むし歯予防の強い味方!フッ化物(フッ素)の効果とは?

「フッ化物(フッ素)って聞いたことはあるけど、いまいち詳しく分からない」
という方も多いのではないでしょうか?

フッ化物(フッ素)とは、化学的に合成されたものではなく、自然界に分布している天然の元素(F)です。
歯の発育期に摂取したり、生えた後の歯に使用することでむし歯を予防できます。

天然の成分なので、私たちの身近に存在し、土や海水、肉・魚介類・野菜・海藻類・果物・お茶など、数多くの食品にも微量に含まれています。

フッ化物(フッ素)はむし歯予防に欠かせないだけでなく、丈夫な歯や骨をつくるために大切な役割を果たしています。

今回は、むし歯予防に良いとされる、フッ化物(フッ素)の効果を3つご紹介します。

1.歯の再石灰化を促進する
2.菌が出す酸の産生を抑制する
3.歯の質を強くする

1.歯の再石灰化を促進する

フッ化物(フッ素)は、酸によって溶け出した歯を、修復する力を促進させることができます。

特に、初期のむし歯(CO)の状態は、歯の表面が溶け、健康な歯とは色が違い、歯の一部が白濁していますが、まだ穴は空いていない状態です。

この状態の歯にフッ化物(フッ素)を使うことで、再石灰化が行われ、歯から溶け出したカルシウムやリンを歯の表面に戻し、歯を修復することができます。

2.菌が出す酸の産生を抑制する

通常の状態のお口の中は、中性で保たれていますが、何かを食べることで酸性の状態に傾きます。
お口の中が酸性になると、カルシウム(歯の性質)が溶けやすく、虫歯になるリスクが高くなります。
ですが、酸性に傾いたままではなく、唾液の力(緩衝能)によって徐々に、中性の状態に戻ります。
フッ化物(フッ素)は、むし歯菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑えてくれます。

3.歯の質を強くする

フッ化物(フッ素)は、歯の質を高めることができます。
歯の表面を、酸に溶けにくい性質にすることで、酸に強い歯になり、むし歯になりにくい歯になっていきます。

歯科医院で行えるフッ化物(フッ素)塗布はこちら

ご自宅で行えるフッ化物(フッ素)塗布はこちら

歯科医院で行うフッ化物(フッ素)塗布と、ご自宅で行う日々の歯みがきで、むし歯の予防率はアップします!
上手にフッ化物(フッ素)を使用し、むし歯予防をしていきましょう!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. お子さまで歯の矯正が必要な噛み合わせ2つ

  2. 最高のライブでした…!

  3. 我が家のお花たち

アーカイブ
TOP