むし歯って何が原因?

1.むし歯の原因
2.歯垢(プラーク)を放置すると歯石やむし歯になる

1.むし歯の原因

むし歯の原因は、バイ菌(主にミュータンス菌)です。

・バイ菌がお口の中にいる
・酸に溶けやすい歯の質
・バイ菌のエサになる糖分がお口の中にある

の条件が重なり、その状態で時間が経過するとむし歯になります。

画像引用元(ライオン歯科衛生研究所)

2.歯垢(プラーク)を放置すると歯石やむし歯になる

1)歯垢(プラーク)が歯に付く

唾液中にいるバイ菌が歯の表面に付着し、糖分をエサにします。
そして、バイ菌がグルカンと呼ばれる、水に溶けにくいネバネバ成分を作り、歯にさらに強く付着します。

白色や薄い黄色になったかたまりを、歯垢(プラーク)と言います。
一般的には、食後8時間程度で歯垢(プラーク)が作成されると言われています。

2)歯垢(プラーク)が大きなかたまりになる

歯垢(プラーク)は粘着力が強いので、ツルツルの歯でもずっと付着することができます。
そして放置するとバイ菌同士がくっつき、さらに大きなかたまりになっていきます。

3)歯石やむし歯になる

歯垢(プラーク)を長い間放置していると、唾液中のカルシウムと結合し、だんだんと硬くなっていきます。
硬くなったものを歯石と言います。

歯石はサンゴ礁や軽石のように多孔質の石で、表面がザラザラしています。
歯石ができてしまうと、さらにバイ菌がそのザラザラした部分につきやすい状況になり、むし歯・歯周病病気が悪化しやすくなります。

バイ菌は糖分をエサにして酸を作り出すことで歯のカルシウムを溶かし、やがてむし歯になります。

むし歯の初期段階では、エナメル質の表下が溶けるだけなので、まだ穴は空いていません。
しかし、段々と溶けていくと、表面のエナメル質が噛むなどの力に抵抗できなくなり、やがて穴が空きます。

一度歯に穴が空いてしまうと、
①歯ブラシが届かない凹みになる
②バイ菌を除去することが出来なくなる
③歯みがきをしてもバイ菌は残り、どんどん穴が深くなる

と悪化の一途を辿るため、早期に発見し、歯を削って穴を埋める必要があります。

そのまま放置すると、むし歯・歯周病が悪化してしまいます。
そうなる前に、歯垢(プラーク)を除去することが、むし歯・歯周病を予防することにつながります。

歯は一生ものです。最近歯医者に行けていない方は、まず検診をしに行きましょう!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.矯正で歯が動く理由は?

  2. 無意識に歯ぎしり・食いしばりをしているサインはこれ!!

  3. Q. 加齢による口臭対策はありますか?

アーカイブ
TOP