Q.歯に白い線がついていて、歯ブラシでみがいても取れません。これはなんですか?

しみたり、痛みもないけれど、歯の表面に白い斑点のような模様があって気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
この歯にできる白い斑点の模様のことをホワイトスポットと呼びます。
 
ホワイトスポットの原因は2つ考えられます。
 
1つ目の原因は、初期段階の虫歯です。
 
歯ブラシが上手にできず歯にプラークという細菌が残っていると、歯の表面からミネラル分が溶け出して、“脱灰”を起こします。
それを何回も繰り返していると、歯は徐々に白く濁っていき、見た目でもわかるようになります。しかし、この状態はまだ削って治療しなければいけない段階ではなく、歯ブラシを頑張ってしっかりと細菌をとったり、フッ素を活用することによって、現状維持をすることができます。
逆を言うと、そのまま歯ブラシができていない状態が続いてしまうと、白い斑点のところが茶色く、黒くなり、穴も開いてしまい、治療をしなければいけない虫歯となります。

2つ目の原因は…エナメル質形成不全症と言われるものです。
簡単に言うと、エナメル質形成不全は、歯の表面にあるエナメル質がうまく形成できていない状態です。これは遺伝で起こったり、歯の発育段階のときに外傷を受けたり、乳歯に大きな虫歯ができた影響が永久歯にまでおよび、エナメル質形成不全が起きることがあります。
エナメル質形成不全の場所は虫歯にもなりやすい上に、虫歯の進行も早いです。
 

ホワイトスポットがあったからといって、すぐに治療をしなければいけないわけではありません。
小さい頃から衛生士さんから歯ブラシの指導をうけ、適切な歯ブラシで虫歯にならないようにしていきましょう。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. お子さまで歯の矯正が必要な噛み合わせ2つ

  2. 最高のライブでした…!

  3. 我が家のお花たち

アーカイブ
TOP