯との構造的上の違いが挙げられます。

スクリーンショット 2018-01-13 20.38.54

乳歯は永久歯に比べてエナメル質や象牙質が薄い

我々の歯はエナメル質という非常に硬い物質と象牙質というエナメル質に比べると比較的に軟い物質で構成されています。エナメル質は外部からの刺激から歯を守る役割がありますが、乳歯のエナメル質や象牙質は薄く、その薄さは永久歯の半分ほどしかありません。つまり、虫歯になった場合に永久歯に比べると進行が早いのはその為です。

 

 ・永久歯に比べて乳歯の神経の領域が広い

歯の中にある神経領域を歯髄と呼びますが、乳歯の歯髄は永久歯の歯髄に比べて少し大きいのが特徴です。つまり、虫歯になった場合に早々に歯髄領域にまで虫歯が及んでしまって根っこの治療をしなくてはならないという状況になることが多いです。

このように永久歯に比べて乳歯は虫歯になりやすく、進行が早いわけですが、だからと言って乳歯は虫歯になっていいわけではありませんよね?

たまに親御さんに乳歯はいずれ抜ける歯だから治療する必要あるがのですか?と質問を受けることがありますが、答えは当然YESです。

乳歯が虫歯だと永久歯の虫歯になるリスクが上がる

前々回の内容で虫歯の原因について書かせていただきましたが、虫歯の原因は菌感染です。つまり虫歯には数多の数の虫歯の原因菌がいるわけですが、虫歯の近くに新たに永久歯が生えてくればその永久歯は常に虫歯の原因菌に晒されることになります。いくら永久歯だとしても生えてきてすぐの永久歯はまだ完全に出来上がった状態ではないので簡単に虫歯になってしまいます。つまり虫歯が口の中に残っている限り、他の歯は常に虫歯になるリスクがあると考えておかないといけません。

永久歯の歯並びに影響する

永久歯は元々乳歯があった場所から生えてくるのはイメージできると思いますが、乳歯には永久歯が生えてくるスペースを確保し、永久歯を正しい位置に誘導する役割があります。ですが虫歯によって乳歯の形が崩壊したり、最悪虫歯が原因で抜歯などを行うと、空いてしまったスペースに両隣の歯が倒れこんで永久歯の歯並びに影響を及ぼす恐れがあります。

永久歯が形成不全歯として生えてくる恐れがある

乳歯の虫歯を長期間ほっておくと根っこの先に膿が溜まってしまうのですが、その膿がある乳歯の根の先のところで永久歯が作られていきます。つまりバイ菌だらけの膿に晒されながら永久歯が作られるわけですから、形成不全の状態の歯が生えてくる可能性があるわけです。

子供の時から治療は大事ですし、何よりも虫歯にならないように予防に力を入れる必要があります。

栗林歯科医院では予防として3つに重点を置いてます

フッ素

 

歯に高濃度のフッ素を塗布する方法です。目安としては年2回の塗布が必要です。(虫歯のリスクが高い方は、頻度は高くなります)。フッ素は歯の表面のエナメル質と化学的に反応してより強固な状態になりますので虫歯予防として非常に重要になってきます。

シーラント

奥歯の溝を薄いフッ素含有の樹脂で塞ぐ虫歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているので虫歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、虫歯を防ぎます。

唾液検査

現在、栗林歯科医院では唾液検査を行い、口の中の細菌の状態いを調べ、その人一人一人にあった予防プログラムを提案しています。唾液検査によって自分自身が虫歯になりやすいのか、歯周病になりやすいのかを知ることでより高いレベルの予防を実現します。

お子様が将来的に歯に困らない人生を送るためには親御さん方が正しい知識をもち、予防の必要性を理解する必要があります。

医療法人社団 栗林歯科医院 歯科医師 和田俊一郎

記事執筆者

和田 俊一郎

歯科医師の和田俊一郎です。 わかりやすく、かつ丁寧な説明を心がけております。 また、自分や身内に受けさせたいと思えるような医療を提供できるよう全力で 診療させていただきます。 よろしくお願い致します。