無意識に頬の内側を噛んでしまう影響3つ

1.頬を噛んでいるサイン
2.歯ぎしり・噛みしめの影響
3.歯ぎしり・噛みしめの改善方法

1.頬を噛んでいるサイン

頬の内側を無意識に噛んでしまう方のリスクは、大きく分けて3つあります。
それは、歯・顎・頬のいずれか、もしくは全てを傷つけてしまう可能性です。

頬の内側を噛んでしまう癖は正式には「頬粘膜圧痕」と言います。
ストレスなどが原因で、歯ぎしりや噛み締めで歯が頬にあたり、頬の内側に白い線ができます。

2.歯ぎしり・噛みしめの影響

歯ぎしり・噛みしめの影響は下記です。

・顎関節症
・歯周病の悪化
・詰め物や被せ物の脱落
・歯のすり減り、破折、ひび割れ
・知覚過敏
・口内炎の繰り返し、重症化
・入れ歯の痛み など

3.歯ぎしり・噛みしめの改善方法

歯ぎしり・噛みしめの改善方法は、下記の通りです。

1)昼間(起きている時)

上下の歯を離すのを意識することで、噛み締めなどの防止になります。

2)夜間(寝ている時)

夜用のマウスピースを装着することで、就寝中に歯を噛みしめてしまうのを予防できます。

無意識に頬を噛んでしまっていると、歯・顎に影響したり、お口の中を傷つけてしまっているかもしれません。
口腔内を守るためにも一度、お気軽に当院にご相談くださいね!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 11月歯科衛生士勉強会【2022.11.22】

  2. 11月TC勉強会【2022.11.17】

  3. 管理栄養士による離乳食教室開催のお知らせ

アーカイブ
TOP