ICOI 国際口腔インプラント学会 Fellowship Program 2月27日(日)

カテゴリー:勉強会、セミナー 投稿者:

スクリーンショット(2011-03-09 10.38.02).png

2011年2月27日
最終日でした。
後は、今年の韓国または、来年のアメリカフロリダで、10症例のインプラント症例を学会発表するだけとなりました。
ただ、その先のDiplomate(インプラント専門医)を目指していますので、60症例と200本以上のインプラント症例が必要です。
数をこなすというよりもどれだけ質の高いインプラント治療が出来るか、また、どれだけ外科的浸襲を押さえ患者様の負担を減らせるかが大事だと考えます。
最終日は、同期生と講師の方々と懇親会パーティーがありました。
かなり盛り上がりました!!!
栗林歯科医院 院長
栗林研治

横浜 おおの矯正くりにっく 見学研修 

カテゴリー:勉強会、セミナー 投稿者:

スクリーンショット(2011-03-09 9.49.32).png


2011年2月21日(月)

神奈川県横浜市にあります


に見学に行きました。


目的は、矯正治療とMFT(筋機能療法)のシステム化です。
大野粛英先生の素晴らしいと感じたところは、『学びへの姿勢』です。

70歳になっても若い先生に質問して、自分を高めようとしていました。

その姿勢には、感銘を受けました。

また、おおの矯正歯科くりにっくは、40年経っても変わらない土台のシステム化があります。

栗林歯科医院もマニュアルシステムを含めて、診療レベルの標準化を目指していますが、今回の見学により『継続の大切さ』を学びました。


スクリーンショット(2011-03-09 10.00.55).png
MFTに関しては、文献を書きや講演をされてる歯科衛生士さんに直接指導して頂きました。
他に2名の見学者がいました。
と勤務されてる歯科衛生士さんです。
井口先生は、口蓋裂を含めて顎変形症の小児の患者さんを専門にされています。
スクリーンショット(2011-03-09 10.07.55).png
大野先生の息子さん大野由希粛先生です。
おおの矯正歯科くりにっくの次期院長先生です。
将来が楽しみです。
栗林歯科医院では、2011年9月を目標に
『矯正治療のシステム化』と『MFTのシステム化』
させたいと考えています。
毎日、いろんな学びをしなくてはいけませんが、患者様に世界基準の矯正治療を出来るように、スタッフ含めて明るく楽しく元気良く頑張りたいと思います。
栗林歯科医院 院長
栗林研治