TC勉強会【6/20】

カテゴリー:スタッフブログ , 勉強会、セミナー 投稿者:

【メンバー】

小山・丸山・菅原・粂川・菅家・宮本
【議題】
・キャディアックスシステムを使用した矯正資料撮影のレクチャー
・キャディアックスとは?一連の流れをマニュアルに基づいて説明
【内容】
キャディアックス担当の粂川さんが作成した、パワーポイントを元に
矯正資料撮影の内容で変更があった点を発表してもらいました。
まだ、アシストについたことの無い新人2人にもわかるように、資料撮影の内容全体と
新たに加わった内容、無くなった内容を含めた流れを説明してもらいました。
写真付きで、材料の名称や準備の方法、使い方、用途などを説明してもらい
誰がアシストについても大丈夫なように共有しました。
ワゴンから器具を取り出し、実際に組み立てて、使い方の感覚を掴んでいきました。
その後は、そもそもキャディアックスとは何なのか?
今後どのように医院全体で取り入れていくのか?
冒頭にキャディアックスの目的を交えながら、検査?診断までの流れ、
アシスト方法、準備物といった、普段あまり触れることのないキャディアックスについてを
説明してもらいました。
【感想】
資料撮影のシステムが変更になったのは知っていましたが、変更後はアシストに
ついていなかった為、不明点が多く、把握しきれていなかったのが現状でした。
見覚えはあるけども、使い方を知らない・・・という事が多かったと思います。
しかし、今回の発表により、新たな流れが理解できたように感じました。
安心してアシストに臨むことができると思います。
使い終わった器具や在庫はどこにしまってあるのか、場所も特定できたので
今後、全員が使用しやすくなるのではないかと思いました。
キャディアックスのシステムに関しても、難しい単語が多く、
新人さんはメモを取りながら一生懸命聞いていました。
全員がしっかりと理解を深められるように
機会があれば実践を中心とした勉強会を行いたいと思いました。
20140624m5.jpg
20140624m7.jpg
20140624m6.jpg
(TC:小山未起子)

歯科衛生士勉強会【6/23】

カテゴリー:スタッフブログ , 勉強会、セミナー 投稿者:

【課題】

・顎咬合学会のフィードバック
・染め出しについて
【内容】
〇歯周病の基礎
・歯周病のメカニズム
・プラークコントロール
・全身疾患と歯周病の関係性
・咬合性外傷
・歯周病と生活習慣、国民病について
・歯周病の治療の優先順位
・ポケットのアプローチ方法
・歯周外科の見極め
・物理的コントロールと化学的コントロール
・治癒過程
・上皮について
・長い上皮性付着の考え方
〇DHが行う初期治療について
・初期治療の目的
・治療の進め方
・情報収集、必要な資料
・TBIで気を付けていること
・Krのモチベーション
・TBI方法
【感想】
今回の学会に参加させて頂き、歯周病の解剖学・先輩衛生士さんの初期治療のお話を聞くことができとても貴重なお時間を頂きました。
歯周病治療で衛生士にとって大切なこととは、《患者様と一緒に治す。治してあげたいという気持ちを伝える。》ということでした。
また、解剖・病理学は内容が濃く、まだまだたくさんの課題があると痛感しました。
治るとはどういうことなのか。。。解剖学的にもしっかりと診断ができるように今できることを頑張っていこうと思います。

スウェーデン・イエテボリ大学 歯内療法学研修 6月9日

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

201406190539.JPG

2014年6月9日(月)

10:00〜12:00 Pulpitis 歯髄炎

13:00〜15:00 Microbiology of the root canal 細菌学

15:30〜17:00 Apical periodontitis 根尖性歯周炎
写真は、、、
Professor Gunnar Bergenholtz ベルゲンホルツ教授
です!!!
  
201406190558.JPG
主に、歯髄炎と根尖性歯周炎の講義をして頂きました。
本当に、基礎から、生物学からの講義だったので学ぶのが楽しかったです。
20140690559.JPG
ランチタイムも、、、、
201406190557.JPG
講義終了後も、、、、
たくさんの質問をさせて頂きました。
おそらく人生の中でも直接、ベルゲンホルツ先生から学べるのはこれで最後かもしれません。
今回のスウェーデン・イエテボリ大学研修は、7月22日の歯科医師勉強会で歯科医師チームにプレゼンテーションする予定です。

スウェーデン・イエテボリ大学 歯内療法学研修 到着!!

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

DSC_0513.JPG

やってきましたあああああ!!!!
スウェーデン・イエテボリ大学!!!!!!
今回の研修は、根管治療(根っこの治療)のバージョンアップが目的です。
201406172002.JPG
なぜ、スウェーデン・イエテボリ大学なのか?
栗林歯科医院の歯周病治療のバージョンアップの時もそうでしたが、
歯科医療の根本は、バイオロジー(生物学)
にあります。
生物学とは、人間の生体についての学問です。
歯科で歯を削るのも、、、、


歯科で歯茎を切るのも、、、


歯科で薬品を使うのも、、、


歯科で材料を使うにしても、、、


歯科で薬を出すにしても、、、


歯科でインプラントをするにしても、、、、
すべては、人間の生体に対してなのです。
その生体について知る事が大事です。
実は、この研究は難しく、世界で一番進んでいる国が、このスウェーデンなのです。
なので、その最先端医療を学ぶ為に世界からこのスウェーデン・イエテボリ大学に集まります。
院長ブログで、今回のスウェーデン・イエテボリ大学研修の情報をアップしていきたいと思います。