お口をポカンと開けているお子さんは歯並びに注意!

お子様のお口が無意識に、ポカーンとあいていませんか?
実は、歯並びには「鼻」と「唇」が関係ています。

多くの場合、「鼻づまり」が原因で「口呼吸」になっていると言われています。

口呼吸をしていると「歯並び」や「むし歯」などの原因につながります。

〈なぜ歯並びに影響する?〉

実は、唇の力はとても大事です。
お口をポカンと開けた状態では、唇を閉じる筋肉が弱くなり(ストッパーの役割が弱まる)段々と歯が前に出てしまう原因となります。

〈口呼吸はむし歯の原因になる?〉

口呼吸でお口の中が乾燥すると、唾液の働きが低下します。

唾液の働きの中には、お口の中を清潔に保つ抗菌作用があり、むし歯を予防する働きもあるため、口呼吸ではなく「鼻呼吸」を意識しましょう!

「口呼吸」を改善するには、まず鼻づまりを治すことが大切です!

栗林歯科医院では「鼻づまり」でお悩みの患者様には、耳鼻科をご紹介させていただいていますので、お困りの方はお気軽にご相談ください!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 11月歯科衛生士勉強会【2022.11.22】

  2. 11月TC勉強会【2022.11.17】

  3. 管理栄養士による離乳食教室開催のお知らせ

アーカイブ
TOP