イタリア・パドヴァ Prof.Jan Lindhe バイオロジーコース 4月30日(火)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:
スクリーンショット 2013-06-05 18.45.23.png


グローバルスタンダードとは??


研究が進んでいる国へ行っては勉強して帰国する日々が続きますが、最近分かってきた事があります。
それは、その国の文化を理解する!!
という事が非常に大事だと分かってきました。
アメリカは、非常に訴訟の多い国 専門性を追求する国
ヨーロッパは、物や体を大事にする国
日本は、健康保険がある国
それぞれの国で歴史があり、そこで生まれた文化があります。
その文化に応じて、最先端医療を行う必要があると思っています。


◎栗林歯科医院のバージョンアップは?

1、即時埋入を行うには、抜歯窩の治癒過程を知る必要がある。
2、抜歯窩の掻爬について
3、抜歯窩の血餅が大事
4、肉芽組織には、血管が豊富で単球などたくさん含まれている
5、最初の結合組織は、暫間結合組織である
6、2005年のAraujo&Lindhe先生の文献について
  4週間までは、モデリング。 Woven bone
  8週間までは、リモデリング。 Lamellar bone  
7、2003年のSchropp先生の文献について
  0、3、6、12ヶ月で抜歯窩の変化をみる
  6ヶ月、12ヶ月では、ほとんどが骨髄で満たされている。
8、2005年のAraujo先生の文献について
  インプラントサイドでも抜歯後、頬側の骨がなくなっている 
9、抜歯即時を行っても良いが、頬側の骨が無くなることを理解する。
10、ペリインプラントタイティスについて
11、2012年のAlbrektsson,Buser,Sennerby先生の文献について
   インプラントをした時点で、遅かれ早かれ骨吸収が起こる。
12、歯周炎について。
   1980年のLindhe先生の文献
   1976年のPage&Schroeder先生の文献
   1952年のWearhaug先生の文献
   プラーク、炎症、その下にセーフティーゾーン。
   歯肉炎により骨がなくなっているのが、慢性歯周炎。
13、1982年のHugoson&Jorrdan先生の文献
   スウェーデンにて、40歳以上の50%以上が骨喪失している
   年齢が高くなるにつれて、歯周病の患者さんが増える
14、2011年のヨーロピアンワークショップ
   ペリインプランタイティス
   BOP(+)
   排膿、深いポケット
15、1980年のLindhe先生の文献
   ペリインプランタイティスと歯周炎の違い
   マクロファージとPMN細胞が多い
   つまり異物排除反応が起こっている
16、2005年のFransson先生の文献
   何を持って骨喪失? スレッド3つ部分の骨吸収
17、2010年のKoldsland先生の文献
   109名に対して、6%の患者さんに3ミリ以上の骨吸収があった
18、2012年のCecchinato,Parpaiola&Lindhe先生の文献
   133名の患者さん、407本のインプラント 1年目、6年目
   軟組織の炎症がなくても、骨吸収が0、5ミリ以上の骨吸収を起こす人がいる
   

イタリア・パドヴァ Prof.Jan Lindhe バイオロジーコース 4月29日(月)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:
スクリーンショット 2013-06-05 18.19.34.png


リンデ先生の講義は、常に生物学を考えています。
なので、毎年参加していますが、大きな変化はありません。
では、なぜ、このコースに参加するのか?
実は、リンデ先生は、今分かってる事を話します。
当たり前のように感じますが、実は非常に大事で、推測はないのです。
だから世界中から指示されるのかな、、、と僕は感じています。
ですから、大きな変化はなくても、着実に正しい知識が入りますからいつも診療の安心感につながります。

◎栗林歯科医院のバージョンアップは?

1、1957年のOrban先生の文献 Lamina dula ラミナドゥーラについて
  歯に由来する
  歯を動かすとついてくる
  抜歯するとラミナドゥーラはなくなる
2、2000年のZachrisson先生の文献 
  右上1番に小臼歯を移植した
  歯が抜けた所は、ラミナドゥーラはなくなっている
  歯そのものが、ラミナドゥーラを作り出す
3、2011年のJanuario先生の文献 
  抜歯したら頬側の骨はどうなる?
  245名の歯周組織健康な人たちを研究
  歯槽骨頂から1ミリ、2ミリ、5ミリのところを計った
  バンダルボーンは、抜歯するとなくなる
4、2011年のBraut先生の文献
  中切歯、側切歯、犬歯、小臼歯の頬側の骨
  スイスの人たちは、歯根中央部までバンダルボーンしかない
  ほとんどなくなる
  日本も同じ?
5、2010年、2012年のNowzari先生の文献
  同じ研究を違う国でも行っている
6、1988年のSennerby先生の文献
  インプラントをすると骨吸収は防げるのか?
  インプラントをした人としてない人の2年後と24年後に注目した
  セファロで計測
  前歯部では増えた? 大臼歯部では変わらない?
  頬側の骨はどうなっている?
7、2004年のWennstrom先生の文献
  今度は、慢性歯周炎の患者さん
  これもセネビー先生と同じ結果になった
8、1985年のLekholm&Zarb先生の文献
  ブローネマルク先生は、皮質骨にインプラントを埋入した
  骨の質はどうなのか?
  コーチカルボーンは、良い骨?
  海面骨は悪い骨??
9、2012年のLindhe先生の文献
  120名の患者さん
  抜歯後6ヶ月後の経過した骨をトレフィンでとる
  ラミナドゥーラはない
  束状骨、バンダルボーンはない
  
  47名の患者さん 24名健康 23名歯周病
  歯周病の患者さんの骨の質について、なんら変わらない
  やはり軟組織に注目すべき?
10、2012年のCecchinato先生の文献
  オッセオインテグレーションに歯周病患者さんと健康な患者さんでは差があるのか?
  マイクロインプラント埋入後3ヶ月
  変化はない
  骨が悪いからインプランタイティスになる?
  インプラントそのものにプラークが付着して、それが一番の問題である
11、スクリューリテインについて

イタリア・パドヴァ Prof.Jan Lindhe バイオロジーコース 4月28日(日)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

スクリーンショット 2013-06-03 22.14.12.png

今年もやってきました!!!
イタリア・パドバに!!!
全ては、岡本浩先生との出会いから始まりました。
世界中で、リンデ先生のプライベートコースは、岡本先生からでしか受けられません。
感謝です。
最近は、岡本先生とよく日本の歯科医療教育について話します。
教育は、トップダウンであり、誰から学ぶか?が本当に大事だと思います。
歯科医師の将来は、そこで決まるのだと思います。
しかし、昔は、それだけを感じて考えていましたが、自分での情報の選択もさらに大事だと思うようになってきました。
これも成長したのかもしれません。
◎栗林歯科医院のバージョンアップは?
1、歯肉を理解する。
2、1992年のアイナモ先生の文献。
  MGJの位置について
  根尖側移動術で3ミリ移動
  18年後には、もとに戻った!!
3、MGJは遺伝で決定している。
4、歯周とインプラント周囲の組織を理解する。
5、コルを理解する。
6、バイオタイプ、フェノタイプについて理解する。
7、Biological widthを理解する。
8、クラウンのマージンについて。
9、ボーンサウンディングについて。
10、ポケットデプスではなくて、プロービングデプス。
11、2013年のParpaiola先生の文献。
   プロービングとボーンサウンディングの差はどこも1ミリである
   歯周炎の人は? 炎症の部分をつきやぶって、健康の結合組織までいってしまう
   ボーンサウンディングが大事
12、1992年のターナー先生の文献。
   コンタクトポイントから骨頂まで、5ミリ以下の場合は100%歯間乳頭部埋まる
13、2003年のシロップ先生の文献。
   抜歯後1年後に、歯間乳頭部は1ミリ下がる。
14、2003年のターナー先生の文献。
   1本抜歯で、4ミリのパピラハイト。
   2本抜歯で、3ミリのパピラハイト。
   患者さんには、推測ではなくてしっかりとした予後を説明する必要がある。
   
15、歯を動かす事のできる歯槽骨。
16、1991年のバーグリング先生の文献。
   インプラントを埋入して、3ヶ月後、6ヶ月後の切片 犬の研究
   インプラントの上部に上皮が入り込み、ヘミデスモゾーム結合している
   上皮は、2ミリ 天然歯と同じ
   骨縁上の結合組織 天然歯は、1ミリ インプラントは、1、5ミリ〜2ミリ
   繊維の走行異なる インプラントは、脆弱である
 
17、1999年のChang先生の文献。
   歯の長さは、天然歯よりインプラントの方が長い
   頬側の軟組織の退縮
   プロービング 天然歯 2ミリ  インプラント 3ミリ
   厚さ 天然歯 1ミリ インプラント2ミリ
18、2003年のKan先生の文献。
   インプラントの軟組織の方が厚い
19、2001年のChoguet先生の文献。
   インプラントと隣在歯の歯間乳頭部の高さは、常に4ミリだった
20、2013年のSanz先生とリンデ先生の文献。
   パピラインデックスが大事
   3年後には、スコアがあがる
   頬側も0、2ミリ〜0、3ミリ上がる
21、2013年のCecchinato先生の文献。
   臼歯部でも同じ事がいえる
   生物学的に考えて3年後どうなっているか考えて修復
22、2010年のChang先生の文献。
   インプラントと天然歯の高さ変わる
   天然歯は萌出し続ける
23、2007年のPietrokovski先生の文献。
   上顎は、頬側に、下顎は、舌側よりに歯槽骨がある
24、1962年のHedegard先生の文献。
   歯根の長さは、12ミリ〜14ミリ
   2〜5年で、4、5ミリ〜7、5ミリなくなる
   それから緩やかに骨吸収する
25、1971年のAtwood先生の文献。
   下顎の方が、上顎よりも骨吸収のスピード早い
26、1985年のBergman先生の文献。
   セファロを使って計測
   抜歯後2日後、5年後、21年後
   歯槽突起はなくなる
27、1988年のSennerby先生の文献。
   抜歯後21年の計測   
   臼歯部よりも切歯部の方が大きくなくなっている
   外斜線は、下顎骨体に属している
28、1985年のLekholm先生とZarb先生の文献。
   ブローネマルク先生の本に載っている   
   DEは、イマジネーション
   Basal boneが変化している
29、196


イタリア・フィレンツェ CARMIGNANI(Alessandro Dental Clinic)他院見学

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

スクリーンショット 2013-04-27 6.24.29.jpeg

朝は、アーレの知り合いのカフェで、朝食をしました!!
スクリーンショット 2013-04-27 6.24.11.jpeg
横にいるのは、アーレの弟のルベルト。
矯正医です。
アーレは、兄弟で診療を行っています。
ルベルト、、、サングラス似合い過ぎ!!!
スクリーンショット 2013-04-27 6.23.59.jpeg
朝からカプチーノを飲む習慣がないのですが、、、、
おいしい!!!!
郷に入りては、郷に従う。
イタリアおやじ達に、揉まれたいと思います。
スクリーンショット 2013-04-27 6.29.32.jpeg



まずは、受付!!


ん、、、? 配色が栗林歯科医院に似てるぞ!!!







スクリーンショット 2013-04-27 6.29.50.jpeg



呼ばれると、患者さんは通路を通り、、、






スクリーンショット 2013-04-27 6.28.54.jpeg



ユニット5台あり、それぞれが完全個室になっています。


"display: inline;">

歯科助手さんたちが、誘導して入室していきます。
それぞれの個室は、広くとても開放感があります。
スクリーンショット 2013-04-27 6.24.47.jpeg


見学する患者さんたちは、事前にアーレからケースプレゼンテーションがありました。
基本、彼は、頭がかなり良いので、この手法は勉強になりました。
しかも、、、、
アーレ室(院長室)は、とても面白い作りをしていました。
スクリーンショット 2013-04-27 6.28.41.jpeg


このテーブルの上で、ケースディスカッションするのですが、、、





スクリーンショット 2013-04-27 6.28.10.jpeg



上のプロジェクターからスクリーンに、患者さん情報が写し出されます。




口腔内写真



エックス線



キャディアックス




アポイント状況






n class="mt-enclosure mt-enclosure-image" style="display: inline;">

栗林歯科医院のオールインワンルームでも、同じようにケースディスカッションやライブオペレーションできるように、整備されていますが、、、




今回の見学で、内装面でこの作りは本当に勉強になりました。







患者さんのコンサルテーションは、ここで行います。



なぜか、僕の立ち会わさせてもらいました。





パワーポイントで、スクリーンに患者さんの問題点を模型写真、顔貌写真、口腔内写真、エックス線写真、キャディアックスを用いてプレゼンテーションしていきます。



まるで、、、映画をみているような感じでした。。






スクリーンショット 2013-04-27 6.27.56.jpeg



向かいの部屋は、ルベルト(アーレの弟、矯正医)の部屋です。


<
form mt:asset-id="2669" class="mt-enclosure mt-enclosure-image" style="display: inline;">

スクリーンには、リアルタイムでアポイント状況が写し出されています。






スクリーンショット 2013-04-27 7.28.39.jpg



ルベルト室で、とことん矯正患者さんについてディスカッションしました!!!!!








さて、、、診療見学、、、




スクリーンショット 2013-04-27 6.26.24.jpeg




いきなり、キャディアックス!!!!




やるやんけ!!  アーレ!!!







スクリーンショット 2013-04-27 6.26.42.jpeg




患者さんは、顎関節症を主訴として来院された45歳の女性の方でした。




アーレがイケメンな事もあって、患者さんは女性が多いのかな、、と思いました笑









スクリーンショット 2013-04-27 6.26.03.jpeg



栗林歯科医院でも4月から矯正や顎関節症の患者さんへ始まってるキャディアックス。



本当に素晴らしい器械だと思いますし、これからもシステム化が楽しみです。








スクリーンショット 2013-04-27 6.26.58.jpeg


全ての部屋の部屋(診療室、受付、技工室、消毒室、アーレ室、ルベルト室、スタッフ室)のモニターは、LANで情報共有出来ます。
素晴らしい!!!!
スクリーンショット 2013-04-27 6.27.35.jpeg



ランチは、外出禁止でみんなでパスタを頂きました!!!



とてもみなさん、仲が良く、トークも盛り上がりました。




栗林歯科医院で、たくさんの方々が見学に来られますが、よく言われてる『スタッフが仲が良いのがすぐに分かりました、、』という意味が、なんとなく理解出来ました。
経営者のアーレは、とても気さくで明るく本当に気が利きます。
そんなトップの下だからこそみんなが、いきいき頑張れるのだと、、、。
勉強になりました。 帰国後の個人面談では、より真剣に取り組みたいと思いました。
スクリーンショット 2013-04-27 6.25.44.jpeg



技工室も整備されており、とてもキレイでした。
mg alt="スクリーンショット 2013-04-27 6.27.16.jpeg" src="https://www.kuribayashi-dc.com/information/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202013-04-27%206.27.16.jpeg" width="482" height="361" class="mt-image-none" />



咬合器への付着。



とても大事です。







スクリーンショット 2013-04-27 6.30.35.jpeg
本当に充実した1日でした、、、、。
海外に転勤される患者さんによく歯科医院を紹介しますが、、、
イタリア・フィレンツェだと、間違いなく、、、、
この歯科医院だな!!!と思いましたっ。
スクリーンショット 2013-04-27 6.31.29.jpeg



サンキューーーーーー、アーレ!!!!!!!
今度は、白衣、、、ワンサイズ小さいものお願いします、、、、。
次回、アーレには7月に会います。

受付勉強会【4/8】

カテゴリー:勉強会、セミナー 投稿者:

2013年4月8日(水)に2013年第4回受付勉強会を行いました。

 

【メンバー】

星野・原田(新人)・太田(新人)

 
 

【内容】

二枝・都丸に変わり、4月から新人2名が入社しました。

 

〇原田朋子

〇太田優美香

 

よって、4月の勉強会は、新人教育を行いました。

 

・勤務してから1週間たった感想・質問

 

・受付の新しいルールについての確認

 →担当について(検診メール…原田担当/在庫管理・・・太田担当)

 →その他

 

・矯正治療について

 →矯正治療の流れ(小児矯正から成人矯正までの流れ)

 →治療費

 →予約の取り方

 →治療方法

 

 

【感想】

しばらくは、新人への教育が主な内容となります。

業務中は患者様の対応や仕事がある為、ゆっくりと教えることができません。

診療外にゆっくり時間を費やしての教育はとても重要な時間となるので、

この勉強会の時間を有効に、そして内容のある教育時間としたいと思っています。

 

新人2人も、この勉強会の時間を大切に思っており、

『こういった時間を作ってくれてありがたい。』と、言ってくれているので、

教える側としてもとても嬉しいです。

 

一方的に教えるのではなく、新人の意見や考えも聞きながら

勉強会をすすめていきたいと思います。

 

 

 

星野

 


インドネシア・バリ島 丸尾孝俊(兄貴)さんから学ぶ経営学 3月16日(土)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

2013-04-10 17.52.24.jpg

朝5時までのディスカッションの後、ホテルで3時間の睡眠とって、次の日が始まりました。
近くのスーパーへみんなで行きました。
2013-04-10 17.54.56.jpg
しかし、ここでもディスカッション!!
でも、どこにいても、何時になっても楽しいです。
これは、丸尾さんの人柄なのかな、、、と感じました。
2013-04-10 17.50.57.jpg
僕の質問内容



どうしても歯科医院は、女性中心の会社になるわけですが、女性中心の会社として何か注意する事はありますか?


兄貴が、女性と仕事する時に、大切にしている事はありますか?


兄貴は、家がたくさんバリ島にありますが、自宅を建てる時に何か譲れない事とかありますか?