虫歯・歯周病になる可能性を「見える化」〜ひとりひとりに合った予防歯科の提案〜

【 歯科衛生士チーム リーダー 】 

食べ物を食べた後には必ず歯磨きをしているし、甘いものもそんなに食べない…

なのにすぐ虫歯ができてしまう。

検診に行くたびに新しい虫歯、もしくは虫歯になりかけの歯が発見される…

自分の子供には歯のことで苦労させたくない。

身内に歯周病の人が多いけど自分もリスクがあるのだろうか。

最近歯磨きすると歯茎から血が出る。

 

こんな方はいませんか?

 

歯を失う原因の1位、2位に虫歯・歯周病があります。このふたつと破折やヒビの原因となる〝噛み合わせ〟を改善・予防できれば歯は一生残ると言われています。

スクリーンショット 2017-11-03 6.27.26

 

特に虫歯については原因が様々であり、さらに人それぞれ違うことから〝多因性疾患〟と呼ばれています。

原因が違えば予防方法ももちろん違います。

スクリーンショット 2017-11-09 18.17.37 スクリーンショット 2017-11-09 18.17.45

その個人個人のリスクを調べるツールが唾液検査です。

唾液検査は自分の唾液を調べることによって、虫歯や歯周病になる原因を知ることができ、それによってご自身にとって効果的で最善な予防策を知ることができます。

 

今回は唾液検査とはどのようなものなのか、することによるメリット、栗林歯科医院での「予防プログラム」の進め方について書いていきたいと思います。

 

1.唾液検査とは

唾液検査とは専用の唾液検査キットを使って唾液の量や、唾液中の虫歯菌の数、唾液の力などを測るものです。

当院ではリスクや年齢に応じて2種類の検査キットで検査しています。

 

2.唾液検査のメリット

2-1 自分のお口の中の状態を把握することができる

例えば具合が悪くなった時、病院を受診すれば血液検査をしたり、血圧を測ったりして今の状態がどうなのか、正常値と比べてどれくらい悪いのかを評価してから薬の処方を受けたり、点滴をしたりするかと思います。

歯科においても唾液を調べることで、今まで虫歯を繰り返してきた理由や今のお口の中の状況を知ることができます。また、その情報からこれからのリスクを予測でき、今後どのように予防して行ったら良いのか、気をつけるべきことなどの分析をすることができます。

 

2-2 あなたにあった虫歯予防の方法を知ることができる

検査をしてお口の中の状態を知る。これももちろん大切なことですが、最も重要なのはこれから新しい病気を作っていかないことです。検査後、歯科衛生士が検査結果と、生活習慣や生活背景、過去の診療の状況、食生活など虫歯と歯周病の予防に必要な情報をもとに、ひとりひとりにあった〝予防プログラム〟を作成します。

 

2-3 虫歯や歯周病を繰り返さないお口の環境を整えることができる

例えばテスト勉強をする時、〝ここからここまで〟と言われた方が勉強しやすかった記憶はありませんか?
原因が色々ある分、予防の仕方も多種多様です。あれこれ色々とやってみるのもいいですが、〝弱いところを強く〟して行くと、次第に病気を繰り返さない環境になっていきます。

 

2-4 生活習慣の見直しをするきっかけになる
歯周病や虫歯が生活習慣と深く関わっていること、意外と知らない方が多いです。結果の説明だけでなくなぜこうなってしまったのか、その原因を探ることで見えてくることはたくさんあります。

 

2-5  セルフケア用品の効果的な使い方を知ることができる
フッ素入りの歯磨き粉、どう使っていますか?歯磨き粉本来の使い方なら、ブラッシング後よくゆすぐこととなりますが、フッ素を効果的に使うのなら、お口の中にフッ素成分を留めとく目的でうがいは少なめの方が良いです。
これはほんの一例ですが、普段意識的に使っているフロスや糸ようじ、デンタルリンス。
ひとりひとりの生活やお口の中の状態に合わせて使用するなら、今の使い方が変わってくるかもしれません。
食生活、過去の治療、噛み合わせ、生活習慣、病気のリスク… トータル的に見ることができるから、オーダーメイドの予防プログラムを作ることができます。

 

3.唾液検査の種類と検査項目

栗林歯科医院で採用している唾液検査は2種類あります。

年齢、歯周病リスク傾向なのか、虫歯リスク傾向なのか患者さんに合わせて選択し、検査を実施しています。

 

3-1 デントカルト

虫歯のリスク判定に特化した唾液検査キットです。当院では、12歳以下の方、虫歯経験が多い方にこの検査を実施しています。

細菌を直接培養するため、目視で細菌を見ることができるのが特徴です。

lineup_img04

 

 

 

①検査項目と方法

①-1 唾液量

唾液はもともとお口の中を自動的に洗い流してくれる作用や、抗菌作用があります。

唾液が多く出る人ほど虫歯になりにくいです。

 

ガムを5分間噛んでいただいて、その間に出た唾液量がどのくらいかを試験管で測ります。

 

スクリーンショット 2017-11-10 10.05.30

 

 

①-2 唾液の緩衝能(唾液の力)

普段、お口の中は中性に保たれていますが、食事をすると酸性になり、歯を作っているリンやカルシウムを溶かしやすい環境になります。唾液にもリンやカルシウム成分が含まれており、唾液の分泌により溶けた歯の表面をもとに戻す力があります。

 

b

 

酸性から中性に戻す力のことを〝緩衝能〟といい、唾液検査では専用の試験紙に唾液をのせ、色の変化で判定することができます。

 

スクリーンショット 2017-11-10 10.47.20    スクリーンショット 2017-11-10 10.47.29

 

 

3-2-1

 

 

①-3 虫歯菌

虫歯に関連する菌は主に2種類あります。

✳︎ミュータンス菌

①舌からの採取

専用の試験棒を舌に数回当てます。

 

スクリーンショット 2017-11-10 14.29.02      スクリーンショット 2017-11-10 14.29.13

 

 

②プラークからの採取

 

スクリーンショット 2017-11-10 14.35.02      スクリーンショット 2017-11-10 14.34.08

 

 

✳︎ラクトバチラス菌

「唾液量測定」の時に採取した唾液を寒天の細菌培地にかけます。

 

スクリーンショット 2017-11-10 14.38.52

 

それぞれ24時間〜48時間専用の培養器にかけて細菌の培養を行います。

 

スクリーンショット 2017-11-10 14.40.41

 

 

 

スクリーンショット 2017-11-10 14.42.41

 

 

①-4 カリオグラム

カリオグラムとは虫歯の発生に関連する様々な因子、食事、細菌、感受性、環境から個人個人のリスクを判定し、虫歯を避けることのできる可能性を視覚的に表すものです。

 

スクリーンショット 2017-11-10 14.47.05

 

 

3-2 SMT(サリバマルチテスト)

デントカルトとの大きな違いは歯周病に関連する、歯茎の健康を見る項目があること、およそ5分間の測定で6項目と多岐にわたってリスク評価ができることです。

結果は数字とグラフで出て、細菌は培養にかけないので目視で見ることはできません。

主に歯肉炎、歯周病のリスクを抱え始める12歳以上の方に当院では実施しています。

①検査方法

SMTの特徴のひとつでもありますが、検査はごく簡単です。専用の液体をお口の中に含んで、10秒間ほどよくゆすぐだけ。

 

images

 

洗口後、吐出液を専用の試験紙に点着して専用の機械にセットして測定します。

    スクリーンショット 2017-11-10 14.50.58

②検査結果

検査結果はグラフと、平均値に対して測定値がどのくらいだったのかで出てきます。

 

02_c_l

 

③検査項目について

(1)歯の健康に関する項目

虫歯菌

虫歯菌の数が多いと虫歯ができやすかったり、虫歯の進行につながります。

酸性度(口腔内のph)

お口の中の状態が酸性度が高いと(唾液のphが低い)歯質が溶けやすいと言われています。(脱灰)

緩衝能(かんしょうのう)

唾液には虫歯菌が出す酸や、食べ物を食べた後の酸性に傾いた口腔内を中和する機能(緩衝能)があります。その機能が強ければ強いほど虫歯になりにくいと言われています。

 

スクリーンショット 2017-11-10 14.54.23

 

 

(2)歯茎の健康に関する項目

白血球

白血球はいわゆる体にとって警備員のような役割を持った細胞です。歯と歯茎の境目(歯周ポケット)で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加するため数値が大きく出ます。

タンパク質

口腔内の細菌や、歯と歯茎の間にある歯垢(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなります。

スクリーンショット 2017-11-10 14.55.27

(3)口腔清潔度に関する項目

アンモニア

口腔内の細菌の数が多くなると、口臭の原因物質であるアンモニアが増えると言われています。またアンモニアは歯ブラシの状態で変化しやすく改善することも可能な項目です。

4.検査結果からの〝予防プログラム〟の立案

このように様々な情報をもとにその人の〝病気のなりやすさ〟を調べることができ、個々に合った予防方法の提案が可能になります。

            スクリーンショット 2017-11-10 15.00.01

             スクリーンショット 2017-11-10 15.01.04

栗林歯科医院では検査結果と、虫歯・歯周病の知識を含めたリーフレットをひとりひとりに合わせて作成してお渡ししています。

スクリーンショット 2017-11-10 15.02.45

 

 

 

私たちの生活は〝食べる〟ことで支えられています。〝食べる〟ことは〝歯〟がなくてはなりません。

平均寿命が延びた今、歯の寿命が追いつかなくなってきています。いつまでも健康的に過ごすために、美味しい物をご自身の歯で食べて行くために、一度〝歯の予防〟について考えてみませんか?

医療法人社団 栗林歯科医院 歯科衛生士 森 明子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科衛生士森 明子

はじめまして。歯科衛生士の森です。 笑顔で健康に毎日を過ごすことができるように、お口の中の健康からサポート させていただきます。 患者様に安心して通っていただけるようにコミュニケーションを大切にします。 どうぞよろしくお願いいたします。

診療時間
9:00 - 13:00
14:30 - 18:30 - - -
14:00 - 18:00 - - - - -

休診日:GW(5月3日~5日)・年末年始(12月30日~1月5日)

平日
9:00-13:00 14:30-18:30
土・日
9:00-13:00 14:00-18:00
休診日
GW(5月3日~5日)
年末年始(12月30日~1月5日)
  • 〒279-0023
    千葉県浦安市高洲 2-4-10-2F
    インシップ医療モール内
  • GoogleMapsで見る>