イタリア・パドヴァ Prof.Jan Lindhe バイオロジーコース 4月30日(火)

スクリーンショット 2013-06-05 18.45.23.png


グローバルスタンダードとは??


研究が進んでいる国へ行っては勉強して帰国する日々が続きますが、最近分かってきた事があります。
それは、その国の文化を理解する!!
という事が非常に大事だと分かってきました。
アメリカは、非常に訴訟の多い国 専門性を追求する国
ヨーロッパは、物や体を大事にする国
日本は、健康保険がある国
それぞれの国で歴史があり、そこで生まれた文化があります。
その文化に応じて、最先端医療を行う必要があると思っています。


◎栗林歯科医院のバージョンアップは?

1、即時埋入を行うには、抜歯窩の治癒過程を知る必要がある。
2、抜歯窩の掻爬について
3、抜歯窩の血餅が大事
4、肉芽組織には、血管が豊富で単球などたくさん含まれている
5、最初の結合組織は、暫間結合組織である
6、2005年のAraujo&Lindhe先生の文献について
  4週間までは、モデリング。 Woven bone
  8週間までは、リモデリング。 Lamellar bone  
7、2003年のSchropp先生の文献について
  0、3、6、12ヶ月で抜歯窩の変化をみる
  6ヶ月、12ヶ月では、ほとんどが骨髄で満たされている。
8、2005年のAraujo先生の文献について
  インプラントサイドでも抜歯後、頬側の骨がなくなっている 
9、抜歯即時を行っても良いが、頬側の骨が無くなることを理解する。
10、ペリインプラントタイティスについて
11、2012年のAlbrektsson,Buser,Sennerby先生の文献について
   インプラントをした時点で、遅かれ早かれ骨吸収が起こる。
12、歯周炎について。
   1980年のLindhe先生の文献
   1976年のPage&Schroeder先生の文献
   1952年のWearhaug先生の文献
   プラーク、炎症、その下にセーフティーゾーン。
   歯肉炎により骨がなくなっているのが、慢性歯周炎。
13、1982年のHugoson&Jorrdan先生の文献
   スウェーデンにて、40歳以上の50%以上が骨喪失している
   年齢が高くなるにつれて、歯周病の患者さんが増える
14、2011年のヨーロピアンワークショップ
   ペリインプランタイティス
   BOP(+)
   排膿、深いポケット
15、1980年のLindhe先生の文献
   ペリインプランタイティスと歯周炎の違い
   マクロファージとPMN細胞が多い
   つまり異物排除反応が起こっている
16、2005年のFransson先生の文献
   何を持って骨喪失? スレッド3つ部分の骨吸収
17、2010年のKoldsland先生の文献
   109名に対して、6%の患者さんに3ミリ以上の骨吸収があった
18、2012年のCecchinato,Parpaiola&Lindhe先生の文献
   133名の患者さん、407本のインプラント 1年目、6年目
   軟組織の炎症がなくても、骨吸収が0、5ミリ以上の骨吸収を起こす人がいる
   

イタリア・パドヴァ Prof.Jan Lindhe バイオロジーコース 4月29日(月)

スクリーンショット 2013-06-05 18.19.34.png


リンデ先生の講義は、常に生物学を考えています。
なので、毎年参加していますが、大きな変化はありません。
では、なぜ、このコースに参加するのか?
実は、リンデ先生は、今分かってる事を話します。
当たり前のように感じますが、実は非常に大事で、推測はないのです。
だから世界中から指示されるのかな、、、と僕は感じています。
ですから、大きな変化はなくても、着実に正しい知識が入りますからいつも診療の安心感につながります。

◎栗林歯科医院のバージョンアップは?

1、1957年のOrban先生の文献 Lamina dula ラミナドゥーラについて
  歯に由来する
  歯を動かすとついてくる
  抜歯するとラミナドゥーラはなくなる
2、2000年のZachrisson先生の文献 
  右上1番に小臼歯を移植した
  歯が抜けた所は、ラミナドゥーラはなくなっている
  歯そのものが、ラミナドゥーラを作り出す
3、2011年のJanuario先生の文献 
  抜歯したら頬側の骨はどうなる?
  245名の歯周組織健康な人たちを研究
  歯槽骨頂から1ミリ、2ミリ、5ミリのところを計った
  バンダルボーンは、抜歯するとなくなる
4、2011年のBraut先生の文献
  中切歯、側切歯、犬歯、小臼歯の頬側の骨
  スイスの人たちは、歯根中央部までバンダルボーンしかない
  ほとんどなくなる
  日本も同じ?
5、2010年、2012年のNowzari先生の文献
  同じ研究を違う国でも行っている
6、1988年のSennerby先生の文献
  インプラントをすると骨吸収は防げるのか?
  インプラントをした人としてない人の2年後と24年後に注目した
  セファロで計測
  前歯部では増えた? 大臼歯部では変わらない?
  頬側の骨はどうなっている?
7、2004年のWennstrom先生の文献
  今度は、慢性歯周炎の患者さん
  これもセネビー先生と同じ結果になった
8、1985年のLekholm&Zarb先生の文献
  ブローネマルク先生は、皮質骨にインプラントを埋入した
  骨の質はどうなのか?
  コーチカルボーンは、良い骨?
  海面骨は悪い骨??
9、2012年のLindhe先生の文献
  120名の患者さん
  抜歯後6ヶ月後の経過した骨をトレフィンでとる
  ラミナドゥーラはない
  束状骨、バンダルボーンはない
  
  47名の患者さん 24名健康 23名歯周病
  歯周病の患者さんの骨の質について、なんら変わらない
  やはり軟組織に注目すべき?
10、2012年のCecchinato先生の文献
  オッセオインテグレーションに歯周病患者さんと健康な患者さんでは差があるのか?
  マイクロインプラント埋入後3ヶ月
  変化はない
  骨が悪いからインプランタイティスになる?
  インプラントそのものにプラークが付着して、それが一番の問題である
11、スクリューリテインについて