子どもも歯周病になる?

歯周病は、年齢によって病気になるイメージを持たれている方が多いと思いますが、歯周病になります。
35歳以降に、歯周病になると言われていますが、歯周病の状態には2種類あります。

・歯肉炎
・歯周炎

1.歯肉炎の症状

歯肉炎は、バイ菌によって歯ぐきだけが炎症を起こし、腫れている状態です。
歯周病レベルは1の段階です。

2.歯周炎の症状

一方で歯周炎は、バイ菌によって歯ぐきの炎症により、歯ぐきが腫れることに加えて、骨がだんだんと壊されてしまう状態です。
歯周病レベルは2〜4の段階で、レベル4は骨がなくなり、抜歯が必要になります。

1歳半検診、3歳検診の項目で「歯肉炎」のチェック項目があります。
チェック項目があるということは、幼い頃から歯周病になる可能性があるということです。

歯が生えてきたら、むし歯や歯周病になるリスクがあるので、日頃から歯みがきをして、しっかり予防していきましょう。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 11月歯科衛生士勉強会【2022.11.22】

  2. 11月TC勉強会【2022.11.17】

  3. 管理栄養士による離乳食教室開催のお知らせ

アーカイブ
TOP