子供の矯正について

子供の矯正について

小児矯正

小児矯正治療は歯を動かすだけでなく、成人の骨格へと成長する思春期成長期に入る11歳より前に、顎の骨を拡大したり、上顎を後ろや前に引っ張ることによって、骨格の大きさや形を改善します。第1期にあたる早期治療では、土台となる骨格の成長の軌道を修正し、思春期成長期に骨格の問題が大きくならないように治療します。同時に歯の生え方の問題にも対応します。成長終了後の第2期にあたる動的治療では、歯並びの仕上げ治療を行います。大きな問題が第1期治療で取り除かれているのでより効率的に、より美しく仕上げることができます。このように2段階の矯正治療を行うことで、抜歯や外科的矯正が必要となる確率を低くすることが可能です。

 

h-kuriki20170830

 

 

 

治療準備

検査の結果を踏まえて、矯正治療を開始する前に行うべき処置をします。矯正前に治療が必要な虫歯や歯周病があればその治療を行います。一部の叢生(歯の表面と高さが不揃いな状態)などの症状によっては、抜歯を行ったり、MFT(筋機能療法)や歯胚除去(未熟な親知らずを取り除く)を行う場合もあります。特殊なケースを除き、事前処置は当医院で行うことが可能です。併せて歯のクリーニングや矯正開始後のブラッシング指導も行います。

 

h-kuriki201708311            h-kuriki201708312

 

 

 

早期治療(第1期)

永久歯が生え揃わないお子様については、顎の成長を管理しながら治療を開始します。早期治療を行うことで、顎の成長を適切に管理、コントロールしながら、比較的負担の少ない治療が可能です(骨の成長が止まってからでは外科的な治療が必要な場合もあります)。治療開始時期は一般的に7〜10歳ころ。受け口の場合は6歳前後から始める場合もあります。月1回程度の通院を1〜5年程度行います。

 

 

主に使う装置

・トレーナー

低年齢(12歳未満)の子どもの、主に出っ歯を治す可撤式矯正装置。舌や唇が直接歯に触れないために押し出す力が排除され、就寝2時間前から就寝中に装着することで理想的な歯並びに誘引します。

h-kuriki201708313

 

 

・ムーシールド

開咬、受け口の矯正は11歳で上顎の成長が止まるまでに行うことが理想とされています。3歳から11歳未満のお子様に向けた矯正装置で、特に低年齢から治療を開始する事で、より大きな効果を得る事ができます。上顎の成長を促し、下顎の成長を抑制できることが特徴です。身体への負担が少なく、将来的に外科的な手術の必要性を低くすることができます。

h-kuriki201708314

 

 

・クワドヘリックス

上顎拡大と大臼歯(奥歯)のねじれや傾きを調整する固定式矯正装置です。11歳未満のお子様にお勧めしています。

h-kuriki201708315

 

 

・ハイラックス

狭い上顎を優しく広げるために使用する、低年齢(11歳未満)の子ども向け固定式矯正装置です。

h-kuriki201708316

 

 

・上顎牽引装置

ベネフィットとハイラックスを連結して使用する事で、上顎を前方へ成長させるための受け口の方に向けた装置です。比較的大きく、顔や頭を覆うため、自宅のみの装着となりますが、着脱は容易です。効果を得るためには就寝時に必ず装着する必要があります。

 

・マルチブラケット

歯の表面にブラケットという器具を取り付け、その溝にアーチワイヤーを通して三次元的に歯を移動させる装置です。上顎、下顎両方に使用できます。ブラケットは金属製、樹脂製(透明)と、セラミック製があり、上下の組み合わせは自由に選択できます。

h-kuriki201708317

 

 

 

経過観察期間

永久歯の萌出が完了していない場合や一部の症状によっては、動的治療に進む前に、一旦経過観察期間を設けます。矯正装置を外し、保定装置に切り替えて、一定期間経過を観察します。通院回数、期間は症状によって異なりますが、3ヶ月に1度のペースを目安に通院いただきます。

 

精密検査

経過観察期間を含む早期治療が終了したら、レントゲン検査や診察など、歯並びや顎の状態をチェックし、第2期にあたる動的治療に進むための準備を行います。検査のタイミングは、上顎の成長がほぼ止まる11歳です。

 

 

症例(反対咬合)

ムーシールド、ハイラックス、上顎牽引装置を用いて噛み合わせの改善を行いました。

歯並びはもちろんですが、横顔を観察すると口元が大分改善され、素敵な横顔になりました。

h-kuriki20170904             h-kuriki201709041

 

 

h-kuriki201709042               h-kuriki201709043

 

 

h-kuriki201709044                h-kuriki201709045

 

 

 

メリットと注意点

小児矯正の一番のメリットは、顎や歯が発育途中なため、それらの成長過程に合わせてコントロールしながら治療することが可能で、成人矯正に移ったとき永久歯を抜歯するリスクを減らすことができます。ただし、歯磨きの徹底や可撤式装置の装着時間を守っていただくためにはご家族のサポートが必要です。また成人よりも治療期間が長期にわたる可能性が高くなります。

 

矯正を始める時期や期間等などに関して相談を行っておりますので気軽にご相談ください。