銀歯白い歯
だけではありません

保険治療を受ける場合、治療法や使用できる素材が法律によって定められていることは広く知られています。一方、自費診療については被せものや補填する歯の種類の違いといった程度しか認知されていません。実は、歯型をとる印象材についてもその素材に違いがあるなど、歯の根本的な治療に使われる重要な素材にも違いがあるのです。完治・予防といった観点からも保険診療と自費診療の違いをしっかり理解しましょう。


負担価値
のバランス

保険治療の適用範囲内で十分と考えるのか、理想的な治療を行うためには不十分だと考えるのか、負担と価値のバランスは患者様自身の価値観によります。たとえば軽度の虫歯を治療する場合は、多くの方が保険治療を希望して一時的には完治します。しかし長期的な視点に立てば、使用する補綴物(被せもの)の寿命が短いため、再治療のリスクが高かったり、自宅でのメンテナンスに気を遣わなければならなかったりという、実は患者様に負担を強いることになるのです。ご自分の今の症状に対してどのような治療があるのか、自費、保険に関わらずその選択肢を理解すること。そしてご自身の価値観に照らし合わせ、納得のいく判断をすることが大切です。


QOL(生活の質)
を考えて最適な選択を

「歯の健康は生活の質を高める第一歩」と考える栗林歯科医院では、患者様のより豊かな暮らしを実現するお手伝いを歯の治療から行ってきました。自分の歯で食事できる喜びを感じたり、美しい歯並びになって自分に自信を持つことができ、人生がガラリと変わったという方もいます。これからの人生を生き生きとしたものにするために、歯を美しく健やかに保つことを一緒に考えてみませんか?