歯科衛生士勉強会 【11/27】

カテゴリー:スタッフブログ , 勉強会、セミナー 投稿者:

【今月の議題】

・シャープニングの基本知識の習得

・手用スケーラーの正しい刃部を知ることにより、正しいスケーラーの使い方を臨床に活かせるようにする。

・しっかりとシャープニングされたスケーラーが臨床で使えるように実習を通して刃先の手入れをす   る。

 

 

【内容】 

・シャープニングについて

 

 

シャープニングとは。。。

基本原則

切れ味の確認方法、評価

方法

砥石の種類

実習(電動シャープニング機械の取り扱い方法、砥石による手用のシャープニング)

  

 

【感想】

シャープニングは歯周治療を行う上で原点でありスケーラーの正しい形態を知らなければ誤った操作方法になってしまう。また、こまめにスケーラーのメインテナンスを行わなければ円滑に行えなくなるので常にメインテナンスを心がけて管理していこうと思いました。

歯面、歯肉を傷つけないようにシャープニングの知識を向上させ今後の診療に生かしたいと思います。

 

 


受付勉強会 【11/20】

カテゴリー:スタッフブログ , 勉強会、セミナー 投稿者:

2012年11月20日(火)に2012年第8回受付勉強会を行いました。

 

【メンバー】

星野・二枝・都丸

 

 

【内容】

◆新入社員入社時の教育システムのバージョンアップについて

 

3人の経験から、教育順序についての変更・バージョンアップを行いました。

新たに取り入れる教育システムについても検討しました。

 

・電話実践デモンストレーション練習(診療時間外にて)

・予約実践デモンストレーション練習(診療時間外にて)

・一通り基本業務を覚えたところで、何か担当の業務を与える

・歯科用語集の持ち運びできる一覧作成

・歯科価格集の持ち運びできる一覧作成

 

◆受付会計〜予約以外の業務の振り分けについて

 

通常の患者様対応以外の下記の業務について再度担当の振り分けを行いました。

 

・矯正経理

・矯正患者様契約管理

・材質連絡待ちKr管理

・補綴物未来院Kr管理

・検診予約案内メール配信

・経理書類管理

・販売品目物品管理   等・・・

今までは曖昧に担当を決めずに行っていましたが、

効率的に行うためにきちんと担当を振り分けました。
 

 

【感想】

都丸さんが入社時に星野・二枝から教えてもらった内容で、

分かりにくかった内容やもう少し早く教えてもらいたかった内容を

振り返りながらフィードバックを行いました。

 

それを聞きながら、今後新入社員が入った際に

入社1ヶ月〜4ヶ月目までに教えるだいたいの順序と

内容の決定を行いました。

新入社員の気持ちでないと分からない要望等もあり、

都丸さんの意見を今後の指導に色々と取り入れていこうと思いました。

受付マニュアルも一通り日常業務が分かる状態で星野・二枝が作成したので

新入社員では理解の難しい内容もあり、

今後新しい社員が入社した場合もなるべく分かりやすい内容になるよう、

料金説明や予約案内の際の言い回し等を増やしていこうということになりました。

 

二枝

 


歯科医師勉強会 【11/17】

カテゴリー:スタッフブログ , 勉強会、セミナー 投稿者:

歯科医師勉強会【11/17】

2012年11月17日(土)に歯科医師勉強会を行いました。
【参加者】
 
 院長・萩原・栗城・窪田・堀口・多保・神部
【内容】
 2012年9月9日(日)、10月7日(日)に行われた、 
 皆川 仁先生の主催されている皆川インプラントアカデミーで
 受講した、インプラント治療における軟組織移植術(側方有形
 
 弁移植術、前方有形弁移植術)、硬組織移植術(上顎前歯部
 
 審美インプラント<4層状テクニック>水平的造成法/垂直的
 
 造成法/テントスクリュー/自家骨・補填剤・メンブレン結合組織、
 
 吸収性膜における適応症例と造成方法、非吸収性膜における
 
 適応症例と造成方法、吸収性膜と結合組織におけるサンドイ
 
 ッチテクニックについてプレゼンテーションさせていただきました。
【感想】
 インプラント治療を成功させる為には、軟組織移植術及び硬組織
 
 移植術の必要性、重要性をディスカッションをしながら改めて強く
 
 感じました。
 
   

オーストリア・ウィーン Medical University of Vienna 11月5日(月)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

2012-11-06 13.20.37.jpg

僕が泊まるホテルから学校までは、徒歩5分です。
非常に快適ですが、、、、寒い!! めちゃ寒い!!!
2012-11-06 13.20.47.jpg
学校までの建物は本当にきれいです。
いつの時代に作られて、どんな手入れとかしているんだろう、、、と思ってしまいます。
さて、今日は、3日目。
2012-11-06 13.17.39.jpg
午前中は、まず生徒のケースプレゼンテーションでした。
アレキサンドル(イタリア)から、、、
フルマウス(全ての歯を治す)のケースで、アキシオグラフ・キャディアックスを用いた途中までの症例発表でした。
生徒の中で、キャディアックスを持っているのは、20人中5人ぐらいしかいません。
高額な機械であるのと、システム化させるのに難しいからです。
アレキサンドルは、キャディアックスを自分の診療所にあります。
来年のヤンリンデ教授のイタリア研修の時に、診療所に遊びに来て!!と誘ってもらったので考えてみます。。
とても紳士的で、女性にすごく優しいです。
僕も見習わなくてはいけません笑
2012-11-06 13.17.52.jpg


2人目は、ニランジャン(インド)でした。


右下の犬歯から5本を嚢胞で失った12歳の患者さんのケースでした。
インプラントを考えているんだけど、どのように診査・診断して治療計画を立てていくかをディスカッション形式でのプレゼンテーションでした。
ニランジャンは、キャディアックスがないので、今後、どのように補綴医として診療システムを構築していくかが課題です。
インド・プネで、有名な(自称)歯科医師らしく、紹介が絶えない、、、と言っていました。
確かに、彼のケースを診せてもらいましたが、しっかりとやってるな〜と感じましたし、何より患者さんを大事にする気持ちが高いです。
2012-11-06 13.18.08.jpg


その後は、一日、Pro.SATOの衛生講義でした、、、。




栗林歯科医院でも安香先生が行っているMEAWテクニックは、ヨーロッパでは魔法のテクニックと言われています。
非抜歯(歯を抜かないで!)で、矯正難症例を治すからです。
最近、栗林歯科医院でも成人方で非抜歯を求める患者さんが増えてきました。
自分自身が矯正する際も非抜歯を望みます、、、。
そのMEAWテクニックを中心とした具体的なケースを中心とした講義でした。
2012-11-06 13.18.23.jpg


特にアングル2級のケースは、顎関節症になりやすいのですが、、、


では、顎関節が安心、安定した位置に矯正するには?



という事で、キャディアックスを用いて矯正治療を行っていきます。




スラビチャック教授と佐藤教授の出会いにより、不可能を可能にした診療システムが確立されました。


しかし、まだまだ解明されていない部分も多く、それはこれからの僕たちが今の限界を学び、それを基に進化させていかなくてはいけません。



同期のみんなともそんな話を毎日しています。







最後に、学長先生に学位論文の相談をしました。
とりあえず、次回の2013年の2月までに、テーマとどういった内容で、どういう方向性なのかを完全に決めなくてはいけないと言われました。
帰国後、じっくりと考えて自分で誇れるような学位論文にしたいと思います。

オーストリア・ウィーン Medical University of Vienna 11月4日(日)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

2012-11-05 10.06.51.jpg

午前中は、Prof.SATO(神奈川歯科大学矯正科教授)のスカイプによる講義でした。
スカイプの講義が始めてだったので、これは使える!!と正直思いました。
ぜひ、栗林歯科医院でも衛生中継での講義を実現させたいと思いました!!!
2012-11-05 10.06.19.jpg
虫歯と歯周病がなくて、こんな状態に、、、、。
原因は??
2012-11-05 10.05.59.jpg
栗林歯科医院でもたくさん、このような患者さんを診ます。
原因は、噛み合わせでした。
2012-11-05 10.05.32.jpg
適切な噛み合わせ、適切なガイド(歯を前後左右に動かした時の噛み合わせ)が、大事だと学びました。
それには、矯正治療が不可欠です。
2012-11-05 10.04.57.jpg
では、、、歯ぎしりはどうなの??
歯ぎしり自体は、悪い行動ではないことを学びました。
ストレスマネージメントといって、歯ぎしりをする事によって、ストレスを回避しているのです。
しかし、歯ぎしりによって、歯が欠けてしまったり、割れてしまう事がよくあります。
これをどうにか対応しなくてはいけません。
2012-11-05 9.13.25.jpg
午後からは、今回のプログラムリーダーであるDr.マルクスの講義でした。
スラビチャックコンセプトによるインターディシプリナリーの症例を基にディスカッション形式の講義でした。
と、その講義の後、、、、、、、
2012-11-05 9.12.32.jpg


マルクスの誕生日パーティーをみんなで行いました!!!


シャンパンとチョコレートケーキ!!




2012-11-05 9.11.25.jpg


短い休憩の時間でのサプライズでしたが、楽しかったです。




2012-11-05 9.11.55.jpg


みんなも喜んでいます!!
そういえば、、、一番右のファラ(スロバキア)が、たくさんの歯科医師を雇うすごい経営者であり歯科医師です。
栗林歯科医院と診療所のコンセプト(教育システム)が似てるので、いつもその事についてディスカッションします。
が、英語苦手なので、その隣りのイガー(スロバキア、矯正医)を介してコミュニケーションをとります。
良かったら彼のホームページ見てください。↓
Fala Dental
2012-11-05 9.10.53.jpg


モハメドと『勝手にイケてると思い込みコンビ』を結成しました。
2012-11-05 10.02.59.jpg


パーティー後の今日最後の講義、、、、



統計学、、、、



むずい!!   むずい!!!



学位論文にとても重要な講義だったのですが、理解が難しかったです、、、
ホテル帰って復習しないと、、、、。。。。

オーストリア・ウィーン Medical University of Vienna 11月3日(土)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

2012-11-04 13.25.50.jpg

きたーーーーーーー!!
久しぶりのニランジャン(インド)!!!
やはり、ニランジャンは9時講義開始だけど、8時20分の通学でした、、、。
早っ。
2012-11-04 13.21.39.jpg


今回も講義、びっしりです。
診断用のワックスアップが、今回のメインです。
それから矯正のDr.Sato(神奈川歯科教授)のスカイプでの講義も楽しみです。
2012-11-04 13.21.59.jpg


午前中は、スラビチャック教授の講義でした。
「咬合器って何だろう!?」
「咬合器は、本当に必要なのか?」
ディスカッション形式で、かなり濃い内容でした。
「ケンジ!! この事についてどう思う?!」
何度もあてられましたが、自分なりの意見をしました。
が、、、
ちょいズレていたみたいです。
ディスカッションの講義は、日本ではあまり経験した事がなかったので、すごく楽しかったです。
2012-11-04 13.22.14.jpg


歯科医師は、最終的に噛み合わせを作る職業なので、噛み合わせの勉強は大変ですが楽しいです。
本当の咬合(噛み合わせ)を決めるために、、、

1、咬合器

2、セファロ分析

3、キャディアックス


が必要です。
2013年の歯科医師チームは、咬合学がメインになります。
2012-11-04 13.23.12.jpg


午後からは、矯正の講義がありました。
補綴をする前に、矯正治療として出来る事を学びました。
栗林歯科医院の歯科医師チームの目標は、


Prothdontist(補綴医)



です。
2012-11-04 13.24.00.jpg



2012-11-04 13.24.10.jpg



栗林歯科医院では、矯正を望まれる患者さんが多いですが、本当に矯正治療は素晴らしいと思います。



無駄な抜歯、無駄な抜髄(歯の神経をとってしまう事)、無駄なインプラントを防ぐ事が可能になります。




やはり、自分の歯で一生過ごせるのは、本当に幸せな事だと思います。








2012-11-04 13.25.02.jpg


健康や審美(見た目)を取り戻すのに、年齢は関係ありません。
何歳になっても、歯をしっかりと治す事で、幸せになれると確信しました。
2012-11-04 13.24.41.jpg


2012-11-04 13.25.40.jpg


安香先生!!


TAD使っていましたよ〜。






明日も講義、楽しみながら頑張ります!!!
















TC勉強会 【11/1】

カテゴリー:スタッフブログ , 勉強会、セミナー 投稿者:

11月1日にTC勉強会を行いました。

【メンバー】
小山、日暮、野村、見通、丸山、安西
【内容】
  丸山
・初診カウンセリング
 小山が患者さん役になりカウンセリングのシュミレーションを行いました。
 
 安西
・アルジネート練和
・石膏注ぎ
 アルジネート印象を用いて実際に石膏を注いでもらいました。
【感想】
 歯科助手の二人はトリートメントコーディネーターに向けてそれぞれスキルアップ
 するために頑張っていました。
 全員が初診カウンセリングを行うようになれば、
 また新たな疑問や改善点が出てくると思うので
 今後の勉強会ではカウンセリングについてのディスカッションも行いたいと思っています。