親が知っておくべき子どもの歯科知識5選!

こんにちは。

本日は保護者の方がぜひ知っていて頂きたい、子供の歯科知識についてお話ししていきます。

今までのブログと重複するところもございますが、大事なお話なので、またぜひ読んでいただければと思います!

 

⒈お口ポカンは超危険!?口呼吸が引き起こす問題3点

 

お口ぽかんとはその名の通り、お口が長時間開いてしまっていることを言います。

臨床的には「口唇閉鎖不全症」として定義されています。

よく保護者の方から、子供がいつも口を開けているというお話を伺います。では、見た目以外にお口ぽかんをそのまま放置しているとどういう危険があるでしょうか?

 

①    出っ歯になる

②    重度な虫歯や、重度の歯周病を引き起こす

③    慢性的なアレルギー性鼻炎や口蓋扁桃肥大を引き起こす

 

 

お口ぽかんの口呼吸をする子供は、早い段階で唇を閉じる習慣を獲得する必要があります。

口呼吸の原因を解明・除去し、さらには口腔周囲の筋肉のトレーニングを行うことが必要となります。

また矯正治療をするにあたっての口腔周囲の筋肉のトレーニングするMFTもご指導させていただいていますので、興味のある方は院スタッフまでお声掛け下さい。

 

 

 

⒉仕上げ磨きはいつまで必要?お母さん達の疑問に答えます!

 

ブラッシングは3歳を過ぎると、子供自身でも磨くことができるようになりますが、まねごと程度であり、十分に磨けているわけではありません。

だからと言って、子供が磨かなくていいというわけではなく、小さい時期に“ご飯を食べたら歯を磨く”という習慣をつけて欲しいのです。

理想的には子供が歯磨きをしたその都度仕上げ磨きをすることですが、無理強いをしてしまい、嫌がってしまっては意味がないので、寝る前の歯磨き後にやってあげる習慣をつけるといいでしょう。

 

仕上げ磨きの体勢は基本的には“寝かせ磨き”です。

保護者の方が正座をし、子供の頭を保護者の膝の上に置き、磨く方法です。

 

この体勢ですと、磨き残しをしやすい、下の歯の奥歯だけでなく、上の歯の奥歯までよく見ることができます。

仕上げ磨きは低学年まで行ってあげると安心でしょう。

 

しかし、虫歯になるリスク・歯周病になるリスクが高いと歯医者さんで言われたことがある子供は特に、低学年を過ぎても保護者の管理が必要と言えます。

 

 

⒊歯が中々生えかわらないけど大丈夫?生え変わり時期について解説!

 

子供の歯から大人の歯に生え変わり始めるタイミングは、だいたい6歳頃からです。

上の歯は 6→1→2→4→5→3→7

下の歯は 1→6→2→3→4→5→7

と言われています。

 

最初に生えてくる、6番目の歯(第一大臼歯)と下の前歯は6~7歳頃に生えてきます。

そのあと側方歯群と呼ばれる3~5番目の歯は約9~11歳の時に生えてきます。

最後に7番目の歯(第二大臼歯)が12歳頃に生えてきます。

大人の歯の生えるタイミングは先に生えている子供の歯が虫歯などで早く無くなってしまっていたり、逆に遅く残り過ぎてしまっていたりすると、上記のタイミングで生え変わりが出来なくなってしまうこともあります。

子供によって生え変わりのタイミングは1年程時差がある場合もございますが、もしかしたら、上記などの理由で生え変わりが遅くなっている場合もあります。

そのような事がないように、定期的に検診を受けられることをお勧めします。

 

 

⒋子供の前歯の隙間があるけど大丈夫?すきっ歯の行く末とは

 

すきっ歯とは歯と歯の間に隙間ができてしまっている歯並びのこと言います。臨床的には空隙歯列と呼ばれています。また、特に上の前歯2本の間に隙間が空いてしまうことを正中離開と呼びます。

 

すきっ歯と言っても、それがすぐに異常ではない場合もあります。

上の3番目の歯(糸切り歯・犬歯)が生えてくるまでの、生え変わりの時期には歯の生え方から必然的に上の前歯がすきっ歯になるタイミングがあります。

つまり、7〜8歳の子供ではすぐに異常と判断するのではなく、経過観察が必要な場合もあります。

 

しかし、下の写真のような上唇小帯と呼ばれるヒダが、歯の並ぶスペースから大きく伸びていると、前歯のすきっ歯を永久的に作ってしまうこともあります。その場合は、このヒダを切らなければいけません。

 

他にも、歯の本数の不足や、逆に前歯のところに余分に歯が埋まってしまっていて、それがすきっ歯を作るケースもあります。

すきっ歯の問題は、見た目はもちろん、歯の間に食べ物がつまりやすく虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうことや、空気が漏れて発音が不明瞭になることなどが挙げられます。

 
⒌これが八重歯になる原因!予防・治療法は?

 

八重歯とは上の3番目の歯(糸切り歯・犬歯)が他の歯よりほっぺた側に出てしまっている状態のことを言います。

八重歯になる原因として

①    歯の大きさに対して、顎が小さい

②    子供の歯が早く抜けてしまい、他の歯が動き、3番目の生えるスペースがなくなった

が考えられます。

 

②    の早く子供の歯が抜ける原因として一番多いのは虫歯です。

小さい虫歯をそのままにしてしまったことで、保存することが困難となり抜かなければならないことが多く見られます。これを予防する1番の方法として、毎日行う、歯磨き(仕上げ磨きも含みます)が挙げられます。それと同時に定期検診を受けられることをお勧めします。

また、上記の2つの原因に対して共通してできる治療法としては、子供の時からの歯科矯正です。

歯科矯正はよくイメージするワイヤー矯正だけではなく、子供の頃から始められる矯正もございます。

八重歯を放置していて問題なのは歯並びです。

歯並びが悪いということは、そこに汚れがつきやすく、虫歯・歯周病も悪化させやすいと言えます。

また、歯並びを悪いままにしていると、顎関節にも悪影響を与え出します。

歯を生涯きれいに保つには八重歯の位置を治し、歯並びをきれいにしていきましょう。

 

お子様のお口のことで何か不安なことがありましたら、お気軽にお近くのスタッフにご相談ください!

 

 

栗林歯科医院

歯科医師 高山千穂

 

 

◆栗林歯科医院 公式LINE始めました!

治療に関するご相談、ご予約はLINEメッセージからも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

公式LINEの友達追加はこちら↓

https://lin.ee/8eeSWd

◆公式Instagram始めました!
お口に関する情報を配信しています。
是非、覗きにきてください!

栗林歯科医院公式アカウントのフォローはこちらからお待ちしております↓

https://www.instagram.com/kuribayashishikaiin_official/channel/?hl=ja


コロナに負けるな!知って得する中学生でもわかる免疫学

みなさんこんにちは。歯科医師の大原です。

新型ウイルスが現在ものすごい勢いで流行しています。

たくさんの情報が飛び交う中、ウイルスや細菌学を習ったことがない人にとってウイルスに関連する情報は正しいかどうかを判断するのは難しいと思います。

そこで今回は「中学生でもわかる免疫学」をテーマにコロナ対策についてお伝えしていきます。

 

〜 中学生でもわかる免疫学 〜

  1. 感染はどうやって起こる?
  2. どうやって体は守られる?自然免疫のお話
  3. 自然免疫 → 獲得免疫
  4. 抗生物質と抗ウイルス薬の違い
  5. これが新型コロナウイルス対策

 


1. 感染はどうやって起こる?

 

1

皮膚は死細胞である角質が覆っています。角質は細菌・ウイルスの侵入を防ぐ役割を持っています。

 

2

しかしながら、粘膜は食べ物を吸収したり、酸素を取り入れたりするために角質がありません。

粘膜は異物の侵入を防ぐために粘液を出し、繊毛という毛のような構造を表面に出して異物を洗い流しています。

そして、鼻水として体外に出したり、胃で胃酸によって殺菌しています。

 

4

喉が乾燥すると喉を覆っている粘液が少なくなり、細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまいます。

そのため喉を乾燥させないことは感染を防ぐ上でとても重要です。

冬場の乾燥した時期にインフルエンザが流行りやすいこともこれが原因の一つとして考えられます。

 

5

皮膚が傷ついたりして角質のバリアを突破したり、粘液のバリアを突破した細菌たちは細胞外で増殖します

 

6

細菌は細胞の外で増殖しますが、ウイルスは細胞内で増殖します。

ウイルスは細胞のレセプターに付着して細胞内に侵入し、自身の遺伝子を細胞の遺伝子に組み込むことで増殖します。そして出芽し、近くの細胞へとまた感染が広がるのです。

 

 


 

2.どうやって体は守られる?免疫の話

 

7

体を守る免疫には2種類あります。

一つは自然免疫。どのような細菌・ウイルスが侵入した時にも最初に起こる免疫です。

もう一つは獲得免疫。初めての感染から数日間経ってからおこる免疫です。

 

8

まず最初に異物が侵入した際には細胞と細胞の間に潜んでいるマクロファージや血液中に多くいる好中球は細胞間に入ってきて異物を認識し破壊します。

 

9

 

マクロファージが細菌を食べるとシグナルを出して血液中の好中球を呼び寄せます。

 

10

血管内皮細胞に隙間が大きくできることで、好中球や水分が組織の中に入っていき、その部分は腫れたり、熱を持ったりします。

細菌を食べた好中球はエネルギーを使い果たし残骸となります。これが膿です。

11

細胞の中に入ってしまったウイルスには好中球などは手出しができません。

ナチュラルキラー細胞は異常のある細胞を認知し、それを破壊してくれます。

その時、細胞の表面に出ているウイルスの形を記憶し、他にも同じ異常のある細胞を破壊していきます。

 

 


 

3. 自然免疫から獲得免疫へ

 

12

異物を取り込んだマクロファージや樹状細胞は末端の組織からリンパ節へ移動し、未熟な免疫細胞(後のヘルパーT細胞)に異物の情報(抗原)を提示します。

 

14

情報を受け取った未熟なヘルパーT細胞は2種類に分化・増殖します。

一つはウイルス・寄生虫感染などで活躍するヘルパーT細胞①(Th1)

もう一つは細菌感染で活躍するヘルパーT細胞②(Th2)です

 

15

ヘルパーT細胞①は末端の組織へ移動し、マクロファージを活性化したり、キラーT細胞を活性化します。

活性化したマクロファージは直接異物を取り込み

活性化したキラーT細胞はウイルスや寄生虫に感染した細胞やガン細胞などの異常のある細胞を破壊していきます。これが細胞性免疫です。

ウイルスは細胞の中で増殖するので細胞性免疫が主役になります。

 

16

17

ヘルパーT細胞②(Th2)は抗原に対する抗体を持つB細胞を形質細胞へ変化させます。

形質細胞は抗体を大量生産することができます。

B細胞の一部はメモリーB細胞として次に感染した際にすぐに抗体を産生する過程に入れるように保存されます。

 

抗体には4つの機能があります。

18

①オプソニン化:抗原に対して抗体がつくと好中球に食べられやすくなります

 

19

②中和作用:ウイルスにくっつくことで細胞内への侵入を防ぐことができます

 

20

③凝集作用:複数の異物を吸着して粘液・繊毛に流されやすくします

 

21

④補体活性作用:炎症を引き起こす補体というものがひっつくようになり、免疫細胞を引き寄せたり、細菌を破壊したり、発熱したりといった作用があります。

 

22

2回目以降の感染ではマクロファージなどの抗原提示をしなくても、1回目の感染で抗体を作ったメモリーB細胞が抗原を認識して形質細胞へとすぐに変化します。

これによってすぐに抗体が作られ、好中球などの免疫細胞が活性化します。

 

23

しかし、初めての感染では抗体が作られるまでには数日間かかるため、マクロファージやナチュラルキラー細胞といった自然免疫が重要な役割を担います。

24 25

 


 

4. 抗生物質と抗ウイルス薬

 

26

抗生物質は細菌の

①細胞壁を合成阻害

②細胞膜を合成阻害

③DNA・RNAを合成阻害

④タンパク質を合成阻害

といった作用で細菌の繁殖を妨害します。

 

人体が持つ構造と遠いほど細菌にのみ選択的な毒性を持つため、細胞壁を合成阻害する抗菌薬は、人体への毒性が低いものが多いです。

 

27

しかしながらウイルスには細菌の持っている特性がありません。

そのため抗生物質は全くウイルスに効きません。

 

29

抗ウイルス薬はウイルスの侵入後、増殖~細胞の外に出るまでのどこかを妨害する薬です。

免疫細胞が作った抗体は侵入前の吸着を妨害します。

 

30

インフルエンザ等のワクチンは不活化ワクチンと呼ばれるものです。

ウイルス表面の成分だけを取り出し、それを体内に投与することで異物としてマクロファージなどに取り込まれ、免疫細胞へ抗原提示されて、抗体が作られます。

ウイルスの増殖を直接抑える作用はないため、すでに感染している人に摂取しても全く効果はありません。

 


 

5.新型コロナウイルス対策!

 

31

そもそもコロナウイルスというのはありふれた風邪ウイルスの一種です。

通常の風邪の15~20%はコロナウイルスが原因とされています。

通常のコロナウイルスは上気道の粘膜に付着しやすいため鼻水、鼻づまり、くしゃみ、喉の痛みなどの症状が出やすいです。

 

32

新型コロナウイルスは表面性状が異なり、肺の粘膜に付着しやすい構造に変化しています。そのため通常のコロナウイルスより肺炎になりやすいことがわかっています。

また、インフルエンザウイルスよりも鼻水に多く検出され、飛沫感染、接触感染(飛沫を触った手による感染)が多く起こりやすいと考えられます。

 

現在のコロナウイルスの問題点は

33

があります。

 

現在できる対策としては

34

①自然免疫を鍛える(ウイルスの感染を防ぐ)

35

②感染リスクを避ける(ウイルスに出会わない)

36

③手指消毒・マスク(ウイルスの侵入を防ぐ・拡散を防ぐ)

これが最も大事になります。

ほとんどの感染が、手についたウイルスで口や目や鼻に触ることで起こると言われています。

手指消毒を徹底すること、マスクを着用することでウイルスに触れる機会が激減します。

 

④ピークを抑える・抗ウイルス薬/ワクチン開発を待つ

 

 上のような対策を通じて、終息を待つ・ピークを抑えることが現在できることです。

将来的には風邪ウイルス・インフルエンザと同じ扱いになると考えられます。

 

2009年に流行した新型インフルエンザは現在も流行していますが、現在のコロナウイルスのように扱われていません。

 

これはワクチンが開発されたこと、抗ウイルス薬が存在することだけでなく、社会的に順応したことが要因と考えられます。

ちなみに現在のインフルエンザワクチンには従来と新型の両方の成分が含まれています。

コロナウイルスもいずれワクチンができると考えられています。

 

⑤おまけ(期待)

スクリーンショット 2020-04-01 15.36.12

もしかしたら歯医者さんに通うことがウイルス対策になるという研究が発表されるかもしれません

 

以上が今回お伝えしたかった「〜中学生にもわかる免疫学〜」からの新型コロナウイルスへの対策でした。

今回の内容はInstagramで動画配信予定しています。ぜひご覧ください!
スクリーンショット 2020-04-01 15.53.41

 

 

 

 

◆栗林歯科医院 公式LINE始めました!

治療に関するご相談、ご予約はLINEメッセージからも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

公式LINEの友達追加はこちら↓

https://lin.ee/8eeSWd

◆公式Instagram始めました!
お口に関する情報を配信しています。
是非、覗きにきてください!

栗林歯科医院公式アカウントのフォローはこちらからお待ちしております↓

https://www.instagram.com/kuribayashishikaiin_official/channel/?hl=ja