豊かな人生を約束する「最後の治療」へ


はじめまして。

医療法人社団 栗林歯科医院理事長、栗林研治です。

2009年、千葉県浦安市に開業して以来、地域の皆様、また当医院の特徴を知って他県よりお越しいただく患者様お一人おひとりの症状に、最適かつ、安心安全な治療を第一に心がけて参りました。

自分らしい暮らしを実現するために 「歯は一生の宝物」と考えてほしい

「よく聞くけれど実感がないのでピンとこない」

そう思われている方もいらっしゃるかもしれません。

自分自身の歯で噛めるということは、健康の源となる食事を美味しくいただけるということであり、正しい姿勢を維持し、自信に満ちた美しい笑顔をつくりだせることでもあるのです。

大げさに思われるかもしれませんが、歯科治療で人生が変わったという人を何人も見てきました。健やかな歯は、私たちの暮らしを本当の意味で豊かにしてくれる宝物のような存在です。

全ての健康は歯の健康から 欧米の常識を日本でも一般化していく

欧米では歯の健康を維持することは、身体全体の健康を維持することと同等と考えられています。80歳になっても美しい歯で、正しい噛み合わせを維持するためにはどのような治療が必要かということに、患者様と医療サイドがともに取り組んでいます。ところが日本では、対処療法的な虫歯の治療がまだまだ一般的というのが現状です。

そのような状況を目の当たりにし、危機感を持ったことから、世界の最先端治療の現場に触れるため、現在でも留学や研修に積極的に参加しています。

そこで得た知識や経験は治療やサービスに還元し、患者様と向き合うことに役立てています。それは包括治療に取り組むことであったり、メンテナンスの啓発に注力したり、さらにはスタッフの教育システムの確立といったことにも及んでいます。

歯科医師としての力を発揮するために 経営的な視点を持つということ

経営の大切さも留学先で学びました。技術を磨いていたとしても医院を維持できなければ活かすことはできません。「経営=教育」という観点から、当医院では人材教育にも注力し、スタッフ全員のプロ意識の向上やモチベーション維持のための教育システムの確立にも取り組んでいます。スタッフの成長は、患者様へより良い治療を提供することになり、延いては医院全体の成長にもつながるのです。

このような医院経営は、まだ一般的とは言えません。しかし、当医院の運営状況を見学したいと希望される方が後を絶たないのは、私と同じ立場で医院を経営されている医師の方々から共感、評価いただいている同様の志を持つ医師が多いということの現れだと考えています。

患者様の健やかで上質な暮らしを実現するための「最後の治療」へ。

その一助となることが、歯科医師として、また経営者の一人として何よりの喜びでもあるのです。

医療法人社団 栗林歯科医院 理事長栗林研治

理事長について

《 経歴 》
2003年 日本歯科大学 歯学部 卒業
2003年 医療法人社団 歯聖会 田中歯科医院 勤務
2009年 New York University CDE Program  卒業
2009年 医療法人社団 歯聖会 田中歯科医院 卒業
2009年 医療法人社団 栗林歯科医院 開院
2014年 Medical University of Vienna 卒業
2017年 東京西の森歯科衛生士専門学校
     保存歯周学講師/歯科衛生士総合講義講師 就任
2018年 MID-G 理事 就任
2018年 SMI World client of the year 受賞
2019年 FREUDE INTERNATIONAL Slavicek Concept 講師 就任

《 所属 》
日本歯周病学会
日本スポーツ歯科医学会
MID-G 理事
東京西の森歯科衛生士専門学校 保存歯周学講師/歯科衛生士総合講義講師
FREUDE INTERNATIONAL Slavicek Concept講師
理想の歯科医院経営コース講師
VieSID
日本歯科医師会会員
浦安歯科医師会会員 社保委員
日本スポーツ歯科医学会会員

《セミナーコース》
MID-Gレギュラーコース、MID-Gマニュアルコース、理想の歯科医院経営コース、FREUDE INTERNATIONALベーシックコース

《 受賞 》
2018年 SMI World client of the year

《書籍》
『DENTAL DIAMOND』 2016年3月号:「スタッフ教育を始めよう!」
『アポロニア21』 2018年1月号:「新人ドクターを6年でプロにする教育システム」
『アポロニア21』 2018年3月号:「3人の募集に47人応募!今どきの受付・助手採用戦術」
『ザ・クインテッセンス』 2018年7月号:「Dr.Slavicekによる奇跡的な学び」
『DENTAL DIAMOND』 2018年10月号:「院長が知っておきたいスタッフエデュケーション」
『ジュニアサッカーを応援しよう!』 2019年1月号:「ジュニア期に考えたい歯の重要性」
『アポロニア21』2019年4月号:「人材不足解消のための長期・中期・短期的対策」
『日本歯科評論』 2019年6月号:「取り入れたくなる院内マネジメントのTips<MID-G直伝>」
『日本歯科評論』 2019年7月号:「マネジメントのTIPS〈MID-G直伝〉」
『DENTAL DIAMOND』 2020年1月号:「Slavicek Concept(咬合学)をベースにした診査・診断の基本」
『DENTAL DIAMOND』 2020年1月号:「院長が知っておきたいスタッフエデュケーション」

《講演》
スタッフリンク、西東京歯科衛生士学校、日本メディカルコミュニケーション、ヨシダ東京本社、東京西の森歯科衛生士専門学校、青森歯科衛生士専門学校、野村不動産、ササキ株式会社、GC、青森歯科衛生士専門学校、北海道医療大学歯科衛生士専門学校、ヨーロッパ・オーストリアウィーン、株式会社プラネット、明治安田生命保険相互会社、株式会社プラネット、歯科未来大学、SMI仙台、トータルパースンとビジネス成功の鍵、日本歯科大学GADS、ヨシダ株式会社、Talknote 、デンツプライシロナアストラ、Study Club Showa、MID-G賛助会員意見交換会、藤井未来セミナー、原宿食サミット

《メディア出演》
グラクソスミス シュミテクトCM2015
テレビ東京 ガイヤの夜明け 2019
Doctorbook オーストリア咬合学 診査診断
Doctorbook 中部デンタルショー2019
Doctorbook Germany cairn iDS2019
Doctorbook 福岡デンタルショー2019

診療時間
9:00 - 13:00
14:30 - 18:30 - - -
14:00 - 18:00 - - - - -

休診日:GW(5月3日~5日)・年末年始(12月30日~1月5日)

平日
9:00-13:00 14:30-18:30
土・日
9:00-13:00 14:00-18:00
休診日
GW(5月3日~5日)
年末年始(12月30日~1月5日)
  • 〒279-0023
    千葉県浦安市高洲 2-4-10-2F
    インシップ医療モール内
  • GoogleMapsで見る>