Q.1gの歯垢(プラーク)の中には何個のバイ菌がいる?

今回は、歯垢(プラーク)の中にいるバイ菌の数についてご紹介します。

A.歯垢(プラーク)1gの中に、約1000億個のバイ菌がいます。

歯垢(プラーク)は、むし歯・歯周病・口臭の原因となるバイ菌の塊です。
うんち1gより、歯垢(プラーク)の方が細菌数が多いんです。
(奥田克爾 著 / 続 史上最大の暗殺軍団デンタルプラークより)

また厄介なことに、この歯垢(プラーク)は、ゆすぐ・うがいをした程度では取れないため、歯みがきで物理的に落とすことが必要です。

しっかりと歯垢(プラーク)を落とすためには、染め出し液でバイ菌を「見える化」して歯みがきをすることが大事です!
染め出し液を使用することで、効率的に歯みがきが行えるので時間短縮をすることもできます。

染め出し液は、当院の受付で購入できるので、ぜひ検診の際に一緒に購入してみてくださいね!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.矯正で歯が動く理由は?

  2. 無意識に歯ぎしり・食いしばりをしているサインはこれ!!

  3. Q. 加齢による口臭対策はありますか?

アーカイブ
TOP