歯科疾患が引き起こす全身疾患5選と 持病のある人が歯科治療を安全に受ける方法

今年から栗林歯科医院に入社した歯科医師3年目の金箱志桜都です。

昨年まで大学病院で患者様の入院治療を担当していました。

入院して病気を治して無事に帰っていただくことが仕事でした。

その経験から今回全身疾患に関しての記事を書かさせていただいています。

 

 

目次

1)お口と全身の不調はつながっている?

 

2)お口の中が清掃不良で引き起こす体の不調

 

3)噛み合わせが引き起こす体の不調

 

4)持病を持っている人が歯科治療を受ける時の注意点

 

5)まとめ

 

 

1)お口と全身の不調はつながっている?

 

皆さんは、お口の健康が全身の健康とつながっているとどこかで聞いたことがあるでしょうか?

 

なぜ私たちは毎日歯磨きをしないといけないのでしょうか?

 

歯磨きをしなければ、一日に自由に使える時間が数分増えます。

あなたは何分歯磨きに時間をかけていますか?

今回は口の中の病気と体の健康について皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

 

 

 

2)お口の中が清掃不良で引き起こす体の不調

 

誰だって毎日なんの不自由もなく、思い通りの毎日を過ごしたい。しかし病気になれば思い通りの生活が送れなくなります。

 

病気になる原因は多々ありますが、予防できる病気の代表例が生活習慣病です。その生活習慣病が、小さい労力とコストで減らせる可能性があるとしたら、それは自分の人生を豊かに生きるためにオススメします。

 

 

 

その小さい労力とコストできる健康対策の一例が、歯磨きなのです。

 

歯磨きといえば、

歯ブラシ

歯間ブラシ

舌ブラシ

フロス

などを使ってお口の中を綺麗にすることですね。

 

歯磨きは口のなかを磨くと食べ物のカスや、歯にひっついている細菌を落とすことになります。

 

つまり歯磨きをしないと細菌がどんどん増えていきます。

 

では増えてしまった細菌は、どんな影響を及ぼしているのでしょうか。

 

お口の中には約700種類、10億個の細菌がいると言われています。

まずこれらの細菌の中には、カラダに悪さをするものもいます。歯が溶かされたり、骨が溶かされたりします。これが虫歯、歯周病です。

歯がなくなれば、満足に噛むことは出来なくなりますから、食べ物をしっかり噛んで吸収することが出来なくなります。これだけでもカラダはどんどん不健康になることが容易に想像できます。

 

増えた細菌は、その場に口にとどまるだけでは飽き足らず移動を始めます。

 

 

 

 

 

肺炎

口から気道という呼吸の通り道を通って肺に移動します。肺に細菌がいると肺は炎症をおこします。これが肺炎です。肺炎は、高熱と呼吸が苦しなり死にいたる病です。

 

日本での疾病別死亡数の第3位は肺炎です。手術にて治療後、肺炎が原因で亡くなってしまうことが病院で時々起こります。

 

次に歯周病になると歯ぐきから出血します。その隙間を狙って細菌は血管の中に侵入します。

 

血管は頭のてっぺんから足の先まで張り巡らされています。ですから血管に乗ったお口の中にいた細菌は、どこにでも行けるのです。

 

糖尿病

膵臓にいけば、糖尿病を悪化させます。

糖尿病は血液中の糖分を細胞に取り込めなくなる作用のあるインスリンが出なくなったり、インスリンの効きが悪くなる病気です。

そのため血糖値は高くなり、細胞は糖が不足します。

糖尿病は腎障害や網膜症、神経症状、透析導入の入り口になる病気です。

糖尿病と歯周病には相互関係があり、歯周病が悪くなると、糖尿病まで悪くなります。

 

不妊や早産

子宮にいけば、不妊や早産の原因になります。

歯周病菌の毒素は子宮の収縮を促します。

そのため、不妊や早産の原因になってしまいます。

 

骨粗鬆症

骨粗鬆症の薬を使っている方は、抜歯などの小手術以上をするときに要注意です。小手術を行うと、顎骨壊死(ARONJ)のリスクがあります。

リスクの可能性は低いのですが、万が一起きた場合は顎の骨が腐り、治りにくい顎骨壊死という病気になります。最悪、顎の骨を切り落とさないといけなくなりますので注意が必要です。

 

そのため骨粗鬆症になる前に抜歯しなくてはいけない歯は抜歯が必要ですし、注射薬を使い始めたら抜歯しなくてはいけなくならないように、人一倍口腔内の衛生管理が大切になってきます。

 

 

その他、様々な病気にもお口のなかの細菌が関わっていると言われています。

 

アメリカでは「フロスか死か」という言葉があります。上の記事を読んでくださった皆様はこの言葉の持つ意味の重さを感じてしまったかと思います。そう、普段の歯磨きや歯科医院で受ける専門的なクリーニングをしっかり受け、お口の中を綺麗にしておくかしないかで、その後の人生を大きく変えてしまうのです。

 

 

 

 

3)噛み合わせが引き起こす体の不調

噛み合わせが悪いと起きると体にどんな不調をきたすでしょうか?

口の周囲には咀嚼筋や舌骨上筋群、舌骨下筋群など口を開けたり閉じたりするのに関連する筋肉があります。

噛み合わせが悪いと左右の筋肉にかかる負担が変わります。

そうなると筋肉痛となり肩こりや頭痛として感じます。

また顎の関節に負担がかかれば顎が開かなくなったり、痛くなったりする顎関節症になります。

 

 

4)持病を持っている人が歯科治療を受ける時の注意点

 

持病を持っている方は安全に歯科治療を受けられるのでしょうか?

 

結論から言えば、専門家が連携を取って、しっかりとした治療を行えば安全に出来ます。

 

例えば高血圧。血圧が治療中に高ければ、血が止まらないリスクがあります。また治療の緊張が重なれば元々血圧が高い人は極限にまで血圧が上がり、どこかの血管がはち切れてしまうかもしれません。

 

糖尿病ではどうでしょうか?

血液中の糖分濃度が高いと、免疫細胞の1つの白血球の動きが悪くなります。そうなると細菌を捕まえる力が弱まるので、細菌が増える可能性を増やしてしまいます。ですから糖尿病があると歯周病が悪化したり、抜歯後の感染を起こしやすくなります。

 

腎臓病、

腎臓の機能が悪いと薬の代謝能力が落ちます。

歯科で処方する薬も腎臓の機能に合わせて量を調節しなければなりない場合があります。

もし考慮しないで投与した場合は、薬の効果が強く出てしまい、副作用が強く出たり、肝臓病、血液の病気など様々な要因が歯科治療を行う上で考慮しなければいけません。

 

考慮しないで治療すれば、大きなリスクになります。しかし、適切に管理すればリスクを最小限に出来ます。

 

私達、栗林歯科医院では、患者様が通院されている病院、クリニックとすぐさま連携を取り、より安全安心に歯科治療が行える環境を整えています。

 

現在通院中ではない場合で、なにか不安な点があれば、適切な医療機関に紹介状を作成します。

 

もし、持病がある方は私達にお伝えください。専門家が適切に判断し、患者様のリスク管理を致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5)まとめ

私達は世界一安心安全な医療を目指し、医療の透明化、心のサポート、確か な技術を柱とし患者様の豊かな人生の向上に貢献することをミッションとしています。

 

 

 

 

 

 

 

是非、私達の予防プログラムを受けてください。

 

10年20年後も豊かな人生を送るために、歯磨きから始める健康習慣を私達と作っていきましょう。

 

医療法人社団 栗林歯科医院

 

歯科医師 金箱 志桜都


小児の虫歯について~虫歯にならないために保護者ができる6つのこと〜

こんにちは。

今回は子供の虫歯について考えていきたいと思います。

最初、子供に歯ブラシを教え、虫歯にならないようにする習慣を与えるのは保護者の方です。

子供の時から虫歯にならない習慣、歯周病にならない習慣を作ってあげることで、将来のお口の中は守られます。

私たち歯科医師・歯科衛生士はそのお手伝いができればと思っています!

 

 

−目次−

1.小児の虫歯の特徴

2.保護者ができる虫歯予防

3.歯科医院でできる虫歯予防

 

 

まずは大人の虫歯と子供の虫歯の違いがあることをご説明していきます。

<1.小児の虫歯の特徴~大人の虫歯との比較~>

 

乳歯の虫歯の特徴は、同時に多数の歯および歯面に虫歯が発症することです。

また、永久歯列では虫歯になりにくいとされている、平らな面などから初発する虫歯が多いとされています。

さらに、乳歯は永久歯に比べて、虫歯に対する抵抗力が弱いため、虫歯になりやすくもあり、虫歯になった時の進行速度も永久歯に比べて早いことが挙げられます。

 

○進行が非常に速い

虫歯が発症してからの進行速度が速く、永久歯に比べ重症となる割合がきわめて高いとされています。

特に、低年齢期に発症した歯ではこの傾向が著しく、早期に治療しても予後不良となることがあります。

したがって、小児における予防・定期診査が重要であると言えます。

 

○ 環境要因の影響を受けやすい

低年齢期は、家庭環境の影響が強く、小児自ら口腔衛生環境に気をつけるといった態度は望めないため、保護者の虫歯に対する認識と、実際に仕上げ磨きをする等の行動が虫歯の抑制を可能にすると言えます。

 

○虫歯発症に独特の年齢的変動がある

虫歯の発症は歯の種類や、その歯の中でも面によって時期が異なりますが、多くの歯種では、生えてから2年以内が最も高いとされています。

特に上顎乳中切歯(1,2番目)、下顎第一・第二乳臼歯(4,5番目)では歯が生えてきて1年以内に新生することが多いです。

 

・年齢別好発部位

①2歳頃まで:上顎乳切歯唇側面

②2~3歳頃まで:上顎乳切歯隣接面

③3歳前後:上下顎乳臼歯の咳合面

④3歳6か月以降:上下顎乳臼歯の隣接面

これはこの順序で虫歯が発生することを示しているのではなく、この時期のその場所に虫歯が発生しやすいということを示しています。

したがって、該当する年齢の子供に仕上げ磨きを行う際には、その年齢や、歯の生え方に応じた虫歯になりやすい箇所を念頭に置いて磨いてあげるといいでしょう。

 

 

<2.保護者ができる虫歯予防>

1.歯ブラシ

(1)小児用歯ブラシの選択

小児の運動機能の発達状況や歯列の状態に適したものを選択してください。保護者の仕上げ磨きには専用の歯ブラシの使用をお勧めします。

乳幼児期はもちろん、永久歯が萌出する約12歳まで、保護者による日々の口腔衛生管理は虫歯予防や歯周疾患予防において非常に重要となります。

 

 

(2)歯垢染色剤(染め出し液)の使用

歯垢染色剤(染め出し液)を補助的に使用することで、理解を深め、同時に動機づけにも利用することができます。

当院でも、染め出し液を用いた清掃を推奨しています。

 

 

(3)虫歯に対するブラッシング指導

前述したように、年齢による虫歯の好発部位の変化や、小児の精神的発達や運動機能発達状況を考慮して行うと、虫歯になるリスクを下げることができます。

代表的なブラッシングテクニックとしてはごしごし細かく磨くスクラッビング法や,円を描くように磨くフォーンズ法などが小児に適しています。

また、小児に興味をもたせて動機づけを行い、歯磨きの習慣を確立させることが重要となります。

 

(4)フッ化物配合歯磨剤

虫歯になりにくくさせるためには、歯の周辺に低濃度のフッ素が常に存在することが望ましく、低濃度フッ素を長時間作用させるには,歯磨剤として食後に供給されるのが効果的です。

その効果は30~40%とされています。うがいができる小児であれば使用を強く勧めます。

 

(5)フロッシング

虫歯の好発部位である歯と歯の間の面、いわゆる歯と歯の間は、歯ブラシだけでプラークを除去することは困難であり、デンタルフロスを用いた清掃を行う必要があります。

デンタルフロスを指や器具にかけて糸を緊張させ歯間を通過させることにより,プラークや食物残渣を除去していきます。

 

 

2.食事

歯の健康をよりよく維持していくためには、食事もとても重要な因子となります。

虫歯予防のためにはプラークの形成にかかわりの強い、含糖食品を対象としたシュガーコントロールを中心に進めていくことが重要です。

また、含糖食品は量だけでなく、性状および摂取方法も重要となってきます。理由としては、性状や摂取方法の違いにより、虫歯の発生に差が認められているからです。

 

歯面での停滞性の高い食品の場合に、虫歯の発生率は高くなります。

また、口腔内に摂取してから飲み込むまでに時間が長い食べ物ほど、虫歯の誘発性は高くなります。

そこで問題となってくるのが間食です。

 

○間食する場合の注意点

①間食の回数を少なくする(間食の時間と場所を決める)

②粘着性,停滞性食品の間食を控える

→清掃性の高い果物や野菜類の摂取を勧める

③就寝前あるいは睡眠途中のスクロース入り飲食物摂取はやめる

④遊びながらダラダラと飲食しない

⑤噛みごたえのある食品をよく噛む

⑥必要な時以外にスポーツ飲料や乳酸菌飲料を摂取しない

⑦スクロース入り飲食物摂取後は口腔内清掃を行えるようにする

 

 

 

<歯科医院でできる虫歯予防>

(1)予防填塞(フィッシャーシーラント)

虫歯の好発部位である奥歯の咬合面を予防填塞材で封鎖し、口腔内環境から遮断することによって、虫歯の発生を防ぐとともに、デンタルプラークの沈着を抑制して口腔内環境を改善しようとするものです。

シーラントは使っていくごとに削れたり、取れてしまうものなので、定期健診時にこまめにシーラントが脱落していないか確認が必要となります。

(2)フッ素塗布

歯を溶かそうとする脱灰力はプラークの量を減らす、つまり歯ブラシをすることで弱められますが、その力を化学的にさらに弱めることができるのがフッ素です。生えてきて間もない時期の歯質は、特に反応性が高く、フッ素塗布が最も効果的な時期であると言われています。

また、このフッ素は歯磨剤に入っているフッ素よりも高濃度であり、半年に1回塗布することを当院では推奨しています。

 

 

上記二つの虫歯予防は当院でも行っているため、お気軽にご相談ください!

 

ここまで虫歯についてご説明してきましたが、虫歯にならないようにすることは、歯肉炎・歯周病にならないようにすることでもあります。

これからはお子様のお口を健康に保つため、一緒に予防をしていく習慣を身につけていきましょう。

何かわからないこと、ご質問があれば、お気軽にお近くのスタッフにご相談ください!

 

 

 

医療法人社団  栗林歯科医院

歯科医師  高山 千穂

 


痛みを和らげる麻酔の3ポイント

痛みを和らげる麻酔の3ポイント

 はじめまして。

 栗林歯科医院 歯科医師 星 優生 です。

今回は

皆様に普段歯科医院で行われている麻酔とはどういったものなのか説明していきます。

目次

1、歯医者の麻酔の種類

2、ちょっと休憩。麻酔した後に食事はしてはいけない?

3、痛みを和らげる麻酔の3ポイント

 160475_ma_1_1442541441

1、歯医者の麻酔の種類

歯医者は虫歯をけずるところで痛いイメージがあるかもしれません。

痛いから歯医者に行きたくないと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、現在は医療の進歩により痛みを和らげられるようになってきています。

そこで今回は一般的に歯科医院で行われている注射による麻酔によって痛み

を和らげる方法を紹介していきます。

まず、

一般的に歯科で行われている局所麻酔法という注射の麻酔の種類について説明して

いきます。

局所麻酔法一般的な歯科医院で行われている歯ぐきの注射のことです。

部分麻酔との表現もありますが、正しい医学用語としては局所麻酔法と言います。

局所麻酔は名前の通り、一時的に一部の部位の感覚を鈍らせることで治療時の痛みを和らげる効果があります。局所麻酔はさらに表面麻酔法、浸潤麻酔法、伝達麻酔法に分けられます。

簡単に説明していきますと、

⑴表面麻酔法

歯ぐきの表面の感覚を麻酔効果のあるゼリーによって麻痺させる方法です。

注射針を用いる麻酔の前に行ないます。

⑵浸潤麻酔法

いわゆる歯科の麻酔です。

あとで麻酔の痛くないポイントで紹介します。

⑶伝達麻酔法

下顎の奥歯は骨がしっかりしているため他の場所よりも麻酔が効きにくいです。

そこで浸潤麻酔に加えて伝達麻酔という方法をとることがあります。

この麻酔は口唇や舌を含む広い範囲の神経に麻酔を効かせることができるので

下顎の親知らずの抜歯にも使われる方法です。

効果も長い時間しっかり効きやすいです。 

anesthesia01

局所麻酔薬でのよくある質問や対応についても説明していきます。

局所麻酔薬にはアドレナリンという物質が含まれています。

アドレナリンには血管収縮の効果があり血圧を上げてしまうため高血圧や心臓疾患のある患者さんにアドレナリンの入った麻酔薬を使用すると血圧上昇や動悸といった症状が出るので、あらかじめ確認することでアドレナリンの入っていない麻酔薬を使用することで対応することが出来ます。

血管収縮薬効果のあるアドレナリンを麻酔薬に入れる目的は麻酔効果を強くして、

作用時間を延ばす目的があります。歯科用局所麻酔薬に添加されている

アドレナリンの量は少ないため通常は問題はないのですが、心臓疾患や高血圧の既往

のある方は必ず治療前にお知らせください。

たまに歯科治療の時に麻酔をしたのに痛くて麻酔の効きにくい体質と言われた

というお話を聞きます。

実際に考えられることとして、

1、歯や歯ぐきの周囲に強い炎症、膿が溜まっている部位がある場合、

2、下の奥歯など骨が固くて麻酔の注射が浸透しにくい部位、

では、局所麻酔薬の効果が十分に得られない場合があります。

また、治療中に痛みを繰り返したり、緊張が強い場合などでも痛みに対し過敏となり、

局所麻酔効果が十分に得られにくくなることがあります。

他には、以前麻酔注射後に気分が悪くなったという方も中にはいらっしゃいます。

局所麻酔後の不快症状にはいくつかの原因があります。例えば、針を刺した時の痛みによるものや、注射時に感じた恐怖心によるものなどが挙げられます。その他考えられることとしては非常に稀ですが、麻酔薬に対する過敏症(アレルギー)も考えられます。

2、ちょっと休憩。麻酔した後に食事はしてはいけない?

 0

少しむずかしい話になってしまったので休憩しましょう。

麻酔後によく歯医者から麻酔が効いているときに、食事は控えるよう

注意を受けますがそれはなぜか知っていますか?

どうして麻酔が効いているときに食事をすることがダメなのでしょうか。

答えとしては麻酔が効いていると、口の中の感覚が鈍くなります。

そのことが麻酔をした後に食事をするのがだめな主な理由です。

もし誤って噛んでしまっても、ほとんど痛みを感じないので出血してから気づくとい

うことになりかねません。

また、熱いものを食べても感覚が鈍くなっているため、やけどをしても気づかないなど危険なことが多く考えられます。子どもが口の中や唇を噛んでも痛くないので、

大きく腫れてから気づくことになってしまいます。

そのようなことにならないためにも、麻酔中の食事は控えた方がいいでしょう。

子どもから麻酔が効いているときに、

お腹がすいたと言われることもあるかと思います。

麻酔の効果は大体大人で1~3時間子どもでも量を少なめにしても1~2時間効いています。子どもはなかなか我慢をすることが難しいので、治療後に子どもがお腹を空かせないようあらかじめ食事の時間も考えながら歯医者を予約することも、子どもがスムーズに歯科治療を受けるためには大切なポイントになってきます。

3、痛みを和らげる麻酔の3ポイント

最後に

これまで話した内容から痛みを和らげるポイントをお伝えします。

痛みを和らげる麻酔の3ポイント

1、表面麻酔のゼリーを歯ぐきに塗る。

 2a1a729bfb5d8c91c0510e823259e7ca-1024x768

歯ぐきに表面麻酔のゼリーを塗ることで歯ぐきの感覚を鈍らせて、注射針の刺す痛み

を和らげることが出来ます。よりゼリーの成分が染み込みやすくするためにロールコ

ットンなどで唾液を入れないようにしてからゼリーを塗るだけなので痛みもありませ

ん。

2、細い麻酔針を使う表面麻酔のゼリーが十分に染み込んでから麻酔注射を行う。 

麻酔の針は細いものほで麻酔針が歯ぐきに刺さる時の痛みが少なくなり

ます。栗林歯科医院では31ゲージ(31G)と呼ばれる細さの針を使用しています。

この数値は大きいほど針の太さが細くなります。一般的に使用されている採血の針といった医科などで使用されている注射針の太さは20Gほどなのでかなり細いものを使用しています。

また、正確にゆっくりと麻酔を注入することで圧迫感のない

やさしい麻酔をおこないます。

80132762

3、十分に麻酔を効かせる

麻酔液が十分に浸透するまで時間を置いてから治療していきます。

160475_ma_2_1442541441

以上で麻酔の話はおしまいです。 

痛くない治療について

ご興味がありましたらぜひ栗林歯科医院に

ご相談ください。

医療社団法人 栗林歯科医院

歯科医師 星 優生