歯科医師勉強会【5月29日】

カテゴリー:勉強会、セミナー 投稿者: 和田 俊一郎

歯科医師勉強会を行いました。

【内容】

窪田院長によるMaryland大学見学研修報告と栗林歯科医院予防システムについてプレゼンテーション

【感想】

今年の2月に栗林理事長と窪田院長がアメリカのMaryland大学に見学研修に行きました。Maryland大学は世界で1番古い歯科大学です。日本とは一味違ったアメリカの歯科治療及び歯科教育の話を聞くことができました。また、7月から栗林歯科医院では新たな予防プログラムど導入しようと今現在スタッフ一同で調整中です。今回は窪田院長から新たな予防プログラムの概要についてプレゼンテーションがありました。皆様により良い医療を提供できるよう努めていきたいと思います。


歯科医師勉強会【3/19】

カテゴリー:勉強会、セミナー 投稿者: 和田 俊一郎

歯科医師勉強会を行いました。

11月から全4回の総義歯の勉強会を行っております。

課題】

1人の患者様を通じて、総義歯の基礎から実践までをマスターして、自分の総義歯の患者様を幸せにする。

 

【内容】

完成義歯セット

【感想】

11月から外部講師の松丸悠一先生をお招きして、ライブデモンストレーション形式で勉強会を行いました。全4回の勉強会もいよいよ今回が最後だったので、実際に新しい義歯をセットして患者様のご希望だったアワビを実際に食べていただきました。義歯を使うようになってからずっとアワビが食べなかったので、期待している反面、やはり食べれないのではないかという不安もあったみたいですが、今回新たに製作した義歯では念願だったアワビもしっかり噛めるようになったと大満足だったみたいです。今回の勉強会を通じて義歯でもしっかりと物が噛めるということを学ばせていただきました。自分自身も今回学んだことを患者様みなさまに提供できるよう頑張りたいと思います。

DSC_6500DSC_6513  DSC_6549DSC_6561


散歩

カテゴリー:Blog , スタッフブログ 投稿者: 和田 俊一郎

こんにちは!

 

歯科医師の和田です。

 

関東に引っ越してきて早くも1年過ぎました。

 

北海道住みが長かったせいか、未だに関東在住に違和感を感じている次第であります。

 

さて、先日休みの日に代官山に用事があったのでそのことについて書きたいと思います。

 

代官山と言ったら地方出身の僕からしたらオシャレタウンの筆頭です。

 

そんなオシャレタウンを歩いていたら、、、

 

DSC_0048DSC_0049

 

なんともオシャレな佇まいです。

 

僕の知ってる「TUTAYA」ではありません、、、

 

なるほど、オシャレタウン代官山では「蔦屋書店」なんですね。

 

僕の持ってるTポイントカードは使えるんだろうか?と不安になりましたが普通に使えて良かったです。

 

その後、向かいにあるカフェ・ミケランジェロでまったりと過ごしてきました。

DSC_0047

まだまだ関東には知らないところがいっぱいあります。

 

関東2年目はもう少しいろんな街に行きたいと考えております。

 

【お口の悩みQ&A】

Q.歯間ブラシって必要ですか?糸ようじだけではダメですか?

 

A.画像を見たらわかる通り、歯と歯の間には隙間があります。

スクリーンショット 2017-04-07 23.48.33

また、画像を見てもらったらわかると思いますが、歯はくびれています。

 

実際に糸ようじで隙間の部分を綺麗にしようとしても中々くびれの部分まで綺麗にするのは困難です。

 

よってより効果的に汚れを取るために歯間ブラシは効果的だと考えられます。

 

虫歯、歯周病予防を考える上で歯間ブラシはなくてはならない存在です。


歯科医師勉強会【2/6】

カテゴリー:勉強会、セミナー 投稿者: 和田 俊一郎

歯科医師勉強会を行いました。

11月から全4回の総義歯の勉強会を行っております。

課題】

1人の患者様を通じて、総義歯の基礎から実践までをマスターして、自分の総義歯の患者様を幸せにする。

 

【内容】

1月  試適および排列位置の修正 、フェイスボウおよび顆路の測定 ライブデモンストレーション 120分

 

【感想】

11月、12月に引き続き2月も外部講師の松丸悠一先生をお招きして、ライブデモンストレーション形式で勉強会を行いました。今回は歯科技工士の須藤哲也先生もお招きして歯科技工士サイドの総義歯製作に際してのお話も聞けて非常に勉強になった1日でした。前回までに学んだことや今回新たに学んだことを患者様みなさまに提供できるよう頑張りたいと思います。


歯科用CTについて

カテゴリー:Information , 医院ニュース 投稿者: 和田 俊一郎

みなさんこんにちは。

広報プロジェクトです。

前回に引き続き今回も栗林歯科医院をもっと知ってもらおうと思い情報発信していきたいと思います。

では2回目は「歯科用CT」です。

歯科用CTとは?

CT画像

 

CTとはComputed Tomographyの略で、コンピューター断層撮影法という意味です。歯科用CTは医療現場で用いられているCT技術を歯科分野に応用した機械であり、X線を使って身体の断面を撮影して3次元的に画像化します。歯科の領域では特に頭頸部の画像化に特化して診断や治療に役立てられています。

◎歯科用CT画像とレントゲン写真の違いは?

親知らず2親知らず1

 

写真は同一部位のレントゲン写真とCT画像です。レントゲン写真は顎骨の形態や走行する神経の位置、歯が生えている方向把握することはできても2次元的な位置関係でしか把握できません。つまり歯や神経の位置がわかっていても実際にどのくらいの位置関係にあるのかを正確に判断することはレントゲン写真では不可能なわけです。しかし、歯科用CT画像では顎骨の形態や走行する神経の位置、歯の生えている方向、さらには骨密度の状態を3次元的に画像化する事が可能なため、より正確な診断する事ができます。

◎どのような治療に応用されるか?

・親知らず

骨の中に埋まっているような親知らずの抜歯を行う際に親知らずの根の先と神経までの距離というのは非常に大事な要素となります。親知らずの抜歯による神経マヒのリスクをより確実に、より安心安全に抜歯の準備ができるという面では抜歯の前にCT撮影を行うことは非常に大事なことと考えられます。

 

・根管治療

スクリーンショット 2017-03-04 14.02.27スクリーンショット 2017-03-04 14.03.02

スクリーンショット 2017-03-04 14.05.00スクリーンショット 2017-03-04 14.04.42スクリーンショット 2017-03-04 14.04.25

根管治療が必要か必要ではないかはレントゲン撮影でも判断することは可能です。しかし、レントゲン写真では2次元的な画像なので実際にその歯の根管がどのような形態か?根管がいくつあるかまでを正確に判断するのは限界があります。CTを用いる事で上記した通り3次元的に画像化する事が可能になるため、レントゲン写真では確認できない範囲まで視覚化する事が可能となります。

 

・歯周病治療

歯の支えとなる骨の破壊の程度がより詳細に確認する事ができるので、おおよその歯の寿命を予測する事が可能です。

 

・インプラント治療

インプラント1インプラント3インプラント2

インプラント治療においてインプラントを埋入する部位の骨の状態を正確に判断することは非常に大事です。骨の厚み、形態、高さ、骨の内部に存在する血管や神経の走行を事前に確認しておく事でより安心安全にインプラント治療を行うためにCT撮影を行うことはインプラント治療において必須だと言っても過言ではありません。

 

・矯正治療

矯正治療は歯を動かして歯並びを変えていきます。つまり土台となる顎骨の状態を知ることで歯の移動の限界を予測する事ができるため効率の良い治療が可能となります。また、現在では矯正用インプラントを固定源としてより正確かつ短期間で矯正治療を行うこと手段もあるのでCT撮影を行うことは治療の選択肢を増やすことにつながります。

◎栗林歯科医院では

栗林歯科医院では治療のケースによってCT撮影を行なっております。ケースによっては保険診療内で撮影することが可能です。CT撮影は基本的に口腔内審査とレントゲン撮影を行なった後に必要だと思われる症例ケースの場合にこちらから事前に報告いたします。


歯科用マイクロスコープとは?

カテゴリー:Information , 医院ニュース 投稿者: 和田 俊一郎

みなさんこんにちは。

広報プロジェクトです。

今回から全6回に分けて栗林歯科医院をもっと知ってもらおうと思い、我々がどのような治療をしているか?どんな機材を使用しているか?について書いていこうと思います。

では1回目は「歯科用マイクロスコープ」です。

、、、

、、、

◎歯科用マイクロスコープとは

マイクロスコープ

そもそもマイクロスコープとは顕微鏡のことを指します。顕微鏡を治療に使用するの?と疑問に抱いた方もいると思いますが、医療分野では古くから眼科や脳外科などでも使用されています。歯科治療においては一般的に肉眼とレントゲンなどで診査・診断を行います。しかし、中には肉眼では確認できない領域を治療する場合が多々あり、経験や勘、さらに手指の感覚で治療することもあります。歯科用マイクロスコープの導入により最大24倍まで拡大して見ることが可能となるため、肉眼では確認できない領域を細部まで確認し問題を把握することが可能になり、より精度の高い治療を行うことが可能になります。

、、、

、、、

◎具体的にどのくらい見え方が違うか

内山 睦美_2017.02.18_A005

内山 睦美_2017.02.18_A006

内山 睦美_2017.02.18_A004

内山 睦美_2017.02.18_A008

画像は根管治療中の写真です。肉眼レベルから最大24倍まで拡大していくと見えるレベルが全然違うのがわかると思います。

、、、

、、、

 

◎どんな治療で歯科用マイクロスコープを使うか

・根管治療

根管治療とは歯の中の神経が通る管を治療することを指します。この神経が通る管を肉眼で確認しながら治療するのは困難です。歯科用マイクロスコープを使用することで実際にこの神経が通る管の先端まで確認しながら治療することが可能となり、高い精度で治療することができます。

・外科治療

歯科用マイクロスコープを使用することで最小限の侵襲で、より精密かつ安全に外科治療を行うことが可能となります。さらに肉眼では確認できないレベルの感染源の異物の除去も可能となるため治療の成功率も向上します。

・歯周病治療

歯周ポケット内に潜む小さな歯石は肉眼では確認できませんが、マイクロスコープを使用することで取り残しを極力無くし、より効率よく歯周病治療を行うことができます

・虫歯治療

最大24倍まで拡大することが可能となるため肉眼では確認できないレベルの虫歯の発見も可能となります。さらに、虫歯のところだけピンポイントに除去することも可能となるため、余分な歯の切削も少なくなります。

、、、

、、、

◎栗林歯科医院では

栗林歯科医院では本院、第二診療所にそれぞれ1台ずつマイクロスコープを設置しており、治療に応じて栗林歯科医院のドクター全員がマイクロスコープを用いて治療しております。基本的に保険診療でマイクロスコープを用いて診療しておりますが、治療ケースによっては自費治療として行う場合もございます。その際は必ず事前に報告いたします。

 


歯科医師勉強会【11/7.12/26】

カテゴリー:スタッフブログ , 勉強会、セミナー 投稿者: 和田 俊一郎

歯科医師勉強会を行いました。

11月から外部講師として札幌コンフォート入れ歯クリニックの松丸悠一先生をお呼びして全4回の勉強会を行います。

 

【課題】

1人の患者様を通じて、総義歯の基礎から実践までをマスターして、自分の総義歯の患者様を幸せにする。

 

【内容】

11月 診査診断、印象、一次咬合採得 プレゼンテーション60分&ライブデモンストレーション90分

12月 精密印象および咬合採得 ライブデモンストレーション 150分

 

【感想】

実際に患者様に来て頂いてデモンストレーション形式の勉強会を行いました。松丸先生は総義歯界の若手エースと呼び声が高く、日本トップレベルの治療を間近で観ることができ、自分を含めスタッフ一同夜遅くまで真剣に勉強させていただきました。今回学んだことを少しでも多くの患者様に提供できるよう日々精進していきたいと思います。 和田俊一郎

DSC_4329DSC_4447


寒くなってきました

カテゴリー:スタッフブログ 投稿者: 和田 俊一郎

 

こんにちは!

 

歯科医師の和田です。

 

最近寒くてなかなか布団から出たくない毎日を過ごしております。

 

皆さんはどうですか?

 

さて、11月に突入し年末もすぐそこまでやって来ましたね。

 

去年まで住んでた北海道ではそろそろ本格的な冬のスタート時期であり、また憂鬱なシーズンの到来だと落ち込み出す時期でもあります。

 

福岡で生まれ育ったので雪には凄い憧れがあったのですが、自分が住んでた地域はだいたい気温がマイナス15℃くらいで、ひどい時にはマイナス20℃以下になる事もよくありました。

 

積雪量もかなり多いところだったので早朝の3時頃から業者が除雪してるのですが、それでも朝外に出たら膝下くらいまで雪が積もってるのが普通です。

 

そんなガチの雪国で10年近く過ごしたので、雪がない冬を過ごす事に違和感を感じます。

 

とりあえず冬の北海道に行くのはしばらくしてからでいいかなと思いつつ、来年のGWあたりの連休で北海道に花見をしに行けたらいいなと密かに計画中です。

 

話は変わりますが、10月30日は我が栗林歯科医院の理事長の誕生日でしたので当医院のセミナールームで盛大に誕生日会が行われました。

 

当日はハロウィンという事もあり、コスプレをして楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

自分も理事長みたいにみんなに愛される人間になれるよう頑張りたいと思います。

 

 

Q&A

Q  リステリンで洗口していたら虫歯にならないようになりますか?

A  歯ブラシをせずにリステリンのみしか使っていなかったら虫歯になる可能性は大いにあります。

虫歯の原因はプラークであり、プラークを取り除くには歯ブラシのように物理的な手段でないととれません。

つまりリステリンでの洗口のみでは歯の周りにこびりついたプラークは取り除けないので、虫歯になるリスクは高くなるわけです。

もしリステリンを使うのであれば歯磨きの後に使用するのが効果的です。


はじめまして!

カテゴリー:スタッフブログ 投稿者: 和田 俊一郎

はじめまして!

4月から入社した歯科医師の和田と申します

よろしくお願いします

まずは自己紹介をさせていただきます

生まれも育ちも福岡です

福岡はよかとこですよ!

ラーメンは当然とんこつです!!

関東でおすすめのとんこつラーメンのお店があったら教えてくださいね

ちなみに大学は思いっきり北上して北海道に行きました

大学生活の話は今後のブログに書きたいと思います

さて、関東に引っ越してきてから早3ヶ月弱

関東は観光する場所が多くて、いまいちどこに出かけたらよいのかわからず困っております

先日、とりあえず横浜に行ってみたのですが

あいにくの雨、、、

DSC_0609 DSC_0614

 

でもシーバスから見た景色や山下公園から見た夜景は最高でした!!

これから色んな所に行って関東ライフを満喫したいと思います

【お口の悩みQ&A】

Q、キシリトール入りのガムを噛んでれば虫歯予防になりますか?

A、キシリトール入りのガムを噛んでも虫歯にならないわけではないのでご注意ください

虫歯の原因菌は糖分を栄養源にして活動(酸を出す)します

つまり人が口にする食べ物に含まれる糖分を栄養源としているわけです

では、キシリトールとは何なのか??

キシリトールとは代用甘味料と呼ばれる物で、早い話甘いけど糖分じゃない物だと認識して下さい

つまり虫歯の原因菌が糖分だと思ってキシリトールを摂取しても糖分じゃないから栄養源にできないわけです

栄養源がない虫歯の原因菌は活動できなくなるので、結果的に虫歯の予防になると考えられるようになりました

しかし、キシリトールが虫歯の原因にならないというだけの話であり、人は食べ物を摂取する限り糖分も摂取します

キシリトール入りのガムを噛んでいるだけでそのすべてを補うのはかなり厳しい話です

虫歯の予防の基本は日頃の歯みがきであり、キシリトール入りのガムを噛むことはあくまで補助的な役割くらいの認識の方がいいと思います

毎日食後にしっかりと歯をみがき、キシリトール入りのガムを上手く使って

虫歯のない健康な歯をつくっていきましょう!!