「親知らず」とは、骨と歯の退化のズレが原因で正常な位置に生えなくなった歯のことです。その歯の影響で、虫歯、歯周病、顎運動障害、口臭、歯並びの悪化、隣の歯への悪影響、顎の骨折など、さまざまな症状の要因となるため抜歯が必要になります。栗林歯科医院では、精密検査を行い、口腔外科専門医による診断のもと抜歯の必要性を判断し、医院内で適切に治療を行います。


親知らずの抜歯方法

Step 1麻酔

表面麻酔や細い針を使い、極力痛みの少ない麻酔を行います。

Step 2歯茎の切開

専用のメスを使って歯茎を切り開きます。

Step 3歯や骨の形を整える

腫れになるべく影響しないように、必要最低限の歯や骨を削ります。

Step 4抜歯

専用の器具で歯を抜き取ります。

Step 5縫合

切開した歯茎をきれいに縫い合わせます。

※翌日の消毒と、1週間後の抜糸が必要です。


起こりうる偶発症と危険について

上顎智歯抜歯

上顎の智歯(親知らず)は上顎洞(副鼻腔)に近接していることがあり、抜歯の際に、上顎洞と口腔がつながることがあります。 そのため、血液・水・空気などが鼻にもれたり、上顎洞に炎症(鼻閉感など)が起こることがあります。鼻腔につながった穴が小さく、炎症を起こさなければ穴は自然に塞がります。抜歯後、数日経っても鼻から水が漏れる、鼻が詰まるなどの症状が続く場合はご連絡ください。

下顎智歯抜歯

抜歯後に腫れ、痛み、口が開けにくい、のどが痛いなどの症状がしばらく続くことがあります。また、下顎の骨の中には血管、神経が通っており、智歯(親知らず)はこれら神経や血管、舌の神経に近接している事があるため、術後に下唇や舌の知覚異常を起こす可能性があります。知覚異常は通常、一時的なものですが、もし何週間も症状が改善されない場合はご連絡ください。同様に、腫れた箇所にあざができたり、触るとプチプチと音がする事がありますが、このような症状も2週間程様子をみてもおさまらない場合はご連絡ください。