歯科衛生士勉強会 【5/14】

カテゴリー:スタッフブログ , 勉強会、セミナー 投稿者:

【今月の課題】

・エックス線写真の読み方
・担当krのレントゲン写真でわかること
【内容】
◆歯周病のエックス写真像
 ・骨吸収(垂直性/水平性)の程度
 ・分岐部病変の程度
◆咬合性外傷
 ・歯根膜腔の拡大
 ・歯槽硬線の消失
 ・歯根吸収
◆不適合補綴物
 ・オーバーマージン
◆虫歯のエックス写真像
 ・カリエスの程度
 ・2次カリエス
◆歯石の有無
透過・不透過の写り方
【感想】
レントゲン写真の読解は歯周病治療をする上でどこに病変があり、何が原因になっているのか診断に必須なもので今回は、担当のkrのレントゲン写真を歯周病の程度・カリエスの程度・インプラント・不良補綴物の有無・歯石の取り残しなどレントゲンを元に話し合いをしました。
p傾向だったら細菌性のものからきているとしたらプラークコントロールの徹底を重視する・小臼歯の著しい骨吸収や前歯部の歯根膜腔の拡大が見られたら咬合に負担がかかっている可能性があるのでブラキシズムを疑ってみる・cリスクだったら隣接に補綴がされているケースが多く2次カリの可能性も出てくるので補助器具の指導の必要性があるなど目の向ける視野が広がるのでレントゲンでの診断はとても大切なものだと感じました。
 

TC勉強会【4/30】

カテゴリー:スタッフブログ , 勉強会、セミナー 投稿者:

2013年4月30日(火)TC勉強会を行いました。

 

 

【メンバー】

小山・野村・丸山・安西・菅原・粂川

 

【内容】

 ●意見交換

・新人スタッフの質問、疑問点のフィードバック

・皆から診療で、気になった事、情報共有すべき点、などをアンケート形式で書いてもらい皆で

情報共有しました。

 

●新入社員のレベルアップ

まだアシストに付いた事のない治療の準備や、CT撮影の準備、石膏の注ぎ方などを実際に行いました。

 

 

 

【感想】

今回は意見交換、実技メインの勉強会でした。

 

新人スタッフ2人は初めての勉強会だったので、基本的な事の再確認や、細かく伝えきれていなかった部分が伝えられ、更に2人の疑問点なども少しは解決できたので良かったと思います。

 

実技の際も2グループに分かれ、診療中はゆっくり教えられないアルジネートや石膏の注ぎ方など

、どうしたらもっと綺麗にできるかなどを伝えました。

無駄な時間なく効率良く進められて良かったと思いました。

 

これからも皆で協力し良い物を吸収して、レベルアップできるように頑張ります。

 

丸山


歯科衛生士勉強会 【4/26】

カテゴリー:スタッフブログ , 勉強会、セミナー 投稿者:

【今月の課題】

・歯周病と糖尿病の関連性について。

・歯周病と喫煙の関連性について。

・全身疾患の歯周病治療。

 

【内容】

◆糖尿病

・どういう病気か?

・易感染性だがそれはなぜか?

・口腔内の特徴

・歯周病治療時の注意事項

・患者さんへの説明の仕方

・HBA1Cのコントロールできている患者さんとできない患者さんとでは歯周病治療に差があるのか。

・歯周病が改善されると糖尿病の数値にも影響はあるのか。

◆喫煙

・ニコチンってなに?

・喫煙の影響力。

・口腔内の特徴

・喫煙者の歯周病治療で注意すべきこと。

 

 

糖尿病

・唾液の分泌量の減少、細菌が繁殖しやすくなる。

・歯周病原細菌に対する抵抗力が低下。

・血糖値がコントロールされている人は歯周病リスクが健全者と同じ。

・血糖値が安定すると歯周病のコントロールも安定する。

 

喫煙

・歯石がつきやすい。

・ニコチン作用により、血管を収縮させてしまう。

・歯周病原細菌に対する抵抗力が低下。

・唾液の分泌量の減少、細菌が繁殖しやすくなる。

 

 

 

【感想】

以前院長との勉強会でも全身疾患について触れましたが、糖尿病の病気自体のこと、私達が

歯周病治療をする上で注意を払わなければならないこと、オペ時の注意、患者さんへのアドバイス方法などディスカッションしました。

全身疾患があってもプラークコントロールが大切でありコントロールされると歯周病リスクが減りHBA1Cの数値も良くなるということで口腔内の管理はとても大切なものだと改めて感じました。

プラークコントロールは患者さん自身によるものだけではなく、私達の的確なアドバイスも十分かかわってきます。

患者さんとのコミュニケーションを大切に少しでも力になれればと思います。