アレルギーと歯科治療

1 アレルギーとは   アレルギーというのは、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)を体から除こうと、過剰な反応をしてしまうことです。 本来は体にとって有害な物質を取り除く重要な反応なのですが、過剰に反応すると、アレルゲンがもたらす症状以上に過剰反応による症状が強くなってしまい、日常生活に支障が出ます。

反応の程度は人によって異なります、そのアレルギーが何によって起こって、体のどの部分に症状が出るかで病名が変わってきます。

例えば、気管支でアレルギーの反応が出て、気管支が狭くなると、咳や呼吸がゼイゼイするという症状が出て、「気管支喘息」になります。花粉でくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが出てくると、「花粉症」になり、くしゃみで体内に入った花粉を体から出しています。 重篤な症状としてアナフィラキシーショックというものもあり、命に関わることもあります。 yjimage   2 歯科に関わるアレルギー   歯科治療に関連するアレルギーは以下の3つが考えられます。   薬剤性アレルギー ラテックスアレルギー 麻酔アレルギー   この3つについて詳しくご説明します。   2−1 薬剤性アレルギー 薬剤アレルギーとは、薬によって生じるアレルギーのことです。また、薬剤アレルギーは、薬疹と呼称される場合もあります。 ある薬が投与されると、その薬に対する抗体が体内で作られ、次に投与されたときに抗体がその薬を攻撃することで、さまざまな症状を引き起こします。また、抗体が関与しない遅延型のアレルギーも起こります。 投与された薬の量が少量でもアナフィラキシーショックなどの重篤な症状を起こすことがあります。 歯科医院にては特に、抗生物質、消炎鎮痛剤などが処方されます。   20171121d   少しでも、過去にお薬によって異常をきたしたことがある場合、必ず歯科医師に伝えて下さい!!   2−3 ラテックスアレルギー 天然ゴム(natural rubber latex) 製品に接触することによって起こる じんま疹、 アナフィラキシーショ ック 、喘息発作などの即時型アレルギー反応をラテックス・アレルギ ーといいます。 yjimage-1   患者様と医療従事者の感染を防ぐために我々は常にグローブをして治療にあたっています。 そのグローブにはラテックスという原材料から作られます。 なので、過去ゴム類などで痒み、発疹が出たことがある方は、必ず申し出てください。   また、ラテックスフルーツ症候群と言って、ラテックス抗原と果物や野菜に含まれる抗原との交差反応に起因し、ラテックスアレルギー患者の30~50%に発症することもあります。   簡単に言いますと。 アボガド、キウイ、バナナ、栗 のアレルギーがある方も必ず申し出てください。   以上少し小難しい話が多かったですが、これらのアレルギーによって命に関わることがあります。 栗林歯科医院の歯科医師は問診、カウンセリングなどにより患者様の情報を確実に得て、事故がないよう努めてまいります。     さて、少しプライベートなことを。   私は、広島生まれということもあり常に広島カープと共に歩んできました。 ちょうどこのブログを書いている今日、広島カープの選手の移籍が決まりました。 今まで、声を枯らして応援していた選手が、ライバルに。。 正直、すごく複雑です。   でも、敵になっても批判せず、一選手としては応援しようと思います。     yjimage-2 ただ、、   私はやはりウサギアレルギーです。     そして、話は変わりまして最後に、お休みの日に大阪でセミナーを受講し、日々進化する治療技術のアップデートに行って参りました。   IMG_3606   スーツでこのようにトレーニング積んでいる姿に少々違和感があるかと思いますが、患者さんんに安心安全な治療を提供すべき日々精進していますので、どんな些細なことでもご相談ください。   医療法人社団 栗林歯科医院 歯科医師 津島  克哉]]>

関連記事

最近の記事

  1. 管理栄養士勉強会【11月23日】

  2. インシップビル外壁工事のお知らせ

  3. 12月の休診日

アーカイブ
TOP