歯科医師 勉強会 7月10日(日)

カテゴリー:勉強会、セミナー 投稿者:

9日に続き、診療後に歯科医師の勉強会を行いました。

 

 

【議題】

PIO講習会を受講してのフィードバック

これまでの栗林歯科医院のフィードバック

 

 

【内容】

・包括的(集学)治療について

・これまでの栗林歯科医院を見直す

・窪田先生によるPIOで収集された研究論文や文献を学ぶ

 

 

7101.jpg

 

 

 

 

7102.jpg

 

窪田先生がPIOという講習会で受講してきた内容のプレゼンテーションを行いました。

 

歯周病に対する基礎的な知識と実際に症例を交えた治療法及び、歯周外科実習で

学んできた縫合法についてです。

 

 

7103.jpg 

 

パソコンとプロジェクターを使ってのプレゼンテーションは

とても分かりやすいです!

 

 


歯科医師 勉強会 7月9日(土)

カテゴリー:勉強会、セミナー 投稿者:

7月の歯科医師勉強会を行いました。

 

 

【議題】

インプラント トラブル カンファレンス

※院長が7月2日・3日に行われた講習会の内容をプレゼンテーションしてくれました。

 

 

 

【内容】

インプラント周囲疾患の治療

インプラント周囲炎について<原因・疫学>

合併症への段階的な対処法

抜歯後の歯槽骨の変化

 

 

 


明海大学 歯周外科完全制覇コース 6月25日(土)、26日(日)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

201107121237.jpg

2011年6月26日(日)  9:00〜16:00





ペリオとインプラントのためのスーチャリングテクニック 誰も教えてくれなかった縫合理論と、役に立つ12種類の縫合

201107121238.jpg



201107121241.jpg



201107121242.jpg


受講生のみなさんは、意識が高く、すごく勉強しやすい環境でした。
栗林歯科医院の今年の目標は、歯周病治療と矯正治療です。
その中でも、重度の歯周病患者さんの処置は、本当に高い技術を要します。
今回は、縫合についてマスターしました。
歯科医師勉強会担当の萩原先生に、日程を決めて頂き近々、『縫合』について全体的なレベルアップを図りたいと思います。
201107121243.jpg


明海大学の卒後研修は、システム化されていて本当に臨床家にとって素晴らしいものです。



次回は、9月10日、11日です。



頑張ります!!




栗林歯科医院
院長 栗林研治



インプラント トラブルカンファレンス 東京 7月3日(日)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

インプラントトラブルカンファレンス2日目です。

インプラント周囲炎についてでした。
この講演での栗林歯科医院のバージョンアップは、
1、サクセスレートサバイバルレートを理解する。
2、インプラント周囲炎の診査・診断を理解する。
3、インプラント体へのデブライドメントに使うチタンチップについて理解する。
4、ラング先生のCISTについて理解する。
5、岡本浩先生の講演でのインプラントの歴史を理解する。
6、歯周病とインプラント周囲炎の生物学的な違いを理解する。
7、インプラントへのプロービング方法を理解する。
8、栗林歯科医院にあるEMSによるインスツルメーションを理解する。
です。
栗林歯科医院
院長 栗林研治

インプラント トラブルカンファレンス 東京 7月2日(土)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

東京ミッドタウンで、ンプラントトラブルカンファレンス東京が行われました。

まずは、リンデ教授の講演でした。
内容は、
歯周組織の生物学的変化

抜歯後の歯槽骨の変化
です。
この講演での栗林歯科医院のバージョンアップは、
1、ヘリゴード先生の研究論文(1962年)により、最初の2年〜5年で歯槽骨は7ミリ失われる事を歯科医師チームは理解する。
2、抜歯するとラミナデューラ、歯槽硬線は無くなる
3、バイオタイプ(厚い、薄い)を理解する。
4、幹細胞、骨芽細胞を理解する。
5、抜歯後のモデリングとリモデリングを理解する。
6、網状骨を理解する。
です。
栗林歯科医院
院長 栗林研治