知覚過敏は予防できるって本当?

今回は、知覚過敏についてご紹介します。

1.知覚過敏とは
2.知覚過敏が起こる原因
3.知覚過敏の予防方法

1.知覚過敏とは

知覚過敏とは、冷たいものを飲んだり、酸味の強いものを食べたり、歯ブラシの毛先が歯に触れた時などに、むし歯でもないのにズキッとしみる痛みをいいます。

2.知覚過敏が起こる原因

知覚過敏が起こる原因として、下記が考えられます。

1)歯周病が進行している

歯周病が進行し、歯の根元の象牙質という部分が露出してしまうと、知覚過敏の症状が出ます。
象牙質には歯髄と呼ばれる神経につながる無数の穴(象牙細管)があいているため、象牙質の穴を通して、受けた刺激が神経に伝わり痛みを感じてしまいます。

2)力が入った間違ったブラッシングをしている

力が過度に入った、間違った歯ブラシをしていると、エナメル質や歯ぐきを傷つけてしまい、知覚過敏の症状が出ることがあります。

3)食いしばり・歯ぎしりをしている

食いしばり・歯ぎしりをしていると、エナメル質や歯ぐきを傷つけてしまい、歯ぐきが下がってしまったりし、知覚過敏の症状が起こることがあります。

4)酸味のある食べ物を頻繁に摂取している

食事の際に、酸味のある食べ物を頻繁に食べていると、歯が溶け出し、象牙質が露出しやすくなることがあります。

3.知覚過敏の予防方法

知覚過敏の予防方法は下記の通りです。

1)歯周病を予防する

日頃の歯磨きと、3ヶ月に1回の歯科医院での定期検診で歯周病を予防することで、歯ぐきを正常な状態に保ち、知覚過敏の症状が予防できます。

2)正しいブラッシングを身につける

力を入れすぎない、正しいブラッシングを歯科医院で身につけることが必要です。
当院では、一人ひとりの歯並びに合わせたブラッシング方法を、歯科衛生士が指導しています。

3)ナイトガードを作成する

食いしばり・歯ぎしりの予防方法として、夜に装着するナイトガードというマウスピースがあります。
マウスピースをつけることで、歯の摩耗や、歯と歯ぐきへのダメージが軽減できます。

4)食生活に気をつける

酸味のあるものを頻繁に摂っていたり、ダラダラと食べ物を食べるような食生活がある方は、見直すことが大切です。
お口の中に食べ物を入れている時間が長いほど、歯が溶けやすくなってしまいます。

日々のケアを見直し、良い習慣を身につけましょう!
既に知覚過敏の症状がある方は、当院にお気軽にご相談くださいね!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.仕上げ磨きしようとしても口を大きく開けるのが痛いようです。

  2. 7月 歯科衛生士勉強会【2022.7.26】

  3. Q、歯のつけ根が白濁しているような…。歯磨きしてもとれないけど、これって何でしょうか?

アーカイブ
TOP