叢生(そうせい)

一般的に乱ぐい歯とも言われる状態で、八重歯もこの一例です。歯の表面と高さが不揃いな状態になる、顎が小さくなっている現代人に多い歯の生え方です。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の前歯や上顎そのものが前方に出て、下顎が後退している状態で、一般的な出っ歯はこれに当てはまります。顎の骨に問題がある場合と、歯だけが前に出ている場合があります。

開咬(かいこう)

別名オープンバイト。奥歯を噛み合わせたとき上下の前歯が噛み合わず、すき間ができてしまう状態です。歯茎が乾きやすいため虫歯や歯周病になりやすくなり、噛み合う歯が少ないので顎関節症を発症しやすくなります。

下顎前突(かがくぜんとつ)、反対咬合(はんたいこうごう)

噛み合わせたときに上の前歯が連続して3本以上、下の前歯の後ろに重なってしまう、受け口とも呼ばれる状態です。上の歯のかぶさりがないため、下の歯の先端から根もとまで全て見えてしまうと同時に、前歯で上手く噛むことができなくなってしまいます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の前歯が舌の前歯に深くかぶさった噛み合わせ。上の前歯が舌の前歯を1/3〜1/4程度以上覆っているケースで、噛み合わせによる顎関節症の主要な原因の一つです。

顎関節症(がくかんせつしょう)

噛み合わせが乱れることによって顎の関節に負担がかかり、頭痛や耳鳴り、顎が鳴る、口が大きく開かない、顎が痛むといった症状が現れます。若い女性に増えていると言われ、重篤なケースでは仕事はおろか日常生活もままならないことがあります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

顎に対して歯が小さい、先天的に歯の本数が足りないなどが原因で起こる状態で、一般的にすきっ歯とも呼ばれます。特に前歯の歯間が空いている状態を正中離開といいます。

交叉咬合(こうさこうごう) 

下の歯が上の歯を覆ってしまっている状態。正中線(前歯の中心を通るライン)の上下位置がずれているケースも多く見られます。